テニス ダブルス

リターン

バックハンドリターンは、踏み込んで合わせる形で攻撃していこう

バックハンドリターン、みなさん苦手意識を持っている方も多いと思います。

私自身は、実はバックの方が得意です。

むしろ、フォアの方がリターンは苦手なんですよね。

意識として、バックハンドは合わせて攻撃してきやすい。

ダブルスの並行陣対策、にももって来いです。

ぜひ、片手の方も両手の方も、この意識で攻撃的なリターン、打ってみて下さい。

 

バックハンドリターンは、踏み込んで合わせる形で攻撃していこう

 

1.踏み込んで合わせる、から威力が出る

リターンから強打する人はあまりいないと思いますが、それでも試合で目立ちます。

テイクバックが大き過ぎ、準備が遅い、打点が低い。

こういう小さいことが、リターンでは致命的なミスにつながっていくので怖いんですよね。

踏み込んで、前で触る。

のはリターンの基本ですが、バックハンドはより前、で良いと思います。

元のポジションから前の位置、サービスラインとベースラインの間くらい、で立って待つ。

そこからさらに、サーブのバウンド地点に踏み込んでいく。

そうすることで、シンプルに合わせる感じのリターン、が打てるはずです。

 

2.リターンの威力とは、「タイミングの速さ」

アナタ自身、サーブ&ボレーをしていて、嫌だと思います。

自分がステップを踏む前に、ボールが自分のところまで届く。

リターンのタイミングが速くて、前に出る前にボールが手元まで来てしまう。

こういうリターン、つまりはタイミングが速いリターンこそが、試合で使える「威力のあるリターン」です。

大きなテイクバックで力を込めてリターンしても、それは良いリターンにはつながらない。

速くて重いボールでも、相手がしっかりスプリットステップを踏んで良い場所でファーストボレー、されたら辛いですからね。

タイミングの速さに、リターンの威力を見出していく。

これこそ、試合巧者の考え方だと思いますよ。

 

3.片手バックハンドリターンは、本当に合わせるだけ

私のリターンは、本当にそんな感じです。

チョン、と合わせてそのまま前に出る。

いかにタイミング速く、相手の低い位置でボレーさせて次にチャンスを引き出せるのか、を狙っています。

だから、リターンエースなんて毛頭狙わない。

相手にどんなファーストボレーをさせるのか?をイメージして、合わせていく。

右利きですが、ほとんどリターンはバックハンドで待っています。

相手が狙ってきても遅れないですし、フォア側に来てもフォアなら何とかなる。

バックハンド中心、でリターンは考えて良いと思うんですよね。

 

4.バックハンドで回り込むくらいの感覚で

ここぞ、という時にはフォアハンドで回り込んでも良い。

むしろ、その方が良いです、絶対。

でも、通常のリターン、ミス出来ない拮抗した場面では、バックハンドで待つくらいで良いでしょう。

身体の正面、もバックハンドで処理してしまう。

スライスを上手く使えば、ボディへのサーブもバックハンドの方が対処しやすい。

相手のファーストサーブ、のときにはまさにそうですね。

バックを狙われて遅れる、というミスが一番痛いですから。

合わせる感じで、ライトなリターンにして前に出る、攻撃していく。

その為に、相手のファーストサーブはバックで待つ、のを基本にしてみる。

きっと損は無いと思いますよ。

 

試合でリターンの精度が低いと、ブレイクの芽が無くなる。

強い相手だと、ますますサービスゲームはノリノリになって来るでしょう。

バックハンドリターン、合わせてタイミングを速くすること。

今のアナタに、必要な技術だと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス メンタル

    リターン

    相手のサーブの本質を、を見抜こう

    試合の中で、リターンゲーム。テニスの試合は、必ずサーブかリター…

  2. リターン

    「何だ、このサーブ楽勝じゃん」と思った試合ほど、危ない

    気が付かないうちに、油断してしまう。これは、テニスの試合でよく…

  3. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で、「リターンが得意」になると得られる4つのメリット

    テニスの試合の中で、リターンがカギを握ることは多い。なかなか目…

  4. テニス ボレー

    リターン

    ダブルフォルトは、「積極的にもらいに」いかないと!

    「あぁ・・・このポイント、ダブってくれないかな・・・」と、思うときあり…

  5. テニス ボレー

    リターン

    左利きのサーブに苦戦してるなら、思いっきり外側に立とう

    左利きのサーブに、苦戦を強いられる。これは、右利きのテニスプレ…

  6. テニス リターン

    リターン

    ビッグサーバーを崩すには、まず「ブレイクポイントを作る」ことから

    サーブが強力な相手に、どう戦うのか。なかなかチャンスを作れない…

特集記事

  1. ストローク

    「ハッ!」より、「フー」
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「アレーを捨ててでもセンターを守る」並行陣が強い
  3. サーブ

    苦労してキープしている方が、意外と勝っちゃうのが試合
  4. テニス ガット

    戦術

    ボールは打ち返しながら、「選ぶ」という感覚が大事
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    前衛が攻めて後衛が守る、だけがダブルスじゃない
PAGE TOP