ストローク

シングルスの試合で基本となる、サーブからのバックハンド狙いの展開

相手のバックハンドを狙って、攻撃的に展開していく。

誰しもが、試合前にイメージするような作戦、ですよね。

シングルスの試合では、この作戦がどのレベルの試合でも基本になると思います。

具体的に、改めて図で確認してみましょう。

ただ深い位置からのバック狙い、だけだとミスが増えて自滅するかも知れませんよ。

 

シングルスの試合で基本となる、サーブからのバックハンド狙いの展開

 


 

1.サーブをしっかり入れないと、主導権が握れない

しっかりとまずサーブを入れること、それもファーストサーブを。

この意識、を強く持たないと作戦は意味がない。

赤側がアナタ自身、だと思って見ていきましょう。

しっかりサーブを打って、相手から自分がコントロール出来るリターン、を引き出していく。

これが第一、ですね。

サーブを打って、出来るだけ次のボールを回り込んで打つ。

自分のフォアハンドのゾーンを作って、しっかり振り切るイメージで待ちましょう。

フォアハンドの逆クロスで相手バックを攻撃していく、のがこの作戦の基本ですから。

 

2.逆クロスでしっかり、バックハンド側の深いところへ

サーブの次、のボールから展開していく。

高い軌道で、深いショット、を相手のバックハンドに入れる。

このショットの精度、を上げていかないとシングルスの試合は勝てないでしょう。

イメージとしては、高い打点で振り切る。

ライジングショットのように、コートの内側に入ってフォアハンドで回り込む。

ここまでイメージして、ファーストサーブを入れていくことが大事です。

 

3.相手を追い込んで、更に浅いボールを引き出す

逆クロスで追い込んだら、次は更に厳しいフォアハンドを準備する。

相手がバックで返球、したところを叩く準備をしましょう。

リターンよりも浅いボールを引き出す、ことが大事ですね。

この時点で、アナタ自身は少し前に入って、しっかり浅いボールに備える。

ここで相手が深く返球してきたら、もうドライブボレー、くらいで良いでしょう。

それくらい、しっかり前に入る意識が大事です。

そしてその返球は、しっかりと両コーナーに打っていけるように、大きく構える。

逆クロス、巻き込んで順クロス、両方打てるようにしっかり肩を入れて構えましょう。

相手に背中を見せる、くらいしっかりとコースを隠す。

浅いボールこそ、コースを隠して、↑の図のように両方に打てる態勢、をしっかり作りましょう。

 

本当に、基本と言えば基本的な内容ですよね。

バックハンドで、浅いボールを引き出していく、でもこの浅いボールからしっかりポイントを取るのって結構難しいんですよ。

自分が、どういう返球をイメージしているのか、が決まっていないと。

シングルスの試合、ファーストサーブからこの展開を基本に、頑張ってみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. 第4回読者ミーティングは、「上級者男子ダブルス」がテーマです
  3. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス シングルス

    ストローク

    ストロークを振り切れない人は、「どこかスウィングの途中で調整」しようとしている人が多い

    社会人からテニスを始めた人、に多いのがこの傾向。安定したストロ…

  2. ストローク

    ドロップ系のショットを打って、その後にやるべきこと

    相手を前に走らせて、それで満足?してしまっているような人が、…

  3. テニス ダブルス

    ストローク

    並行陣を崩すショートクロスは、「打点を斜め前、少し近め」で!

    ショートクロスで並行陣を崩したい。でも・・・いつものストローク…

  4. テニス ボレー

    ストローク

    鋭いスライスって、どうやって打つ?

    鋭いスライスが、武器の選手。これは、ベテランやシニアのプレイヤ…

  5. テニス ストローク
  6. テニス フットワーク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. その他

    アナタの部活に、「悪いプレーをしっかり指摘出来る」人はいるだろうか?
  2. テニス ボレー

    ロブ

    試合でロブを使えない人は、打つタイミングがおかしい
  3. テニス メンタル

    日々の雑記

    テニス人になれて、本当に幸せを感じています
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「緊張感の中で・・・」テニスの試合で実力を発揮する為に、必要なイメージとは?
  5. 練習メニュー

    練習が締まるかどうか、を人任せにしてはいけない
PAGE TOP