ストローク

シングルスの試合で基本となる、サーブからのバックハンド狙いの展開

相手のバックハンドを狙って、攻撃的に展開していく。

誰しもが、試合前にイメージするような作戦、ですよね。

シングルスの試合では、この作戦がどのレベルの試合でも基本になると思います。

具体的に、改めて図で確認してみましょう。

ただ深い位置からのバック狙い、だけだとミスが増えて自滅するかも知れませんよ。

 

シングルスの試合で基本となる、サーブからのバックハンド狙いの展開

 

1.サーブをしっかり入れないと、主導権が握れない

しっかりとまずサーブを入れること、それもファーストサーブを。

この意識、を強く持たないと作戦は意味がない。

赤側がアナタ自身、だと思って見ていきましょう。

しっかりサーブを打って、相手から自分がコントロール出来るリターン、を引き出していく。

これが第一、ですね。

サーブを打って、出来るだけ次のボールを回り込んで打つ。

自分のフォアハンドのゾーンを作って、しっかり振り切るイメージで待ちましょう。

フォアハンドの逆クロスで相手バックを攻撃していく、のがこの作戦の基本ですから。

 

2.逆クロスでしっかり、バックハンド側の深いところへ

サーブの次、のボールから展開していく。

高い軌道で、深いショット、を相手のバックハンドに入れる。

このショットの精度、を上げていかないとシングルスの試合は勝てないでしょう。

イメージとしては、高い打点で振り切る。

ライジングショットのように、コートの内側に入ってフォアハンドで回り込む。

ここまでイメージして、ファーストサーブを入れていくことが大事です。

 

3.相手を追い込んで、更に浅いボールを引き出す

逆クロスで追い込んだら、次は更に厳しいフォアハンドを準備する。

相手がバックで返球、したところを叩く準備をしましょう。

リターンよりも浅いボールを引き出す、ことが大事ですね。

この時点で、アナタ自身は少し前に入って、しっかり浅いボールに備える。

ここで相手が深く返球してきたら、もうドライブボレー、くらいで良いでしょう。

それくらい、しっかり前に入る意識が大事です。

そしてその返球は、しっかりと両コーナーに打っていけるように、大きく構える。

逆クロス、巻き込んで順クロス、両方打てるようにしっかり肩を入れて構えましょう。

相手に背中を見せる、くらいしっかりとコースを隠す。

浅いボールこそ、コースを隠して、↑の図のように両方に打てる態勢、をしっかり作りましょう。

 

本当に、基本と言えば基本的な内容ですよね。

バックハンドで、浅いボールを引き出していく、でもこの浅いボールからしっかりポイントを取るのって結構難しいんですよ。

自分が、どういう返球をイメージしているのか、が決まっていないと。

シングルスの試合、ファーストサーブからこの展開を基本に、頑張ってみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークに威力が出ないのは、テイクバックが遅くて不十分だから

    ストロークの威力をアップさせようと、試行錯誤。グリップにスウィ…

  2. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークでミスが多い人は、「ほとんど横振りで打点がぶれている」ことに気付かないと

    テニスのストロークのときに、「身体が開いているよ!」と周りから指摘され…

  3. テニス リターン

    ストローク

    フォアハンドストロークを、しっかり逆クロスに振り切るコツ4つ

    フォアハンドストローク、私はベテラン・シニアの方にも回り込んでいくスタ…

  4. テニス 準備

    ストローク

    「ドロップショットは前に追いかけながら返球イメージ」をしっかり判断して展開していくことが大切です

    シングルスでも、ダブルスの雁行陣でも「前」は大きな穴になりかねません。…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    片手バックハンドを極めたいなら、パッシングショットは避けて通れない

    バックハンドを片手で打つ、シングルバックハンドのストロークの皆さん。…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    浅いボールのバックハンドでのアプローチは、「小さく上に振り上げる」スピン回転を磨こう!

    両手バックハンドストロークを得意にしている選手でも、浅いボールは苦手だ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ボレー

    ローボレー恐怖症に陥っている人は、相手のストロークの打点の高さをチェックして改善…
  2. テニス ボレー

    ボレー

    相手のスライスは、全てポーチチャンスと心得よう!
  3. テニス メンタル

    ボレー

    試合で意外とよく使う「ハーフボレーの感覚が分からない・・・」人は試して欲しい4つ…
  4. テニス ボール

    その他

    テニスの試合で「対戦相手にボールを渡すとき」に、注意したいマナー4つ
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスでは攻撃的な時ほど、ラケットスウィングは小さくなる
PAGE TOP