テニス フットワーク

シングルス

シングルスの試合、徹底して同じコースを狙ってみない?

シングルスの試合で、有効な作戦。

シンプルですが、私はいつもこの作戦から入ります。

難しいことを考えないで、しっかりやるべきことをやる。

シングルスって、1人だし色々出来そうに思いますが、結構出来ないですよね。

初心者の方にも、オススメの作戦です。

 

シングルスの試合、徹底して同じコースを狙ってみない?

 

1.全てのボールを、相手のバックハンドに集めてみる

ある程度コントロール出来るボールなら、全てバック狙い。

良いんです、相手にバレても。

むしろ相手が意識して、狙われていると感じて欲しい。

そうすると、自然と受け身になってくれますからね。

バックハンドがよほど得意、な選手なら軌道修正が必要ですが、まずは試合の序盤、徹底的にバックハンドを狙ってみましょう。

迷い無くこの作戦を決めて、試合に入ることが大事です。

 

2.打つコースを考えるから、上手くいかない!

シングルスって、欲が出ませんか?

どこにでも打てる、好きにプレーできるように思えてならない。

でも、現実はそんなに甘くないですよね。

意外と、打つコースを迷いながら結論が出ない、方針が決まらないで、ダラダラと試合が進んでいく。

こういうのが多い、のがシングルスの試合です。

だったら、「打つコースを、徹底して絞る」のがオススメの作戦。

迷い無くプレー出来れば、ミスは減ります。

そして、徹底して狙い続ければ、相手も考えてくれる。

そこから後半への勝負、になっていきます。

 

3.要所でフォアハンド側へ打つ、試合の終盤に

バックハンドを徹底的に狙っていると、相手はこう考えます。

「いつ、フォアハンド側に来るんだ・・・?」と。

これは、最後の最後まで取っておく。

簡単に打ってはダメ。

試合の終盤、勝負どころで打っていきましょう。

それも、速いボールではなくあくまで展開する為のボール、速度で、コントロール重視。

「やっと来たか!」と思う相手は、もうアナタの手の内にあるでしょう。

シングルスの作戦なんて、シンプルで良いんです。

 

4.ストロークのコースと、前後の動きを組み合わせる

私はいつも、シングルスの試合はこれで挑みます。

基本ストロークでバックハンド狙い、からの後半にフォアハンドに展開。

その中で、リターンダッシュ、サーブ&ボレーを組み合わせる。

相手の意識が左右、にあるときには、前後の動きを入れる。

とにかく、退屈させない、相手にどんどん悩んで考えてもらうことを第一、に考える。

そうすれば、シングルスの試合も楽しくなりますよ。

アナタ自身は、常に先手を取るイメージで。

相手は考えている間に、負けている感じで。

シングルスの試合は、戦っていきましょう!

 

一つ一つのショット、にこだわり過ぎない。

精度を求め過ぎない方が良いでしょう。

速いボールって、意外と返球しやすいじゃないですか。

それよりも、「意図のあるコース、ボール」の方がシングルスは嫌なはず。

アナタ自身、シンプルに作戦立てして試合に入っていきましょう。

きっと、良い結果に結びつくはずです。

ピックアップ記事

  1. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    「テニスのシングルスの試合でドロップショットを活かす」打った後のポジショニング5箇条

    シングルスの試合でリズムに変化を付けたいとき、あなたはどんな武器を持っ…

  2. シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「クロスラリーからストレートに展開する有効な」タイミングとは?

    シングルスの拮抗した試合で、ラリーの多くを占めるのはクロスラリー。…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    スライスで遠くのボールを凌ぐ、シングルスのストローク術5つ

    シングルスの試合、これが出来ないとなかなか上に勝ち上がれない。…

  4. テニス 準備

    シングルス

    シングルスでのパッシングショット、クロスが基本

    シングルスの試合、私たちの試合ではネットに出る機会・・・どの程度あるで…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で、「どうにも相手のナイスショットが止まらない」ときの対応策は?

    対戦相手には、色々なタイプがある。とにかくバンバン打ってきて、…

  6. 食事

    シングルス

    シングルスで結果を出してこそ、アナタは本物の自信を入れ得るとこが出来る

    テニスの試合は、ダブルス中心。私の肌感覚では、T-PRESS読…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 観客

    メンタル

    団体戦で上位を目指したいなら、「準決勝以上の試合の雰囲気」を常にイメージして準備…
  2. ボレー

    ダブルスの前衛で、ストレートに誘った後のボレーは「シンプルにラケット面を作るだけ…
  3. テニス コート

    ストローク

    自分のコートが後ろにどれくらい下がれるか、はしっかり確認
  4. テニス サーブ

    サーブ

    15-40からデュースにもっていく、その力があるか?
  5. テニス ダブルス

    リターン

    パッと見遅いサーブ、に試合では気を付けろ
PAGE TOP