テニス フットワーク

シングルス

シングルスの試合、徹底して同じコースを狙ってみない?

シングルスの試合で、有効な作戦。

シンプルですが、私はいつもこの作戦から入ります。

難しいことを考えないで、しっかりやるべきことをやる。

シングルスって、1人だし色々出来そうに思いますが、結構出来ないですよね。

初心者の方にも、オススメの作戦です。

 

シングルスの試合、徹底して同じコースを狙ってみない?

 

1.全てのボールを、相手のバックハンドに集めてみる

ある程度コントロール出来るボールなら、全てバック狙い。

良いんです、相手にバレても。

むしろ相手が意識して、狙われていると感じて欲しい。

そうすると、自然と受け身になってくれますからね。

バックハンドがよほど得意、な選手なら軌道修正が必要ですが、まずは試合の序盤、徹底的にバックハンドを狙ってみましょう。

迷い無くこの作戦を決めて、試合に入ることが大事です。

 

2.打つコースを考えるから、上手くいかない!

シングルスって、欲が出ませんか?

どこにでも打てる、好きにプレーできるように思えてならない。

でも、現実はそんなに甘くないですよね。

意外と、打つコースを迷いながら結論が出ない、方針が決まらないで、ダラダラと試合が進んでいく。

こういうのが多い、のがシングルスの試合です。

だったら、「打つコースを、徹底して絞る」のがオススメの作戦。

迷い無くプレー出来れば、ミスは減ります。

そして、徹底して狙い続ければ、相手も考えてくれる。

そこから後半への勝負、になっていきます。

 

3.要所でフォアハンド側へ打つ、試合の終盤に

バックハンドを徹底的に狙っていると、相手はこう考えます。

「いつ、フォアハンド側に来るんだ・・・?」と。

これは、最後の最後まで取っておく。

簡単に打ってはダメ。

試合の終盤、勝負どころで打っていきましょう。

それも、速いボールではなくあくまで展開する為のボール、速度で、コントロール重視。

「やっと来たか!」と思う相手は、もうアナタの手の内にあるでしょう。

シングルスの作戦なんて、シンプルで良いんです。

 

4.ストロークのコースと、前後の動きを組み合わせる

私はいつも、シングルスの試合はこれで挑みます。

基本ストロークでバックハンド狙い、からの後半にフォアハンドに展開。

その中で、リターンダッシュ、サーブ&ボレーを組み合わせる。

相手の意識が左右、にあるときには、前後の動きを入れる。

とにかく、退屈させない、相手にどんどん悩んで考えてもらうことを第一、に考える。

そうすれば、シングルスの試合も楽しくなりますよ。

アナタ自身は、常に先手を取るイメージで。

相手は考えている間に、負けている感じで。

シングルスの試合は、戦っていきましょう!

 

一つ一つのショット、にこだわり過ぎない。

精度を求め過ぎない方が良いでしょう。

速いボールって、意外と返球しやすいじゃないですか。

それよりも、「意図のあるコース、ボール」の方がシングルスは嫌なはず。

アナタ自身、シンプルに作戦立てして試合に入っていきましょう。

きっと、良い結果に結びつくはずです。

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. シングルス

    ジョコビッチ選手に見る「シングルスでのコートカバーリング」の技術4つ

    今年のグランドスラム、男子シングルスはまさにジョコビッチ選手の独壇場で…

  2. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合でネットに出るアプローチショットは、打った後のポジショニングが大事

    シングルスの試合、私は何度も「ネットに出よう!」と書いてきました。…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    同じコースに打ち続けることが、実は良いフェイントになる

    シングルスの試合で、攻撃パターンの1つとして。難しく考えないで…

  4. テニス フットワーク

    シングルス

    「ただ粘るだけじゃ、試合に勝てない!」相手からミスを誘うシングルスの試合での粘り方5つ

    シングルスの試合、ミスの少ないテニスでの粘りは必要。何度も書い…

  5. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合では、なぜダウンザラインのリターンが必要なのか?

    シングルスの試合で、リターンから攻撃していくとき。ぜひ、ダウン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. 戦術

    試合に勝てる選手になりたいなら、「同じシチュエーションで自分が取ったポイントパタ…
  2. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合に勝つ為に必要な、「67%の確率で入るファーストサーブ」に仕上げてい…
  3. テニス フェデラー

    メンタル

    2017年全豪オープン、錦織選手とフェデラー選手の試合、「勝敗を分けたポイントは…
  4. テニス メンタル

    サーブ

    「左利きはサーブに有利?」その発想は、右利きのアナタをも使える戦略です
  5. テニス コントロール

    ボレー

    テニスの試合で「ボレーが安定しない人」のほとんどに共通するのは、両手の距離感の問…
PAGE TOP