ダブルス

雁行陣の弱点を突いた攻撃の、基本的な考え方について

雁行陣の弱点について、試合ではどんどん突いていくという貪欲になって欲しい。

だって、ストロークが強い相手にひたすらクロスで打ち合う、なんて辛いじゃないですか。

もっともっと、自分も動くし相手も動かす。

そんなヒントになれれば、という感じでまとめてみました。

 

雁行陣の弱点を突いた攻撃の、基本的な考え方について

 

1.そもそも、雁行陣とは・・・?

いわゆる一般的なテニスのダブルスの形、ですね。

前衛と後衛がハッキリ分かれていて、後衛はクロスラリーをベースライン同士で頑張る。

前衛がポーチに動いてボレーをする、ような陣形、です。

この場合、赤側の後衛が打とうしているので、青側の前衛がかなり前に来てますよね。

逆に赤側の前衛は、少し下がって守備の意識を高めに。

テニスでは基本、自陣にボールがあるときには守りの態勢を整える、のが大事になります。

相手が打つ時には、逆に前への意識を強めて攻撃に出る。

この小さい繰り返し、が雁行陣の基本ですね。

 

2.となると、狙い所は・・・?

赤側のペアがアナタ側のペア、と仮定して見てみましょう。

後衛からの展開として、大きくは2つ。

1つはクロスの浅い場所にアングルショットやドロップショット。

それからもう1つは、相手前衛の頭上を越えるストレートロブ、ですね。

斜線で書いた部分は、相手がいない場所、になりますから。

カバーしようとすると、自然と相手側の陣形は変化してくるはず。

そうなると、よりチャンスが生まれてきます。

どうでしょう、スライスやスピンを使って、この2つのコースをしっかり使えるイメージ、湧きますか?

相手後衛を動かす、前か左右、にどんどん揺さぶっていく。

これは、両方のコースに打てると本当に効果的です。

コートの中で、一番遠いところの2カ所、をカバーしないといけないですからね。

体力的にも精神的にも辛いはずです。

 

3.相手を動かして、更にスペースを突いていく

例えばクロスの短い場所、に打って相手を前に引っ張り出してみる。

そうなると、当然次はロブが有効になりますね。

雁行陣なら得意なペアも、こうなると結構バタバタしてくれます。

2人で前になると、ロブを打ってみる。

そして、そのギリギリ触ったボールを、次は自分たちの前衛が触れるように、前に詰めていく。

これが理想形、ですね!

相手を前に引っ張り出して、ロブを触らせて、次で仕留める。

相手は返すのがやっと、なのに隙を与えない。

こういう展開に持っていけると、雁行陣が得意な相手でも崩せるはずです。

決めるコースは、アングルが理想ですね。

相手の足元、よりもいない場所を狙って。

崩れている相手ですから、厳しいコースじゃなくても決まるはず。

しっかりネットに詰めること、を意識してみて下さい。

 

浅いボールと、ロブの組み合わせ。

これを覚えると、テニスの試合もグッと楽しくなりますし勝てるようににあります。

ストロークが強力な相手と、必死で打ち合う必要無いですよ。

テニスは自分で、戦う場所を選べる競技ですから。

ピックアップ記事

  1. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. ダブルス

    テニス部としてダブルス強化を狙うなら、「ペア練ローテーション」を組んでいこう!

    テニスの団体戦、で今年は結果を出したい!と思っているチームの皆さん…

  2. ダブルス

    「自分よりかなりテニスが上手い選手とダブルスを組むことに・・・」アナタが意識するべきこととは?

    部活やサークルで、「この人、自分より全然上手いなー」と感じている人と、…

  3. ダブルス

    ダブルスペアを背中で引っ張る、時間帯も必要です

    ダブルスをしっかり、強くなりたい人。技術的な問題解決ももちろん…

  4. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの並行陣では、「片方の選手が詰めたら、パートナーはT字まで下がる」ことでコートカバーを

    ダブルスの醍醐味、それって思い切って前衛が動けるところ、だと思います。…

  5. ダブルス

    「相手のファーストボレーが深い・・・」ダブルスのサーブ&ボレーヤーに有効な対策とは?

    ダブルスの試合も上のレベルになると、手堅いサーブにサーブ&ボレ…

  6. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「2発連続でストレートアタック」を実践して、相手のメンタルを折っていこう

    対戦相手の、心を折ること。これは、試合の中で絶対に意識したい。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークを力強く打ち込んでくるハードヒッターは、相手の打点をしっかり見れば反応…
  2. テニス サーブ

    メンタル

    対戦相手が一番欲しいモノを、簡単に差し出してはいけない
  3. テニス スマッシュ

    メンタル

    自分の欲求を満たすのがテニス、だけだと必ず壁にぶち当たる
  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュのフットワークが遅い人のほとんどは、「身体が正面向きで足が運べない」か…
  5. テニス ガット

    ボレー

    ストロークからボレー、のグリップチェンジ機会は練習から作っていこう
PAGE TOP