シングルス

シングルスの試合で、全くネットに出てこない相手ほど楽な相手はいない

シングルスの試合で戦っていて、みなさん感じることはありませんか?

楽な試合、辛い試合。

この2つ、どのあたりに違いがあるのかって考えると、面白いですよ。

きっとそこには、あるキーワードがあるはずです。

 

シングルスの試合で、全くネットに出てこない相手ほど楽な相手はいない

 

1.考えないで良い相手、はすごく楽

じゃないですか?実際。

試合の中で、相手について自分が考えなくて良い。

同じようなプレーしかして来ないような相手って、慣れていけば楽ですよね。

もちろん、コースは予測しないといけないし、ストロークが強力な相手もいるでしょう。

でも、やっぱり「前」が無いというだけで、かなり楽。

これは、どのレベルにも関わらず言えることだと思います。

 

2.テンポが変わるから、シングルスも大変になる

実際に、どちらかがネットに出れば一気にラリーのテンポは上がりますよね。

これが、すごく疲れるんですよ。

自分から前に出るなら、そのタイミングも自分次第だし、まだ疲れない。

でも、相手が前に来たり、後ろで粘ったりの駆け引き、をされると神経を使うから異常に疲れます。

シングルスの試合は、誰もカバーしてくれたりしないですからね。

テンポが変わったら、全部自分で対応しないといけない。

だから、前に出て来ない相手って楽なんですよ。

 

3.そのままのテニスで、この先勝てると思う?

この問題、自分にぶつけてみましょう。

アナタ自身のシングルスの試合、このままの状態で勝てますか?

長い目で見れば上達していく・・・かもしれませんが、当然ライバルだって上達していく。

もしかしたら、アナタ以上のスピードで。

そうなる前に、アナタ自身はもっと変えていくべきでしょう、大胆に。

大胆に、前に出ること、がアナタ自身のシングルスの試合を変える。

出なければ、相手を楽にさせる。

これだけの話、です。

 

4.ボレーで決めないといけない、という幻想を捨てよう

前に出れない人って、そもそも理想が高過ぎ。

ボレーで決めないといけない、スマッシュはノータッチで決めないといけない、なんてことを考えているから、前に出れない。

そんな無理に、自分を追い込まなくても良いのに、と思います。

前に出るという行為で、相手はプレッシャーを感じて神経を使ってくれる。

ベースラインでのプレーにも、きっと影響が出る。

このこと、に気付いた人から試合が強くなっていく。

最初は、出ることそれ自体で成功、で良いんです。

 

シングルスの試合、変化をつけるのはなかなか難しいですよね。

どうしても、ストローク対ストロークの一本調子になりがち、ですから。

前に出て来ない相手、は本当に楽です。

もしかしたら、アナタもそう思われているのかも・・・。

ピックアップ記事

  1. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスの試合でのネットプレーは、「ドロップボレーで終わる」くらいの意識でちょうど良い

    全豪オープンが地上波で放送され、皆さんも観る機会が多いと思います。…

  2. テニス ガスケ

    シングルス

    シングルスのネットダッシュは、必ず1フェイント入れよう

    シングルスのネットプレー、みなさんにキーワードを一つ。華麗に前…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合での決定打に!「フォアハンドのダウンザラインショット」を磨く練習で必要な意識5つ

    テニスのシングルスを戦う選手は、ここぞという場面でしっかりストレートに…

  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合、パッシングショットの使い方の大原則とは?

    パッシングショット、シングルスで打つ場面を考えてみて下さい。き…

  5. テニス 戦術

    シングルス

    コントロールに優れた競合選手相手に勝つには、「相手に攻撃させないテニス」を意識して戦おう

    試合を勝ち抜いていけば、強い相手との対戦は避けられない。男性で…

  6. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合では、「ナイスサーブ!」こそ、浅いリターンをケアしておかないとダメ

    シングルスの試合、最高に良いサーブがコーナーを突いて入る。でも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 雑記

    メンタル

    テニスノートは「試合後よりも試合前」に書くのをお勧めする理由
  2. テニス ボレー

    ボレー

    相手の足元、の次はハイボレーをしっかり準備しておこう
  3. テニス メンタル

    メンタル

    2-5でチェンジコート、ほぼアナタの負けは決定ですか?
  4. テニス ストローク

    ストローク

    片手打ちバックハンドストロークは、「インパクト時にラケットを持つ腕を真っ直ぐ」に…
  5. ダブルス

    「ポーチされないクロスショット」テニスのダブルスの試合では逆転の発想で勝てるよう…
PAGE TOP