シングルス

シングルスの試合で、全くネットに出てこない相手ほど楽な相手はいない

シングルスの試合で戦っていて、みなさん感じることはありませんか?

楽な試合、辛い試合。

この2つ、どのあたりに違いがあるのかって考えると、面白いですよ。

きっとそこには、あるキーワードがあるはずです。

 

シングルスの試合で、全くネットに出てこない相手ほど楽な相手はいない

 


 

1.考えないで良い相手、はすごく楽

じゃないですか?実際。

試合の中で、相手について自分が考えなくて良い。

同じようなプレーしかして来ないような相手って、慣れていけば楽ですよね。

もちろん、コースは予測しないといけないし、ストロークが強力な相手もいるでしょう。

でも、やっぱり「前」が無いというだけで、かなり楽。

これは、どのレベルにも関わらず言えることだと思います。

 

2.テンポが変わるから、シングルスも大変になる

実際に、どちらかがネットに出れば一気にラリーのテンポは上がりますよね。

これが、すごく疲れるんですよ。

自分から前に出るなら、そのタイミングも自分次第だし、まだ疲れない。

でも、相手が前に来たり、後ろで粘ったりの駆け引き、をされると神経を使うから異常に疲れます。

シングルスの試合は、誰もカバーしてくれたりしないですからね。

テンポが変わったら、全部自分で対応しないといけない。

だから、前に出て来ない相手って楽なんですよ。

 

3.そのままのテニスで、この先勝てると思う?

この問題、自分にぶつけてみましょう。

アナタ自身のシングルスの試合、このままの状態で勝てますか?

長い目で見れば上達していく・・・かもしれませんが、当然ライバルだって上達していく。

もしかしたら、アナタ以上のスピードで。

そうなる前に、アナタ自身はもっと変えていくべきでしょう、大胆に。

大胆に、前に出ること、がアナタ自身のシングルスの試合を変える。

出なければ、相手を楽にさせる。

これだけの話、です。

 

4.ボレーで決めないといけない、という幻想を捨てよう

前に出れない人って、そもそも理想が高過ぎ。

ボレーで決めないといけない、スマッシュはノータッチで決めないといけない、なんてことを考えているから、前に出れない。

そんな無理に、自分を追い込まなくても良いのに、と思います。

前に出るという行為で、相手はプレッシャーを感じて神経を使ってくれる。

ベースラインでのプレーにも、きっと影響が出る。

このこと、に気付いた人から試合が強くなっていく。

最初は、出ることそれ自体で成功、で良いんです。

 

シングルスの試合、変化をつけるのはなかなか難しいですよね。

どうしても、ストローク対ストロークの一本調子になりがち、ですから。

前に出て来ない相手、は本当に楽です。

もしかしたら、アナタもそう思われているのかも・・・。

ピックアップ記事

  1. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について

関連記事

  1. テニス 錦織圭

    シングルス

    「全米オープン 錦織選手の敗退」に考える、シングルスでのシード選手との戦い方

    全米オープンでの錦織選手の初戦敗退。ショッキングなニュースが日…

  2. テニス 試合
  3. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「ストロークで相手の逆を突けたら、迷わずネットへ出る」ことで試合を優位に進められ…

    最近、プロ選手のシングルスの試合を観ていると、特に女子選手でもこういっ…

  4. テニス 言葉

    シングルス

    「ボールに勢いがない対戦相手」に苦労する、のは何でだろう?

    ポワーン、ポワーンとつないでくるだけのような相手。「勝ったな・…

  5. テニス ストローク
  6. テニス 格上相手

    シングルス

    シングルスの試合で勝てない人は、「ストロークで崩しても前にいない」だけの話かも・・・

    シングルスの試合を観ていると、テニスは本当にポイントを「締める」技術が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    将来大成するテニス選手は、「調子が悪くても、調子が悪いという言葉は口にしない」強…
  2. テニス ボレー

    ストローク

    深いボレーに対して、ベースライン上で打ち返すにはまず「ネットくらいの目線、低い態…
  3. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合は、相手を飽きさせないで進めよう
  4. テニス 前衛

    スマッシュ

    ロブを多用してくる相手には、どこかで先読みして下がらないと相手のペースになる
  5. テニス フットワーク

    メンタル

    テニス部の偉大なリーダーが抜けたとき、こそ最大の成長のときである
PAGE TOP