テニス サーブ

ボレー

フォアハンドボレーでポーチ!の裏技を教えます

ダブルスの試合、フォアハンドボレーでポーチ!

を打つときに、みなさんコースはどうでしょう?

中途半端だと、相手の前衛に拾われてしまいますから、ここはコントロールをしっかり改善したい。

ポーチでしっかりポイントを取るには、かなりの覚悟が大事ですよ。

 

フォアハンドボレーでポーチ!の裏技を教えます

 

1.ポーチのコントロール、雑な人多し

結構、感じます。

勢い任せ、で何となく相手の足元あたりに打てばOK、という人。

実際に、ある程度のレベルではそれで決まってしまいますからね。

これがすごく、上達を阻害する。

ポーチに出るのは勢い、も大事ですが、しっかりしたコントロールも大事でしょう。

カウンターが上手い人、はたくさんいますからね。

触らせないようなコースにしっかりコントロール出来る、に越したことは無いのです。

 

2.打点を少しだけ、「遅らせて」みよう

「え!?ポーチは打点前じゃないの?」と思った方、ちょっと視点を変えましょう。

打点を遅らせる、というのは振り遅れじゃない。

打点を調整して、上手く逆クロス方向に流していくようなボレー、ということです。

イメージしてみて下さい。

右利きの方は、デュースサイドで右側に動いて・・・ポーチ!このときに、しっかり相手前衛の右側、に打てますか?

アレーあたりに打てれば、まず触らせないでしっかりポイントが取れる。

これは、無謀な 狙いでも何でも無い。

で、その逆クロスに打つには、打点が前過ぎるとむしろ難しいと思いませんか?

少し遅れたくらい、でちょうど良い逆クロス方向へのポーチ、になるはずです。

 

3.早めに準備して、引き付けることが大事

でも、とにかく早く動いて準備も早く!が基本。

相手のボールを、引き付けていくようなイメージ、がポーチにも欲しいんです。

やることは、普通のボレーですからね。

自分が前衛、ということでつい熱くなってしまいがちですが、とにかくコントロール勝負。

ダブルスのレベルをワンランクアップさせるには、ポーチの決定力向上が絶対に必要です。

 

4.「仕留める」ことに、神経質になろう

これが出来ると、相手にとってすごくプレッシャーになります。

触られたら、まずい、決められる。

そう考えるだけで、相手は辛いですよね。

逆はどうでしょう。

ポーチに出て来ても、触られても決まらない、怖くない。

もう、全然楽勝だと感じてしまいますよね。

ストレートへの展開も出来るし、前衛を気にしないで良い。

そうなったらもう、ダブルスの試合は勝てません。

前衛がしっかり決める、その為にフォアハンドボレーの打点の概念を変える。

これは、絶対に必要なことだと思います。

 

きっと、上手い人は自然に実践しています。

アレーに打つなんて、危ないし怖い・・・と思うのは、それは準備が遅くて不十分だから。

しっかり練習して、早く動けば絶対に打点が少し後ろの方が逆クロスに打ちやすい。

是非、自分の中で良い打点の位置を探してみて下さい。

ダブルスの試合、リラックスしてポーチは決めにいくのが基本です。

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    コントロールの良いネットプレーは、「ボールを飛ばす方向を見ない」ことから

    私がこのコツを掴んだのは高校一年生のとき。それまでは、打つ方向…

  2. テニス 粘り

    ボレー

    クロスボレーを磨けば、試合でのボレーのネットミスは減るはず

    試合で、「ボレーのネットミス」が多い方。ちょっと、思い出してみ…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーの打点は、パントマイム発想で身体だけターンで完成!

    ボレーの打点が、どうしても後ろになって来る人。試合で力んでしま…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「厳しいロブをしっかりカットして粘りたい」ときには、まず相手の出方を確認しよう

    ネットプレーが上手い人、試合に強い人はアップヘッド(頭の上)のボールの…

  5. テニス 準備

    ボレー

    テニスの試合の中で、「相手の当り損ないは仕方ない?」けど、打球音を聞けば判断早く反応できる!

    テニスの試合では、「当たり損ない」がエースになるケースもあります。…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    リターン側の前衛は、シンプルなプレーでミスを減らそう

    ダブルスのリターンゲーム、アナタは前衛。ここで、どんなプレーが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 練習

    その他

    テニス部の新1年生に、「しっかり基本からテニスを教えたい」先輩なら意識したい基本…
  2. ストローク

    スライスストロークは、スライスでの返球が基本になる
  3. テニス ボレー

    テニス知識

    「毎日のテニス、身体の疲れが抜けない・・・」ときには、どんな食事が効果的?
  4. サーブ

    ファーストサーブを打つ前の「ボール選び」は、しっかりこだわりたい!その理由につい…
  5. テニス イベント

    ストローク

    「やっぱりバックハンドストロークが苦手・・・」打点が遅れてしまう悪循環について
PAGE TOP