テニス スマッシュ

戦術

強い選手は、リードした後にアグレッシブに戦術を変える

テニスの試合って、ポイント形式が特殊ですよね。

ゲーム内は、5ポイントくらいで短い。

それを6ゲーム取れば1セット、ほとんどの試合は、この1セットで終わりな感じ。

もちろん、公式戦は3セットマッチもありますが、私たちの試合は1セットマッチや8ゲームマッチが多いですよね。

いかに多く、効率的にゲームを取っていくのか。

ゲーム内でリードしたとき、ゲームカウントでリードしたとき。

大胆な戦術、でいきませんか?

 

強い選手は、リードした後にアグレッシブに戦術を変える

 

1.リードしたときに、必要な発想とは?

私は、相手が何を警戒し出したか、を考えます。

例えばネットプレーでリードしたなら、当然ネットプレーを警戒しているでしょう。

「浅いボールを打ってはいけない」と思いながら、深く深く、配球して来ることが予測出来ますよね。

リードしたらその「貯金」をどう活かすか、が大事。

相手が不安になって、「こっちに逃げたい」と思うところをしっかり潰す。

そう考えると、「今までの逆」をやれば良いのかも!

となると思いませんか?

 

2.速攻型でリードしたなら、粘り型に変えてみる

サーブでポンポーンと30-0に出来たら、次のポイントをどうするのか。

私なら、あえて粘りの戦術に変えていきます。

その方が、相手が迷い動揺してくれるから。

速攻型のポイントの後には、遅効型で・・・と自分の中でメリハリをつけてみる。

そうすると、自然と試合の主導権はアナタ自身のモノになると思いますよ。

難しく考えないで、自分の引き出しを増やしていくこと。

これが大事でしょう。

 

3.自分のプレースタイルの幅、が必要なんです

だから、必要なんです。

実際に、試合の現場でメリハリを付ける、両側の戦術を用意しておく。

こういう人は、練習からしっかり両方を練習出来ているはず、なんです。

速いプレーだけ、遅いプレーだけ、で試合を続けるのは難しいですよね。

よほどの実力があれば別ですが、私たちに必要なのはいかに出し入れをするのか、駆け引きをするのか。

ポイントのシチュエーションを客観視して、しっかりリードしたときに変えていく。

勝っているときに変えていくからこそ、相手はまたプレッシャーに感じてしまうと思うんです。

 

4.変えるのが怖い、だからこそこの作戦には価値がある

誰だって、そうですよ。

ましてや、リードしているときに・・・大胆に変えるのって、怖い。

でも、それは相手だって一緒です。

怖いからこそ、その「怖いこと」をやってくる相手が本当に怖い。

テニスの試合、この積極性を持った方が勝てるケースが多いですよ。

それに、もう「戦術を変えること」を日常にしちゃえば良い。

練習でもそれが普通、むしろずっと同じプレーをしている方が、調子が出ない・・・くらいで良いでしょう。

そこまでくれば、きっと試合でリードしても自然に引き出しを開けることが出来るはず、です。

 

まずは前に出る、後ろで粘るの形。

それから回転をスピンとスライス、ですかね。

この組み合わせだけで、何パターンか自分の中で作れると思います。

それをリードしたら、どんどん出し入れしていく。

これだけで、かなり試合の進め方は楽になると思いますよ!

ピックアップ記事

  1. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  2. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. 戦術

    試合の中では、難しい場面でこそ「大胆な自分」でいこう

    テニスの試合の中で、劣勢の場面。もうこのままだと負けてしまう・…

  2. 戦術

    「これが上達の証」テニスの試合で安定感を身に付ける為に、上達していくフェーズがある

    皆、テニス上手になりたいでしょ?でも、上手になるってどういうこ…

  3. テニス ポジショニング

    戦術

    「緩急打ち分けしたいなら・・・」テニスの試合に出れば分かる、その必要性

    「もっと緩急をつけて!!」テニスのレッスンの中でそう注意するこ…

  4. テニス メンタル

    戦術

    見えないものを見る力、を養おう

    試合の中で、落ち着いてプレー出来る人は強い。経験もあるでしょう…

  5. テニス 練習

    戦術

    テニスの試合では、精神的なプレッシャーはデュースサイドの方が少ないはず

    今回も、あくまで私の考え、です。異論反論、賛否両論あるでしょう…

  6. テニス 動画

    戦術

    「誰が見ても上手い」という選手ほど、本人はなかなか勝てないのがテニスというスポーツかも知れない

    少し前に、一緒にテニスをした人がいまして・・・。誰が見ても、「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 環境

    ボレー

    ゆっくりしたロブのバックボレーカット、練習しておかないと
  2. テニス メンタル

    メンタル

    自分についている嘘は、試合でアナタの足を引っ張り続けることになる
  3. ボレー

    「試合が強い選手のボレーボレー」練習は、ココが違う!4つのポイント
  4. テニス フットワーク

    ロブ

    「トップスピンロブを、使いこなせ」コツさえ掴めば、大助かりの魔法のショットに
  5. その他

    テニスの試合は、「総得点数」で劣っても勝てるという事実に目を向けよう
PAGE TOP