テニス テニスノート

戦術

相手のナイスポイント、の後に間を空けて考えることは・・・?

試合の中で、みなさんしっかり「間」を取れていますか?

ポイント間では、使って良い時間がある。

約20秒間、ちゃんと使えば結構長いし、試合でも効果的。

特にこういうとき、は効果的なはずです。

 

相手のナイスポイント、の後に間を空けて考えることは・・・?

 

1.相手のリズムを乱そう!とは、思わないこと

よく私も試合で聞きますが、あえて時間を取って相手を乱そうとする行為。

もちろん、揺さぶりという意味では大事です。

でも、本当に強い相手、自信がある相手は、多少時間を空けられたからといって気にしない。

相手のナイスポイントの後に、考えるべきは自分自身、と相手の客観的な事実について。

安易に、「ちょっと間を空ければ、乱れてくれるかな・・・」と期待するのは、止めましょう。

アナタ自身には、やるべきことがあるはずです。

 

2.ナイスポイントを、客観的に分析する

私は、相手のナイスプレーの後には検証の時間を設けています。

今のショットは、「たまたまなのか、それともこれからずっと入って来るショットなのか」という点。

もし、たまたま入ったショットなら、その後も打たせておけば良い。

でも、自信を持って打ったショットなら、きっと攻略しないと次もしっかり入って来る。

この分析の時間、として20秒間を使う、というイメージです。

ナイスポイント、を忘れるための時間じゃないですよ。

むしろ、しっかり向き合う為の時間、だと思っておいて良いと思います。

 

3.たまたまなナイスショット、の見極め方は?

打った後の、相手の姿を見てみて下さい。

「入る前提」で構えてますか?

次のポジション、は取れているかどうか?

このあたりをチェックすれば、そのショットが本人にとっても偶然だったのかどうか、は分かります。

入ることを前提としていない、打った後に構えていない、返球されたらもう終わり、みたいなショットなら気にしない。

きっと、無理して入っただけですから、警戒しなくて良い。

ただ、次のポジションもきっちり取っていて、構え直しているようなショット。

これは、その相手本来の実力のショット、でしょう。

 

4.次のポイントに入るときには、「警戒ショット」を決めて入る

この結論、を出して入りましょう。

相手の何を警戒するのか、捨てるのか。

この結論が出ていないと、また同じような失点を繰り返してしまう。

相手のナイスポイント、の後こそしっかり整理する癖をつける。

何も、ムダに長く間を空ける必要はないですよ。

アナタ自身、結論が出たら構えて入れば良い。

ただただ、時間を使う、ということだけで満足しないように。

あくまで、全ては試合に勝つため、ですからね。

 

ポイント間の時間の使い方、しっかり考えましょう。

恥ずかしがる必要も無いです。

もちろん、考え過ぎて20秒を超えてしまわないように、これもトレーニングです。

日々のマッチ練習から、意識して実践していきましょう。

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  3. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. テニス 計算

    戦術

    デュースが続いた後のピンチ、はどういう意識で乗り切ろう?

    試合の中で、デュースが何回も続くこと。たまにありますよね・・・そし…

  2. テニス ストローク

    戦術

    「難しいこと」は、どんどん相手にやらせよう

    試合の中で、「難しいこと」って何でしょう?アナタがやっていて「…

  3. テニス メンタル

    戦術

    プレッシャーをかけ続けてこそ、相手は疲労を溜めていく

    長い試合に、決着を着けるとき。その時に、「疲労の度合い」が大き…

  4. テニス ボレー

    戦術

    守るのが好き、それで良いじゃない

    私自身よく、言われたものです。「守ってばかりで、つまらないテニ…

  5. テニス ハードコート

    戦術

    「正直、団体戦が苦手・・・」な人こそ、私はチャンスがあると思います

    最近頂いたご相談の中で、こういう内容のものがありました。「団体…

  6. テニス メンタル

    戦術

    「諦めない試合」にするには、どうすれば良いのか?

    「諦めるな!まだまだここから!」と、応援されるけど、正直しんど…

特集記事

  1. テニス メンタル

    テニススクール

    スクールなのに自分で考えなくて良い、それが日本のテニススクール
  2. テニス コート

    サーブ

    「頼むからサーブ、入れてくれ!」と思う前に・・・アナタには出来ることがあります
  3. テニス メンタル

    サーブ

    サーブの調子が試合序盤に上がらない人は、「長めのフォルトから短く調整していく癖」…
  4. テニス 守備

    シングルス

    シングルスの試合で有効な練習メニュー、「半面対全面のラリー形式」で、徹底したバッ…
  5. テニス メンタル

    ボレー

    ネットに出るといつも「アウトボールを触ってしまう」人は、準備が遅すぎる!
PAGE TOP