テニス スポーツ

メンタル

だた何となく「返球しているだけのテニス」で、勝とうと思うから難しいのです

みなさん試合の中で、こういうポイントどれくらいあるでしょう?

自分で自覚していなくても、ほとんどの人は7割くらいは、この「何となく返球する」感じになっているように思います。

「いや、ちゃんと考えてやってるって!」と反論したい人もいると思います。

テニスの試合、何となくの返球をいかに減らしていくか。

これが、実は大事なポイントだと思いますよ。

 

だた何となく「返球しているだけのテニス」で、勝とうと思うから難しいのです

 

1.ボールの威力だけで勝てる相手は、問題無い

1回戦、2回戦くらいは、そうかも知れません。

何となくの返球、アナタのボールの威力だけで何とかなるレベル、なら良いんです。

でも上のレベルになってくると、そうじゃない。

アナタが何となく返球したボールから、展開されるケースが増えていく。

意図の無い、意志の無いボールは、相手にとって攻撃しやすいボールになる。

それは、アナタ自身の敗因にしかならないでしょう。

 

2.ただ返球するだけ、と効果的な粘りは違う

試合に強い人って、返球にも意図がある。

バックハンドを突いてきたり、時間を稼いだり。

何となく打ち返している、ようなボールは少ないんですよね。

結論を出して試合に臨んで、ボールを打っているから強い。

周りから見ていても、「あ、こうしたいんだな」というの分かる粘り、は試合でも強いですよね。

何がしたいのかよく分からないテニスは、きっと本人も分かっていない。

自分が何をしたいのか・・・ということ。

 

3.「何がしたいの?」とコーチからよく言われる人、いませんか?

すみません、私もよく生徒さんに聞いてました。

結構きつい質問ですが、きっと本人も分からないと思うんですよね。

自分はただ、打ち返しているだけ・・・で、何がしたいのか?ということを。

何がしたいの?ということは、つまり、どんなボールを打ちたいの?ということ。

難しく考える必要は無いと思いますよ。

ただ返球していくテニス、から、自分の意志を表現出来るテニスへ。

自己決定出来ない人は、テニスの試合では勝てません。

残念ながら、日本のテニス界はそんな感じだと思います。

 

4.テニスコートにこそ、アナタの全てが現れる

すごく厳しい言い方かもしれませんが、今のテニスがアナタ自身、アナタの全て、です。

何となく打ち返すだけ、の試合をしている人は、毎日の生活も何となく、でしょう。

目の前のボールを打ち返す、ことに意志が感じられない人は、仕事も勉強も中途半端かも知れません。

こう感じるのは、私自身がそうだったからです。

仕事や勉強、私生活に迷いがあるときには、それが全てにテニス出る。

何となく、で過ごしているのはコートでも同じ、になってしまうんですよね。

こういうことに、気付けて変えていければ試合でも強くなれる。

誰だって、いつでも順風満帆なことなんて無いですよ。

そもそも、そんな人に私は興味がありません。

 

テニスの試合、自分の意志を持つということ。

これは結構、怖いことですよね。

日本人が苦手にしている部分、だと思います。

でも、試合で勝ち上がっていくには、周りの人から見ても何かを感じるくらいの強い意志、必要だと思いますよ。

みなさんには、何かを自分で決めて、試合を動かしていく選手になって欲しい。

必ずなれると、私は信じています。

ピックアップ記事

  1. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「またお前が相手かよ・・・」と、同じ対戦相手との試合は繰り返される

    テニス選手として、成長していくということ。と、この問題は切って…

  2. テニス 観察眼

    メンタル

    「プライドが高い人」がテニスが上達しない理由について

    「プライド」っていう言葉は難しい。全く無いと競った試合で自分を…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会は、「個人戦こそ、団体戦である」と心得よう

    今年も始まりました、全豪オープン!遠くオーストラリアの地から、…

  4. メンタル

    相手との直接接触が無いテニスというスポーツに、僕らは甘えていないか?

    ふと、考えることがあります。テニスって、ネットを挟んで相手と対…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    0-5まで追い詰められて、「吹っ切っていこう!」と思ったら、思い切って試してみたいこと

    相手も強いし自分の調子も悪い。色々思考錯誤してみたけど、どうに…

  6. テニス フェデラー

    メンタル

    錦織選手とフェデラー選手の試合、「勝敗を分けたポイント」を考えてみる

    先ほど終了した全豪オープン4回戦、錦織選手とフェデラー選手の試合。…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ロブ

    スライスロブは、自分の顔の近くで「コツン」と当てて打てばOK
  2. テニス 構え

    その他

    テニスにおける良い構えとは、常に「ラケットの先がグリップより上にある」状態をキー…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    相手に読まれにくいサーブ、ってどんなサーブだろう?
  4. メンタル

    アナタの部活やサークル、「チームの中でしっかり、意見を言い合える環境」があるかど…
  5. テニス 雨

    シングルス

    長い試合に慣れている人は、後半にペースを上げることが出来る
PAGE TOP