テニス ミス

ストローク

浅いボールをアングルのコースに切り返すには、ラケットヘッドを立ててスライスで充分

浅いボールを追いかけて、少し余裕がある場面。

こういう時には、積極的に相手のコートの浅いアングルの場所、を狙って打っていきたいですよね。

でも、強引なスピンって、結構大変だしミスも多い。

こういう場面では、スライスのような打ち方でちょうど良いでしょう。

 

浅いボールをアングルのコースに切り返すには、ラケットヘッドを立ててスライスで充分

 

1.ラケットヘッドを立てて、ボールの横を触ってアングルのコースに

いざ、浅いボールを追いかけていくと・・・テニスって、気持ちが前に出てしまう。

「決めたい!」と思って、つい強打したくなるんですよね。

でも、ここはぐっとこらえて、グリップをスライスのグリップにしてラケットの先を上に向ける。

そうすると、自然にボールの横を触りやすくなるので、スライスでアングルのコースに切り返すことも出来るようになります。

これはもう、身体で反応して、「お約束」のようにプレー出来るようにしておきたい。

浅いボールを追いかけて、スライスのアングルで仕留める。

ダブルスでもシングルスでも、必要な技術です。

 

2.打つ方向を向く必要は、全くない

初心者の方でも、ポイントを押さえれば楽に打てます。

一番は、打つ方向を見ない、ことでしょうね。

テニスにおけるアングルショットって、自分が打つ方向を見るとほとんどが上手くいかない。

自分が打つボールのコースは、ボールを「どう触るか」によって決めていく、なので身体を向けなくても大丈夫なんです。

この感覚、はぜひ練習の中から養ってみて下さい。

浅いボールを追いかける、ような練習を普段から出来てますか?

試合の中で、結構多くあるシチュエーションだと思いますよ。

 

3.狙いは「センターストラップの上!」でちょうど良い

「でも、打つ方向を見ないで、どこを狙うのか・・・イメージ出来ない」という方も、多いでしょう。

そんな方は、まずセンターストラップの50cm上、を狙いましょう。

浅いボールを追いかけて、センターストラップの上を通せば結構良いアングルのコース、に飛んでくれる。

迷ったら、これで良いんです。

ネット上の真ん中の部分、を通すことを決めておけば、すごく楽ですよね。

もちろん、基本のコースなので読まれる可能性もありますが・・・そうなったら、ストレートに流せば良い。

まずは浅いボールをアングルに打つ、その為にはセンターストラップの上を通す、くらいの感覚でいきましょう!

 

浅いボールの処理の重要性、何度も書いてきましたので理解頂いているかと思います。

スライスでの処理、ネット際のプレーには絶対に必要です。

ラケットヘッドを立てること、ボールの横を触ること、それからセンターストラップ上を狙うこと。

これで試合でも、問題無くポイントが獲れるはずです!

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. ご質問頂いた件につきまして
  5. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

関連記事

  1. テニス 戦術
  2. テニス メンタル

    ストローク

    攻撃していく場面で「打ち方が変わる」人は、いつまで経っても中級者

    試合に強い人、攻撃をしっかりポイントにつなげることが出来る人は、ここが…

  3. テニス ダブルス

    ストローク

    ストロークで肘をたたむような打ち方は、意外と本人は気付かない

    テニスを初めて間もない方、ストロークが最初はこんな感じだったと思います…

  4. ストローク

    ラケットが一番加速するところで打つのが、ストロークの基本

    ストロークでしっかり振り切って、鋭いボールを打ちたい。そう考え…

  5. テニス リターン

    ストローク

    フォアハンドストロークを、しっかり逆クロスに振り切るコツ4つ

    フォアハンドストローク、私はベテラン・シニアの方にも回り込んでいくスタ…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのテイクバック、「差し込まれた状態」を脱却出来ない人へ

    テニスの上達に基本練習は欠かせない。ですが、根本的な理解が出来…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    メンタル

    必死でプレーした結果なのに、なんでそんなに謝るの?
  2. テニス サーブ

    シングルス

    「シングルスでのサーブ&ボレー」は、戦略的に使えば試合を優位に進められる…
  3. テニス 準備

    フットワーク

    フットワークが正確で守備が上手い人は、実は「大股」で合わせるのが上手い人
  4. 戦術

    なぜ試合では、「予測が外れること」が大事なのか
  5. テニス ストローク

    ストローク

    「フラットなストロークは、安定しない?」打点の高さで微調整すれば、フラットショッ…
PAGE TOP