テニス ミス

ストローク

浅いボールをアングルのコースに切り返すには、ラケットヘッドを立ててスライスで充分

浅いボールを追いかけて、少し余裕がある場面。

こういう時には、積極的に相手のコートの浅いアングルの場所、を狙って打っていきたいですよね。

でも、強引なスピンって、結構大変だしミスも多い。

こういう場面では、スライスのような打ち方でちょうど良いでしょう。

 

浅いボールをアングルのコースに切り返すには、ラケットヘッドを立ててスライスで充分

 

1.ラケットヘッドを立てて、ボールの横を触ってアングルのコースに

いざ、浅いボールを追いかけていくと・・・テニスって、気持ちが前に出てしまう。

「決めたい!」と思って、つい強打したくなるんですよね。

でも、ここはぐっとこらえて、グリップをスライスのグリップにしてラケットの先を上に向ける。

そうすると、自然にボールの横を触りやすくなるので、スライスでアングルのコースに切り返すことも出来るようになります。

これはもう、身体で反応して、「お約束」のようにプレー出来るようにしておきたい。

浅いボールを追いかけて、スライスのアングルで仕留める。

ダブルスでもシングルスでも、必要な技術です。

 

2.打つ方向を向く必要は、全くない

初心者の方でも、ポイントを押さえれば楽に打てます。

一番は、打つ方向を見ない、ことでしょうね。

テニスにおけるアングルショットって、自分が打つ方向を見るとほとんどが上手くいかない。

自分が打つボールのコースは、ボールを「どう触るか」によって決めていく、なので身体を向けなくても大丈夫なんです。

この感覚、はぜひ練習の中から養ってみて下さい。

浅いボールを追いかける、ような練習を普段から出来てますか?

試合の中で、結構多くあるシチュエーションだと思いますよ。

 

3.狙いは「センターストラップの上!」でちょうど良い

「でも、打つ方向を見ないで、どこを狙うのか・・・イメージ出来ない」という方も、多いでしょう。

そんな方は、まずセンターストラップの50cm上、を狙いましょう。

浅いボールを追いかけて、センターストラップの上を通せば結構良いアングルのコース、に飛んでくれる。

迷ったら、これで良いんです。

ネット上の真ん中の部分、を通すことを決めておけば、すごく楽ですよね。

もちろん、基本のコースなので読まれる可能性もありますが・・・そうなったら、ストレートに流せば良い。

まずは浅いボールをアングルに打つ、その為にはセンターストラップの上を通す、くらいの感覚でいきましょう!

 

浅いボールの処理の重要性、何度も書いてきましたので理解頂いているかと思います。

スライスでの処理、ネット際のプレーには絶対に必要です。

ラケットヘッドを立てること、ボールの横を触ること、それからセンターストラップ上を狙うこと。

これで試合でも、問題無くポイントが獲れるはずです!

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. ストローク

    テニスの試合でロブが使えないと、「アナタが打てるスペース」はどんどんせまくなっていく

    速いショットで相手を追い込んで、オープンスペースにバシッと決める。…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    「いつもは入っていたストロークが入らない!」のであれば、まずガットの状態からチェックしよう

    いつも通りに打つこと、がテニスでは本当に難しい。実際には風の影…

  3. テニス ロブ

    ストローク

    アナタの試合で使うロブは、もっと低い軌道で調整すれば試合で勝てる

    試合の中でロブを使う機会、どれくらいあるでしょうか?きっと、少…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスで「ライジングショット」を打ちたいなら身に付けるべき4つの基本

    昨年からの錦織選手の活躍、テニスファンならずともテレビに観入ってしまう…

  5. テニス スライス

    ストローク

    「スライス限定で試合をしないといけない」と考えると、テニスの幅がグッと拡がります

    スライスを覚えたいけど、どうしてもスピンに頼ってしまう。そんな…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドストロークの基本、テイクバックの状態の形をしっかり確認しよう

    自由に打てる分、なかなか定まらないのがフォアハンドストローク。…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. ストローク

    テニスの試合で、「チェンジオブペース、よく分からない…」という人は、攻撃できる場…
  2. テニス 準備

    ボレー

    「ドロップボレーの8割は、相手が打つ前に決めている!」技術的には出来るのに、試合…
  3. シングルス

    錦織選手が得意とする、フォアハンドのドロップショットからの展開を身に付けよう
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスペアとの話し合い」は、テニスの試合では難しく考えなくてOK!
  5. テニス リターン

    リターン

    リターンでバックハンド側のサイドのときには、身体を逃がしながらバックバンドリター…
PAGE TOP