テニス フットワーク

ストローク

ボレー対ストロークで浅いボールが取れないで2バウンドになるのは、「完全にストローク側の責任」です

テニスの試合、と練習ではどこが違うのか・・・。

それは、ラリーが途切れる、またはアウトすると即失点と得点になってしまうところ。

そんなの当たり前じゃないか、と思うかも知れませんが、普段のラリー練習の中でたった1球のポイントでも、大事に出来ていますか?

テニススクールでもサークルでも部活でも、あまりに2バウンドに無神経な人が多い、と私は思います。

 

ボレー対ストロークで浅いボールが取れないで2バウンドになるのは、「完全にストローク側の責任」です

 

■「ごめん、浅かったー!」と言っているボレーヤーって・・・

例えばボレー対ストロークの練習。

よくあるのが、当たり損ないでボレーが浅くなってストローク側が追いつけないケース。

試合だと、2バウンドすればノットアップ、で失点になる。

でもなぜか、ボレー側がストローク側の選手に謝っているようなケースが多い。

これって、よくある光景だと思いませんか?

 

■前が弱いストローカーは、絶対に試合で勝てない!

浅いボール、試合でもたくさん来ます。

むしろドロップショットを得意とする選手もいますし、浅いボールをさばけないとシングルスもダブルスも試合で勝つことは難しい。

なのに練習だと、「自分が打ちやすいボール」ばかり待ってしまって、2バウンドを気にしない。

何事も無かったかのようにラリーを再開する、人が多いのに、私は危機感を覚えるのです。

 

■浅いボールは「事前にケア」することで、必ず触れる

ボレーヤーのナイスドロップボレー、なら仕方ないでしょう。

ですが当たり損ないや、アナタ自身のボールがしっかり沈んでいてボレーが浅くなる、のであれば事前にケアが必要。

そもそも、深いボレーと浅いボレー、両方をしっかりケアするには・・・実はベースライン上、もしくは1歩前くらいでちょうど良い。

「深いボレー」が来たら、その場でボレーで返球しても良いし、後ろ足を1歩出してオープンスタンスでも良い。

自分なりに、前をケアしつつどうやって深いボレーに対応するのか・・・を考えてみて下さい。

 

ボレー対ストロークの練習、は一番テニスの実力が分かる。

確かに技術的な部分もそうなんですが、もっと大事なのはボールを追う意識の部分。

安易にミスをしてネット前にボールがすぐに溜まる・・・ようなチームも、まずいですよね。

まずい、という意識が無いのがまずい。

アナタのチームの練習は、どうですか・・・?

ピックアップ記事

  1. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. ストローク

    「鼻で吸って口で吐く」練習をすることで、テニスの試合でもスタミナが続く!?

    花粉症シーズン真っ盛りである。もう10年以上も花粉症が続いているけ…

  2. テニス メンタル

    ストローク

    「切れ味鋭いストローク」の基本は、20年前とは大きく変わっているという事実について

    テニスの基本、それは常に変化している。もちろん、変わり無い基本…

  3. テニス リターン

    ストローク

    ストロークのとき、「腕を止めてラケットが走る」打ち終わりを意識してみよう

    ストロークのスウィングスピード、しっかり上げて攻撃的にしていく。…

  4. テニス ボレー

    ストローク

    テニスの試合で、ゆっくりした遅いボールが苦手な人はコレが原因です

    試合の緊張感がある場面、いつもなら難なく入るボールが入らなくなる・・・…

  5. ストローク

    スライスで逃げる、のに限界を感じてないですか?

    「返していれば、自滅してくれる相手」これが実際多いのが、テニス…

  6. ストローク

    「スライスのストロークの返球が難しい・・・」人は、スピン系の返球と明確にココを変えてみましょう

    テニスは常に、対戦相手がいるスポーツ。であれば、どんな相手でも対応…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    メンタル

    セルフジャッジの試合では、相手を納得させる「演技」が必要な場面もある
  2. テニス トレーニング

    メンタル

    テニス界でも、「実力が無いのに知ったかぶりな人」は自分を苦しめるだけ
  3. テニス ストローク

    スマッシュ

    クロス方向へのスマッシュは、スライスサーブの延長で打てば大丈夫
  4. テニス メンタル

    メンタル

    もうすぐ試合が終わると思った瞬間に、アナタの思考は停止する
  5. テニス ミス

    その他

    テニスの試合に強くなる為に個性を無くす、のではなく、個性をカスタマイズしていくこ…
PAGE TOP