テニス フットワーク

ストローク

ボレー対ストロークで浅いボールが取れないで2バウンドになるのは、「完全にストローク側の責任」です

テニスの試合、と練習ではどこが違うのか・・・。

それは、ラリーが途切れる、またはアウトすると即失点と得点になってしまうところ。

そんなの当たり前じゃないか、と思うかも知れませんが、普段のラリー練習の中でたった1球のポイントでも、大事に出来ていますか?

テニススクールでもサークルでも部活でも、あまりに2バウンドに無神経な人が多い、と私は思います。

 

ボレー対ストロークで浅いボールが取れないで2バウンドになるのは、「完全にストローク側の責任」です

 


 

■「ごめん、浅かったー!」と言っているボレーヤーって・・・

例えばボレー対ストロークの練習。

よくあるのが、当たり損ないでボレーが浅くなってストローク側が追いつけないケース。

試合だと、2バウンドすればノットアップ、で失点になる。

でもなぜか、ボレー側がストローク側の選手に謝っているようなケースが多い。

これって、よくある光景だと思いませんか?

 

■前が弱いストローカーは、絶対に試合で勝てない!

浅いボール、試合でもたくさん来ます。

むしろドロップショットを得意とする選手もいますし、浅いボールをさばけないとシングルスもダブルスも試合で勝つことは難しい。

なのに練習だと、「自分が打ちやすいボール」ばかり待ってしまって、2バウンドを気にしない。

何事も無かったかのようにラリーを再開する、人が多いのに、私は危機感を覚えるのです。

 

■浅いボールは「事前にケア」することで、必ず触れる

ボレーヤーのナイスドロップボレー、なら仕方ないでしょう。

ですが当たり損ないや、アナタ自身のボールがしっかり沈んでいてボレーが浅くなる、のであれば事前にケアが必要。

そもそも、深いボレーと浅いボレー、両方をしっかりケアするには・・・実はベースライン上、もしくは1歩前くらいでちょうど良い。

「深いボレー」が来たら、その場でボレーで返球しても良いし、後ろ足を1歩出してオープンスタンスでも良い。

自分なりに、前をケアしつつどうやって深いボレーに対応するのか・・・を考えてみて下さい。

 

ボレー対ストロークの練習、は一番テニスの実力が分かる。

確かに技術的な部分もそうなんですが、もっと大事なのはボールを追う意識の部分。

安易にミスをしてネット前にボールがすぐに溜まる・・・ようなチームも、まずいですよね。

まずい、という意識が無いのがまずい。

アナタのチームの練習は、どうですか・・・?

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス ボレー
  2. テニス ボレー

    ストローク

    「踏み込む着地は、かかとから」安定したストロークを身に付ける!

    ボールを打つのはラケットだけど、パワーを生むのは足である。腕力…

  3. テニス リターン

    ストローク

    「打つコースがバレないように隠す」ことが、本気で求められている

    テニスが上手くなる、試合に強くなる。うえで、このステップは絶対…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    ボレーヤーをストロークで崩すなら、ラストは前しかない!

    ボレーヤー相手に、ストロークで崩していきたい。これは、特にダブ…

  5. テニス ボレー

    ストローク

    回転をたくさんかけるのが、良いショットだと思う?

    ストロークのボールの回転量、みなさんどうでしょうか?多いと思う…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    バウンド地点を瞬時に判断、出来るようにトレーニングしましょう

    ストロークの基本、だけどあまり意識されていない部分。それは、「…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルフォルトで必要以上に落ち込まない為に、「1ゲームに1回はOK」くらいのルー…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    15-40からデュースにもっていく、その力があるか?
  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    厳しくて続かないトレーニングは、身体も心も消耗するだけ
  4. テニス 試合

    メンタル

    試合に出る勇気がある人は、他人からの評価を受け入れることが出来る
  5. ストローク

    なぜ、ドロップショットが上手い選手が少ないのか?
PAGE TOP