テニス ストローク

ロブ

「浅いボールをギリギリキャッチ・・・」からのストレートロブは、テニスの試合で必ずアナタの助けになる!

シングルスでもダブルスでも、試合に強い人には共通する特徴があります

一つピックアップすると、テニスの試合では、練習と違い前後に動くケースが圧倒的に多い。

この浅いボールの処理が、実力差とスコアの差になって現れます。

浅いボールを打ち込んで決める、という技術も必要ですが、一般やベテランプレイヤーに必要なのは、上の空間を上手く使う意識です。

 

「浅いボールをギリギリキャッチ・・・」からのストレートロブは、テニスの試合で必ずアナタの助けになる!

 


 

1.「浅いボール」の処理で、特にロブが有効なのはなぜか

残念ながら、テニスを長く続けていれば体力の衰えを感じずにはいられません。

体力と言うとスタミナ、をイメージしがちですが、テニスの試合では前方向へのダッシュ力が求められます。

このダッシュ力は、どんな選手も衰えていくのが自然。

だからこそ、浅いボールはギリギリでキャッチする機会も増えるので、相手もその返球を狙いにネットへ近づく。

そこから相手を回避するストレートロブは必要なのです。

 

2.「アングルショットと組み合わせる」ことで、相手にプレッシャーを与える

それでも、毎回浅いボールをロブで処理していては、相手も警戒してスマッシュの意識が強くなります。

意識して少し下がってみたり、ネットから離れてくれればしめたもの。

そうすると、当然アングルのコースが空くことが予想されます。

ネットから相手が離れてくれれば、それだけでプレッシャーも減りますので、遠慮なく攻撃していきましょう!

ラケット面をギリギリまでどちらにでも向けられるよう、準備して前にダッシュする癖を身につけておくことが大切です。

 

3.「若いプレイヤー」には、この手の発想が無いプレイヤーが多い

インターハイ会場でも観ていて感じましたが、ロブ=遅い=かっこ悪い、というイメージが20代までのテニスプレイヤーにはあるのかも知れません。

私も、思い当たる節があります・・・本当に、あの頃は若かった・・・。

とにかくスピードボールでエースを取りたい彼らは、浅いボールも無理して厚いグリップでスピンをかけたり、スライスにしても深くアプローチしようとしてアウトしてしまうといったケースが多くあります。

そう、若手選手と対戦したときには、試しに浅いボールを打ってネットに詰めてみるのも良い作戦です。

ロブが使えない、発想が無い選手もいますので、もしかすると効果的な打開策になるかも知れません。

 

テニスの試合は、一進一退。

攻める方と守る方、目まぐるしく攻守が入れ替わるスポーツです。

今回のテーマである浅いボールも、チャンスかピンチかはまさに紙一重。

だからこそ冷静に相手の状況、自分のスキルを見極めて最適な選択をして、ピンチな状況であればまずはイーブンに戻さないといけません。

この調整こそ、テニスの試合で一番重要な部分の一つ。

練習からしっかり意識して、浅いボールの処理の自分のテニスのオプションを増やしておきましょう。

ピックアップ記事

  1. 「第2回 読者ミーティング」を開催します
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. テニス ボレー

    ロブ

    強そうな相手ほど、実はロブが効く

    見るからに強そう、体格も良い。そんな相手が対戦相手になると、ち…

  2. テニス ボレー

    ロブ

    試合でロブを使えない人は、打つタイミングがおかしい

    ロブの重要性、何度も書いてきましたが・・・なかなか試合で使えない。…

  3. テニス ストローク

    ロブ

    「スライスロブとトップスピンロブ」は、両方使えてこそ威力を発揮する

    ロブを上げる時はどんな球種を使っている?トップスピン?…

  4. テニス ダブルス

    ロブ

    一見スマッシュを打てそうなロブ、こそダブルスでは最高に使えるロブ

    試合で使える、良い攻撃ってどんなイメージでしょうか。ダブルスの…

  5. テニス ストローク

    ロブ

    テニスの試合で使えるショット、「ロブはスライス?トップスピン?」について考えてみる

    ロブを上げる時、トップスピンとスライス、どっち使うことが多いかと言うと…

  6. テニス ストローク

    ロブ

    テニスの試合で、「ロブで逃げる」という発想を卒業しよう

    試合に慣れて来ると、「ロブ」を皆さん意識して使うようになりますね。…

特集記事

  1. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合では、後ろが見えない前衛に対して「上げる!」の一声は必須
  2. テニス シングルス

    シングルス

    アナタのシングルスの試合を勝利に導く、30のポイント
  3. メンタル

    「テニスの試合が怖い、やりたくない・・・」症候群に陥ってしまった方へ送るメッセー…
  4. サーブ

    サーブ&ボレー、良いサーブの時こそ集中力キープが大事
  5. テニス ボレー

    ダブルス

    前衛は、常に相手に「うざがられる存在」であり続けないと
PAGE TOP