テニス ロブ

リターン

強烈なサーブも無効化に出来る、「ブロックリターン」はしっかり身体を寄せて打とう

相手サーブが強力で、自分のサーブが入らない。

そこで策が無いと、そのまま試合は終わってしまいます。

アナタ自身が1回ブレイクされたら、そこで終わり。

そうじゃない、試合を動かしていくのに必要なのは「ブロックリターン」です。

 

強烈なサーブも無効化に出来る、「ブロックリターン」はしっかり身体を寄せて打とう

 

1.速いサーブに怯えていては、上のレベルで戦えない

まずもって、この意識が大事です。

試合に勝って上のレベルでの試合を望むなら、アナタ自身「速いサーブ」に対抗する術を身に付けないといけない。

怯えている心、では勝負になりません。

まずは、速いサーブを恐れない気持ち、しっかりと踏み込んで近付いていくという意志、が大事です。

 

2.身体を寄せれば、自然にコンパクトなリターンになる

「リターンは、振らない」と、何度も教わった方多いと思います。

でも、つい力が入ってしまう、力に力で対抗してしまう人は、しっかり前に入ってサーブに身体を寄せましょう。

そして、グリップはボレーのグリップで、まさにボレーするようにラケットを合わせる。

細かい技術は抜きにして、これがブロックリターンの基本です。

バックハンドだけでなく、フォアハンドでもそう。

とにかくサーブが返らない、厳しいときにはフォアハンドでもブロックリターン、に変えていかないとダメ。

それくらい思い切って初めて、相手は警戒したり意識してくれたりするのですから。

 

3.ブロックリターンは、なぜ効果的なのか?

それは、もちろん「まず返球する」ことで何かが起きるから。

と同時に、相手が必死で返球しようとする意志が見える、ことがサーバーとしては嫌なんですよ。

粘ってリターンを返す、その後のボールを打たせることがまず大事。

試合の中でリズムが変わってきますからね、結果的に決められて失点、でも良い。

身体をしっかり寄せて、サーブを恐れずにブロックしていくこと。

全てはそこから始まるのです。

 

ブロックリターン、まずはしっかり前に入りましょう。

身体を寄せて、ラケットを少し高めに準備する。

あとはボールを見る、速いサーブでもしっかり見ること。

そうすれば、コートには絶対に入るはず。

試合では、この返球一つで流れが大きく変わっていくはずです。

ピックアップ記事

  1. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. テニス リターン

    リターン

    ダブルスの試合で有効な「ドロップショット気味のリターン」は、置きにいくとネットを越えないので注意

    リターンからのドロップショット、とまでいかなくても浅めにリターン出来る…

  2. テニス メンタル

    リターン

    「この一つの技術で勝てる試合が必ず増える」テニスでアドサイドからの逆クロスリターンをお勧めする理由5…

    試合に勝てるようになるには、もちろん小さなステップアップの積み重ねが重…

  3. テニス 練習

    リターン

    女性の速いサーブ、試合では要注意な件

    試合の中で、返球し辛いボール。それって、こういうサーブじゃない…

  4. テニス リターン

    リターン

    「左利きのサーブが苦手…」な人に贈る、すぐできるリターン意識改革術

    「左利きのサーブにやられた!」そんな経験、ありませんか?でも後…

  5. テニス ストローク

    リターン

    リターンのポジション、シングルスとダブルスで違う?

    テニスの試合は、シングルスかダブルス。色々やることは変わって来…

  6. テニス メンタル

    リターン

    ボディへの速いサーブは、「脇を締めてラケット面を被せる」ことで返球出来る

    ボディへのサーブ、きっと最近増えています。こう感じるのは、男子…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に勝ち続ける人が実践している、「当たり前だけど難しい習慣」4つ
  2. テニス メンタル

    その他

    「こんな人、ちょっと嫌・・・」と思ってしまう、テニス選手5つの特徴
  3. ボレー

    ブロックボレー、そして攻撃するボレー!
  4. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合経験を積むには、「自分から動いてネットワークを作る」ことが大事です
  5. テニス ストローク

    メンタル

    シード選手との対戦は、「的当て大作戦」でノンプレッシャー!
PAGE TOP