テニス ロブ

リターン

強烈なサーブも無効化に出来る、「ブロックリターン」はしっかり身体を寄せて打とう

相手サーブが強力で、自分のサーブが入らない。

そこで策が無いと、そのまま試合は終わってしまいます。

アナタ自身が1回ブレイクされたら、そこで終わり。

そうじゃない、試合を動かしていくのに必要なのは「ブロックリターン」です。

 

強烈なサーブも無効化に出来る、「ブロックリターン」はしっかり身体を寄せて打とう

 

1.速いサーブに怯えていては、上のレベルで戦えない

まずもって、この意識が大事です。

試合に勝って上のレベルでの試合を望むなら、アナタ自身「速いサーブ」に対抗する術を身に付けないといけない。

怯えている心、では勝負になりません。

まずは、速いサーブを恐れない気持ち、しっかりと踏み込んで近付いていくという意志、が大事です。

 

2.身体を寄せれば、自然にコンパクトなリターンになる

「リターンは、振らない」と、何度も教わった方多いと思います。

でも、つい力が入ってしまう、力に力で対抗してしまう人は、しっかり前に入ってサーブに身体を寄せましょう。

そして、グリップはボレーのグリップで、まさにボレーするようにラケットを合わせる。

細かい技術は抜きにして、これがブロックリターンの基本です。

バックハンドだけでなく、フォアハンドでもそう。

とにかくサーブが返らない、厳しいときにはフォアハンドでもブロックリターン、に変えていかないとダメ。

それくらい思い切って初めて、相手は警戒したり意識してくれたりするのですから。

 

3.ブロックリターンは、なぜ効果的なのか?

それは、もちろん「まず返球する」ことで何かが起きるから。

と同時に、相手が必死で返球しようとする意志が見える、ことがサーバーとしては嫌なんですよ。

粘ってリターンを返す、その後のボールを打たせることがまず大事。

試合の中でリズムが変わってきますからね、結果的に決められて失点、でも良い。

身体をしっかり寄せて、サーブを恐れずにブロックしていくこと。

全てはそこから始まるのです。

 

ブロックリターン、まずはしっかり前に入りましょう。

身体を寄せて、ラケットを少し高めに準備する。

あとはボールを見る、速いサーブでもしっかり見ること。

そうすれば、コートには絶対に入るはず。

試合では、この返球一つで流れが大きく変わっていくはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    リターンのポジションは、あと1メートル前で試合向きに変えていこう!

    リターンミスの、一番の要因。私は、一般や学生さんのレベルだと「…

  2. テニス リターン

    リターン

    「上級者限定!」ダブルスの試合でリターンするのときに、前衛を足止めする裏ワザ

    今回は、私が実際にトッププロとして活躍する選手に聞いた、ダブルスリター…

  3. テニス ストローク

    リターン

    「ダブルスでリターンのサイドはどうやって決める?」参考にしたいテニスの試合巧者の考え方

    皆さんは、ダブルスで得意なサイドはありますか?組むペアによって…

  4. テニス リターン

    リターン

    ポイントを50-50でスタートする、ことをリターンの合格点に設定してみよう

    相手のサーブが強力で、なかなかリターンからの展開がイメージ出来ない。…

  5. テニス ストローク

    リターン

    逆クロス方向へのリターン、を磨けば試合で強くなる

    特に、ダブルスの試合で勝ちたい、と頑張っているみなさんへ。リタ…

  6. リターン

    ストロークは得意なのに「リターンが苦手・・・」な人は、発想を変えてみると劇的に安定するかも知れません…

    ストロークはすごく伸び伸び打っているのに、リターンになると急にミスが増…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    お尻を突き出すようなリターンの構えは、なぜどの選手も同じなんだろう?
  2. テニス メンタル

    ストローク

    「肘は伸ばし過ぎず曲げ過ぎず・・・」肩支点のスライスをテニスの試合で使っていこう…
  3. テニス ストローク

    リターン

    ダブルスのストレートアタックを成功させたいなら、リターンのポジションを1m前に設…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で、「サーブのコースがバレてしまう!」ときは、大抵がトスアップの位置…
  5. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスで自分のリターンが浮いてしまう人は、「低い目線をキープする」ことを意識す…
PAGE TOP