テニス リターン

リターン

厳しいコースを突いたサーブが得意な相手には、「踏み込んでスライスのブロックリターン」を準備しておく

テニスのトーナメントでは、必ずビッグサーブを得意にしている選手がいる。

プロ選手でも、一般でも学生の大会でも、一定数いるのが不思議ですよね。

当たりだしたら止まらない、そんな試合がアナタの試合になってしまうかも知れない。

速いだけでなく厳しいコースも突いてくる、しかもそのサーブが入っているときにはまず、返球することをしっかり考えたい。

そう、あえて前に踏み込んでコースを切って、スライスでブロック・・・の技術は必要です。

 

厳しいコースを突いたサーブが得意な相手には、「踏み込んでスライスのブロックリターン」を準備しておく

 

■厳しいサーブは、後ろに下がっても逆効果

サーブが返球できない・・・と思って後ろに下がる。

これは少し危険な発想です。

後ろに下がれば相手は勢いに乗って来ますし、実際にスライスサーブはどんどん変化して取り辛くなる。

むしろしっかり、前に入ってバウンド地点に近付いてコースを消す。

その際にはボレーのグリップにして、スライスでのブロックリターンが基本になります。

 

■顔とラケットを近い位置に、膝を柔らかく使う

顔とラケットの位置を近く、少し低い態勢を作りましょう。

サーブが早いと顔を近づけるのも勇気がいりますが、しっかり見ることが出来れば顔面に当たることはありません。

出来るだけボールの「横」を捉えて、打ったと同時にラケットを止める、くらいの意識が必要です。

ボールの横をスライスで捉えることが出来れば、しっかり抑えの効いた良いスライスが打てるでしょう!

 

■慣れてきたら、そのままリターンダッシュをやってみよう!

サーブに自信がある選手は、リターンから攻撃されることに慣れていない。

自分がサーブから展開していくイメージを持っている選手は多いのですが、相手の攻撃には怖気付いてしまう場面も多いので、隙がある。

だからこそ、スライスのブロックリターンからそのまま前へ。

グリップチェンジも必要無いので、思ったより簡単に連携できるはずです。

 

サーブが強力な相手は、崩し方があります。

まずはファーストサーブをしっかりコートに返す。

そしてセカンドサーブは攻撃的にいく。

絶対に相手のサーブを、恐れている、という風に映らないように意識してみて下さい。

表情一つでも、大事ですよ。

試合の中で、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. テニス リターン

    リターン

    リターンミスが多い人は、軸足から踏み込んで体重を乗せることだけ意識しよう

    リターンが安定しない人は、フットワークがちょっとおかしい。普通…

  2. リターン

    ノーアドバンテージ形式なら、30-40になった段階でリターンサイドを決めておこう

    ダブルスの試合、リターンのサイド。ノーアドバンテージ形式だと、…

  3. テニス リターン

    リターン

    ダブルスの試合は、前に踏み込んでリターンするから最高のポーチ予防になる!

    ダブルスの試合、いかにポーチに出るのが大事か・・・を、何度か書いてきま…

  4. テニス ストローク

    リターン

    ダブルスの試合で踏み込んだリターンの後は、必ずポジショニングをハッキリさせよう!

    ダブルスの試合、に限らず・・・ですが、踏み込んだリターン、必要ですよね…

  5. テニス 技術

    リターン

    ダブルスでリターンをポーチボレーされることは、悪いことでも何でもない

    ダブルスの試合、自分のリターンが相手前衛につかまる。これくらい…

  6. テニス メンタル

    リターン

    ダブルスのリターンをストレートに打つ、ときこそ身体の開きを抑えよう

    リターンのとき、どんなときにミスが増えるのか・・・といえば、やはり身体…

特集記事

  1. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合では、「いかにも」というタイミングでネットに出ても、当然のごとく…
  2. テニス 練習

    その他

    「新しい自分のテニスを作りたい!」という人は、テニスコート以外でもどんどん新しい…
  3. テニス 準備

    ボレー

    テニスの試合、「ネットに詰めれば詰める」ほど、上半身はリラックスしていこう
  4. テニス ボレー

    ボレー

    相手ストロークを追い込める「深いボレー」に必要な4つの要素
  5. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合に負けたからといって、「苦労や悲しみのシェア祭り」になっている人は本…
PAGE TOP