テニス リターン

リターン

厳しいコースを突いたサーブが得意な相手には、「踏み込んでスライスのブロックリターン」を準備しておく

テニスのトーナメントでは、必ずビッグサーブを得意にしている選手がいる。

プロ選手でも、一般でも学生の大会でも、一定数いるのが不思議ですよね。

当たりだしたら止まらない、そんな試合がアナタの試合になってしまうかも知れない。

速いだけでなく厳しいコースも突いてくる、しかもそのサーブが入っているときにはまず、返球することをしっかり考えたい。

そう、あえて前に踏み込んでコースを切って、スライスでブロック・・・の技術は必要です。

 

厳しいコースを突いたサーブが得意な相手には、「踏み込んでスライスのブロックリターン」を準備しておく

 


 

■厳しいサーブは、後ろに下がっても逆効果

サーブが返球できない・・・と思って後ろに下がる。

これは少し危険な発想です。

後ろに下がれば相手は勢いに乗って来ますし、実際にスライスサーブはどんどん変化して取り辛くなる。

むしろしっかり、前に入ってバウンド地点に近付いてコースを消す。

その際にはボレーのグリップにして、スライスでのブロックリターンが基本になります。

 

■顔とラケットを近い位置に、膝を柔らかく使う

顔とラケットの位置を近く、少し低い態勢を作りましょう。

サーブが早いと顔を近づけるのも勇気がいりますが、しっかり見ることが出来れば顔面に当たることはありません。

出来るだけボールの「横」を捉えて、打ったと同時にラケットを止める、くらいの意識が必要です。

ボールの横をスライスで捉えることが出来れば、しっかり抑えの効いた良いスライスが打てるでしょう!

 

■慣れてきたら、そのままリターンダッシュをやってみよう!

サーブに自信がある選手は、リターンから攻撃されることに慣れていない。

自分がサーブから展開していくイメージを持っている選手は多いのですが、相手の攻撃には怖気付いてしまう場面も多いので、隙がある。

だからこそ、スライスのブロックリターンからそのまま前へ。

グリップチェンジも必要無いので、思ったより簡単に連携できるはずです。

 

サーブが強力な相手は、崩し方があります。

まずはファーストサーブをしっかりコートに返す。

そしてセカンドサーブは攻撃的にいく。

絶対に相手のサーブを、恐れている、という風に映らないように意識してみて下さい。

表情一つでも、大事ですよ。

試合の中で、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. テニス リターン

    リターン

    ブロックリターンがシングルスの試合で有効な理由5つ

    シングルスの試合で、リターンに悩んでいる人は意外と多い。それは…

  3. リターン

    リターンダッシュで意識したい、ボールへの力の伝え方

    試合で有効なリターンダッシュ。特に相手のセカンドサーブは、しっ…

  4. テニス ストローク

    リターン

    逆クロス方向へのリターン、を磨けば試合で強くなる

    特に、ダブルスの試合で勝ちたい、と頑張っているみなさんへ。リタ…

  5. テニス ストローク

    リターン

    相手がダブルフォルトした後には、「入れにくるファーストサーブ」を遠慮なく叩きにいこう!

    今回紹介する作戦は、シンプルだけどとても効果的な作戦。相手がダ…

  6. リターン

    ストロークは得意なのに「リターンが苦手・・・」な人は、発想を変えてみると劇的に安定するかも知れません…

    ストロークはすごく伸び伸び打っているのに、リターンになると急にミスが増…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス フットワーク

    ロブ

    低く速いロブを、クロスに打てば試合で有効
  2. テニス 気付き

    練習メニュー

    振り回し練習では、「相手が頑張って触れる場所」を狙う癖を付けよう
  3. 戦術

    その他

    「テニスの醍醐味は、やっぱり団体戦!」大規模な団体戦を、改めてまとめました
  4. テニス ボレー

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合、まず「男性が動く」から入っていこう
  5. テニス 準備

    戦術

    テニスの試合で相手にやられること、失点することは、悪いことじゃない
PAGE TOP