テニス ダブルス

シングルス

テニスのシングルスの試合では、「これでもか」という粘りを見せて初めて、相手は崩れていく

粘り強い相手に、シングルスで負けてしまう。

皆さんも何度か、経験あると思います。

対戦相手は、何を意識しているのか。

それはきっと、「粘りを見せつける」ことだと思うんですよね。

 

テニスのシングルスの試合では、「これでもか」という粘りを見せて初めて、相手は崩れていく

 

1.「粘り」は相手に見せ付けてこそ、プレッシャーを与える

粘り強い選手は、その強さをよく知っている。

そして粘るだけじゃ試合に勝てない、ことも知っている。

いかに相手に粘りを見せつけて、崩していくのか・・・まで、しっかり考えているから強い。

そう、「これでもか」というくらい粘りを見せ付けて来る。

だから相手もプレッシャーに感じるし、ミスが増える。

粘りって、ポイントを獲ることよりもその前に、相手に見せ付けてプレッシャーを与える、ことで強さ発揮する、ものですからね。

 

2.「これでもか」という粘りって、どれくらい?

私が考えるに、「もう終わった・・・」というボールを、3回返球する。

その3回返球出来れば、相手も心が折れる。

これでもか、という粘りって、結構大変。

ですが、そのプレー1つで、試合の流れは大きく変わります。

何もしなくても、自然に相手が崩れてくれる。

粘り勝ちって、こういうことです。

 

3.試合の最初から最後まで、ずっと粘るなんてありえない

よく、シコラーは無尽蔵の体力があって、試合の最初から最後まで走りまわる・・・というイメージを持っている人がいますよね。

それは、ちょっと違う。

少なくとも、強いシコラーには当てはまりません。

粘り強い選手は、本当にここぞというポイントで「これでもか」という粘りを見せる。

後は、相手が崩れていくのをサポートする。

皆さんも・・・身に覚えがないですか?

粘りを見せ付けられて、そこから崩れていく試合意外と多いはずです。

 

試合を決める1ポイントって、こういうポイント。

際どいポイントを粘り勝った選手が、そのまま流れ良く勝っていく。

皆さんも、シングルスの試合で「見せ付ける粘り」は意識したい。

3回、フィニッシュショットを触る、なんとか返す。

そこから何かが、起きるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…

関連記事

  1. テニス フットワーク

    シングルス

    足が速い対戦相手には、走らせるショットを打った後が要注意

    しっかり打って相手を走らせても、油断は禁物。足が速い、走り慣れ…

  2. シングルス

    深いコース、の後に同じコースに浅く!

    シングルスの試合で、使える攻撃パターン。錦織選手も、この形でよ…

  3. テニス サーブ

    シングルス

    「シングルスでのサーブ&ボレー」は、戦略的に使えば試合を優位に進められる!

    自分はストローク主体のプレースタイルだし、サーブもそんなに強くないから…

  4. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「自分の得意なパターンで攻撃していく」ために大切な4つの準備

    シングルスの試合は、自由にプレー出来る分、想像力が求められます。…

  5. シングルス

    シングルスの試合で「相手を後ろに下げるストローク」が打てたときには、迷わず前に詰めていこう!

    シングルスの試合で、有効にネットプレーを入れていくには基本が大事。…

  6. テニス フットワーク

    シングルス

    レベルの高いシングルスの試合では試してみたい、「ドロップボレー誘導作戦」とは?

    ネットに出て行ってドロップボレーをよく使う。どういう時にドロッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    サーブだけは相手に左右されない、本当にそうですか?
  2. テニス スライス

    戦術

    準備とは守りではなく、武装である
  3. テニス メンタル

    メンタル

    勝ちたいという想いが周りに伝わらない選手は、最期まで勝てない選手で終わる
  4. テニス ストローク

    ストローク

    攻めのスライスと守備のスライス、はココを変えてメリハリを付けていこう
  5. テニス 準備

    その他

    テニスの試合中にボールがとなりのコートに入っても、慌てて取りに入ってはいけない
PAGE TOP