テニス ストローク

ストローク

前後でストロークに同じ軌道で強弱をつけられると、試合慣れしていない対戦相手は必ず戸惑います

相手からポイントを奪えるのは、速くてライン際のボールだけ?

もちろん、そういったショットも必要でしょう。

ですが、もっと簡単にポイントが獲れる裏ワザ、があることを覚えておいて欲しい。

アナタ自身、もしかしたら知らないうちに「自分のミス」で片付けてしまって、相手の術中にはまってしまっているかも知れませんよ。

 

前後でストロークに同じ軌道で強弱をつけられると、試合慣れしていない対戦相手は必ず戸惑います

 

1.同じ軌道で、遅い球と速い球を使い分けられると、試合では強い

イメージしてみて下さい。

同じ軌道で、実は遅い、みたいなボールって、すごく嫌じゃないですか。

特にアナタがネットプレー、前にいるときに、「ボレーだ!」と思って突っ込んでもなかなかボールが飛んで来ない。

実は回転量が多く、球速が遅いボールに身体が泳いでしまう・・・経験、ありますよね?

これは、練習すれば意図的に作り出すことが出来る、のです。

 

2.同じスウィングで、速度を落とすストローク、打てますか?

私はいつも、回転量で速度を調整している。

同じスウィング、スウィングスピードなんだけど、実はグリップと打点が少しだけ違う。

これだけで、ストロークの速度を微妙にコントロールすることが出来るのです。

きっと、今のアナタのストロークでもやろうと思えば出来るはず。

テーマは、「ボレーヤーを、泳がせよう」です。

 

3.遅いボールで相手からポイントが獲れれば、試合は楽

前衛相手に、速いショットの後に遅いボールを混ぜる。

アナタが思っている以上に、実はすごく効果的な攻撃になるのです。

特に女性のバックボレー、はなかなか応用が効かないショットでもあるので有効でしょう。

同じようなショット、に見せる演技力も大事。

演技力は、技術。

速いように見せて、実はボールは遅い。

こういうショットで相手からミスを誘えると、試合ってすごく楽になるんです。

 

普段の練習から、相手との呼吸を測りましょう。

相手が、どういうリズムで待っているのか、を感じれるようにする。

速いボールを待っているのに速いショット、を打っても・・・試合では勝てないですよね。

それを覚えておくだけで、試合巧者への近道になるはず。

相手を少しおちょくるくらいの意識、テニスでは大事ですよ。

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. ストローク

    いつまでも1,2,3のリズムだと、初中級者のままですよ

    ストロークの基本、リズムの取り方。きっと、みなさんも最初はこの…

  2. ストローク

    テニスの試合で、「アプローチから前、じゃなくて下がってしまう・・・」人は、守備範囲の概念を変えましょ…

    シングルスの試合では、相手がドロップショットを打って来ることが十分考え…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃にも守備にも適した、「セミオープンスタンス」でストローク戦で勝負していく為には?

    現代テニスでは、オープンスタンスが主流になりつつあります。錦織…

  4. テニス スマッシュ

    ストローク

    テニスの上達の鍵は、「小指」の使い方に有り

    ストローク、ボレー、サーブにスマッシュ・・・。皆さんは、ラケッ…

  5. ストローク

    「早い準備とはこういうこと」しっかり貯めの効いたストロークを試合で打つには・・・?

    ストロークの基本はライジングショットである。相手のレベルが上がれば…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    速い展開でバックハンドストロークを打たされると弱い、という悩みはどうすれば解消出来る?

    皆さんから頂くお悩みで、最も多い部類に入るのがこの問題。バック…

特集記事

  1. ストローク

    「スライスは伸びが命」テニスの試合で使える抑えの効いたスライスを覚えよう
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    草トー女子ダブルス大会の壁、「デッドゾーンの魔術師」への対抗策とは?
  3. ボレー

    低い態勢でポーチに出る、だけで生み出せる5つのメリット
  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合でネットに出るアプローチショットは、打った後のポジショニングが大…
  5. テニス ラケット

    ストローク

    ストロークでラケットを振り切るコツは、「ラケットを振り切ろう」とは思わないこと
PAGE TOP