テニス ストローク

ストローク

前後でストロークに同じ軌道で強弱をつけられると、試合慣れしていない対戦相手は必ず戸惑います

相手からポイントを奪えるのは、速くてライン際のボールだけ?

もちろん、そういったショットも必要でしょう。

ですが、もっと簡単にポイントが獲れる裏ワザ、があることを覚えておいて欲しい。

アナタ自身、もしかしたら知らないうちに「自分のミス」で片付けてしまって、相手の術中にはまってしまっているかも知れませんよ。

 

前後でストロークに同じ軌道で強弱をつけられると、試合慣れしていない対戦相手は必ず戸惑います

 

1.同じ軌道で、遅い球と速い球を使い分けられると、試合では強い

イメージしてみて下さい。

同じ軌道で、実は遅い、みたいなボールって、すごく嫌じゃないですか。

特にアナタがネットプレー、前にいるときに、「ボレーだ!」と思って突っ込んでもなかなかボールが飛んで来ない。

実は回転量が多く、球速が遅いボールに身体が泳いでしまう・・・経験、ありますよね?

これは、練習すれば意図的に作り出すことが出来る、のです。

 

2.同じスウィングで、速度を落とすストローク、打てますか?

私はいつも、回転量で速度を調整している。

同じスウィング、スウィングスピードなんだけど、実はグリップと打点が少しだけ違う。

これだけで、ストロークの速度を微妙にコントロールすることが出来るのです。

きっと、今のアナタのストロークでもやろうと思えば出来るはず。

テーマは、「ボレーヤーを、泳がせよう」です。

 

3.遅いボールで相手からポイントが獲れれば、試合は楽

前衛相手に、速いショットの後に遅いボールを混ぜる。

アナタが思っている以上に、実はすごく効果的な攻撃になるのです。

特に女性のバックボレー、はなかなか応用が効かないショットでもあるので有効でしょう。

同じようなショット、に見せる演技力も大事。

演技力は、技術。

速いように見せて、実はボールは遅い。

こういうショットで相手からミスを誘えると、試合ってすごく楽になるんです。

 

普段の練習から、相手との呼吸を測りましょう。

相手が、どういうリズムで待っているのか、を感じれるようにする。

速いボールを待っているのに速いショット、を打っても・・・試合では勝てないですよね。

それを覚えておくだけで、試合巧者への近道になるはず。

相手を少しおちょくるくらいの意識、テニスでは大事ですよ。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス シングルス

    ストローク

    ストロークを振り切れない人は、「どこかスウィングの途中で調整」しようとしている人が多い

    社会人からテニスを始めた人、に多いのがこの傾向。安定したストロ…

  2. ストローク

    ストロークを沈めようとしてネットしてしまう人は、今一度相手のポジションをよく見て判断しよう

    ストロークに自信がある人、ほどはまりやすい落とし穴がある。そう、ネ…

  3. ストローク

    実際の試合のパッシングショットは、「ネットプレイヤーへの対抗策の一つ」です

    ネットに出てきた相手、または前衛の選手の横を速いストロークで抜いていく…

  4. テニス 練習

    ストローク

    「壁打ちでストロークを磨く」テニス独特の練習法を有効にする4つのコツ

    「壁打ち」と言えば、テニス独特の個人練習方法。一度は皆さんもや…

  5. ストローク

    女性にお勧め!トップスピンロブは「両手バックハンドならコンパクトに」打ちやすい理由とは?

    現代テニスでは、ラケットの進化によりストロークの技術がどんどん進歩して…

  6. テニス メンタル

    ストローク

    「錦織選手の強さ」を紐解く、一般テニスプレイヤーも参考になる試合でのストローク術

    テニスメディア・雑誌は今、どこを見ても錦織選手一色。その技術も…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに詰める勇気を持った人だけが、本物のアングルボレーが打てる
  2. テニス ストローク

    その他

    そもそもテニスではなぜ、「自分の思い通りに打つ」のが難しいかを考えると・・・?
  3. テニス サーブ

    サーブ

    サーブの伸びが足りないと感じている人は、とにかく空に目線を残すことを意識しよう
  4. テニス ボレー

    シングルス

    負けないシングルスプレイヤーになる為に、テニスで身に付けておきたい4つの技術
  5. サーブ

    テニスのおけるサーブの基本は、「前足は動かさない」からフットフォルトを防げること…
PAGE TOP