メンタル

  1. 負荷は自ら、かけるもの

    そろそろ、テニスが出来る。そう感じてワクワクしている方も、多いんじゃないでしょうか。もちろん、私自身もその1人です。とにかく今は、練習…

  2. 「緩く募集」しても、集まらないし残らない

    すっかり、オンラインでの飲み会や会議が当たり前になってきましたね。テニス界隈でも、たくさんの方がやってらっしゃいますし、私も有難いことにお誘い頂ける機…

  3. 強くなる勇気

    今まで、どういう人が自分の周りで強くなってきたのか。私自身、自分の周りや見てきた選手、審判台からの感覚、色々思い出してみました。選手のみなさん…

  4. 何が好きなのか?より、何をしてきたのか?

    毎日、家で過ごす…。恐らく、読者のみなさんはこれが難しいと感じている方が多いはずです。何せ、時間を作ってはテニスコートへ行かれる方がほとんどで…

  5. 褒められて伸びる、それは一時凌ぎに過ぎない

    今、時間があるので自分のYouTubeの動画を見直しています。撮影したけど、お蔵入りになったモノ。あまりに厳しい指導、指摘があったので、配信し…

  6. 緊張した場面ほど、ポジションを動かす

    私が以前に、試合で意識していたことを改めて書いてみたいと思います。試合は、どんなに準備しても緊張します。相手からのプレッシャー、勝利へのプレッ…

  7. テニス メンタル

    周りに同調を求めても、良いことは無い

    最近、私自身が感じること。T-PRESSの活動も早5年以上になりますが、これをすごく大事にしています。もちろん、多くの人から賛同は得たいし、評…

  8. テニス ダブルス

    自分が我慢して保たれる世界は、きっと幻想

    テニスは、一人では出来ない。相手と打ち合い、切磋琢磨し、成長していける自分を楽しめるかどうか。そう、この「成長を楽しむ」ということが出来れば、…

  9. 勝てる人の、振る舞い方の特徴

    試合に勝てる人、結果を出している人。こういう人を見て、何を感じるのか。私自身は、大会のレフェリー等で多くの「勝てる選手」を見て来て、たくさん感…

  10. ポイントを切り出しても意味が無い、その根本が大事

    試合形式で、ポイントが終わるとコーチがアドバイス。こういう光景を、みなさんも見た経験、実際に受けた経験があると思います。テニススクールやプライ…

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「自分の負けパターン」を知っていると、0-4からでも挽回できる…
  2. ボレー

    叩くふりしてドロップ、が試合で最高に使えるボレー
  3. テニス ミス

    その他

    小さな一つ一つのミスを真摯にとらえることが出来なければ、どんな練習をしてもテニス…
  4. 戦術

    4ポイントのシナリオ、を意識してみよう
  5. テニス 調子

    テニススクール

    「テニススクールに通いながら、試合に強くなる」為に必要な10の心得
PAGE TOP