メンタル

  1. テニス センス

    馬鹿にされた、刺激をもらったの違い

    普段生活していると、もう嫌というほど情報が入って来ますよね。ニュースもそうですし、身の回りの噂話もそう。自分について何か言われることもあれば、…

  2. 綺麗に決めている相手、本当は…?

    テニスの試合を観ていると、綺麗に決まるポイントも多い。プロ選手の試合では、ラリーの中でもノータッチのポイントがありますよね。私たちの試合では、…

  3. 「やられた」と思うのが、早過ぎる

    試合を観ていて、粘り強い人は何が違うのか。そもそも、「諦めが悪い」のはあると思います。やられた、ことを認めるのが人よりも遅い。これ、結…

  4. 自分のモチベーション、相手次第?

    練習で、自分なりに気合いが入る場面。みなさんは、どんな時ですか?正直、テニススクールでもサークルでも、どんな練習でも「上手い人」とラリーする時…

  5. テニス メンタル

    人から評価されることが、目的になってはいないか?

    T-PRESSを始めて4年、最近私も感じていることがあります。最初の頃の尖った感じが、自分の中でなくなって来てしまったなと。色々な人から見られ…

  6. 負けた時に嫌になる人は、何事も続かない

    テニスの試合に出ていると、当然負けることはあります。試合に出始めて、最初から勝てる人なんていないですからね。ここで、普通は嫌になってしまうもの…

  7. テニス 観察眼

    平凡なことを続けていれば、それは非凡になる

    例えば、このT-PRESSもそうです。小さいことですが、地道に4年間続けて来ました。まだまだ、サイトの運営としては短い部類だと思いますが、継続…

  8. テニス ストローク

    ビビった時のスピンストローク、ラケット面は下を向く

    試合でビビって、ストロークが打てなくなる。誰しもが、経験したことがあることだと思います。自分が、ビビってしまうとどうなるのか。これを把…

  9. テニス 試合

    意識高い系、しかテニス界では生き残れない

    「相変わらず、意識高い系ですね」年末年始に、久しぶりに会った方に言われました。まぁ、こういうことはよく言われるんですが・・・一つだけ、ハッキリ…

  10. 「恥ずかしい」という殻を、今こそ破るべき

    大人になってスポーツを頑張る。ましてや、試合に出るなんて・・・と、周りから見ると私たちは不思議に映るのかも知れません。ほとんどの方が、大人にな…

  1. テニス メンタル

    戦術

    「基本はやっぱりオールラウンド」テニスのプレースタイルのベースを磨いて、その後に…
  2. テニス メンタル

    ストローク

    テニスで「ストロークの打点が低くなる」と発生するデメリット5つ
  3. リターン

    ダブルスの試合で必要な、「リターンをクロスに深く、高く返球」は基本パターンとして…
  4. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスの試合で「泥臭く勝っていく」ことは、走り回って粘ることとはちょっと違う
  5. テニス ストローク

    ストローク

    上手いテニス選手は、相手が打つ瞬間に空きコースの確認を終えている
PAGE TOP