メンタル

「すごーく強い相手と対戦するとします」テニスの試合で相手の強さを受け止めて勝つ為に必要な意識

すごーい強い相手と1ヶ月後に対戦する・・・って決まっていたら、どういう練習をする?

まずはその強さの種類は何かを分析するでしょ?

 

「すごーく強い相手と対戦するとします」テニスの試合で相手の強さを受け止めて勝つ為に必要な意識

 


 

例えばその選手が凄い速いショットを打つんだったら、その速さに慣れるような練習をするだろうし、ムチャクチャトップスピンサーブやトップスピンのストロークが弾むんだったら、そういうショットを受けて練習する。

フットワークが良くて、コートの端から端まで走りまくるというのが相手の強さの場合は、その足を止めるためにはどうするかを考えるだろうし、ネットプレーがその選手の強さだったら、ネットに出てこられた時の対策を考え、パスとロブを練習しておかないといけない。

しかも華麗に抜くパスやロブよりも、成功率を落とさないようにするためにも、泥臭く逃げることが目的のショットを練習する

とにかくムチャクチャ強い相手なんだから、その相手に対抗して同等のプレーやその相手を超えるようなプレーをその一ヶ月間で目指すよりも、その強い選手の良いプレーに耐え続け、その相手の攻撃を無効にさせるようなディフェンス力をレベルアップさせた方が勝つ可能性はありそうだ。

ムチャクチャ強い相手って分かってるんだから、誰だってそういう練習をするでしょ?

それを耐えきって初めて自分にチャンスが来るというもの。

 

まず粘れない奴は、絶対自分より格上の相手には勝てないのだ

でもムチャクチャ強い相手とやる事ってある?

「ない!!」と答えた人は、これらのうちのどれかだ。

一つはそんな人達が出てくるような大会に出場していない。

もう一つは、そういう相手に当たる前に負けてしまっている。

そして最後は、自分が最強だから、ムチャクチャ格上の選手は存在しない・・・。

ま、最後の史上最強説は置いといて、最初の2項目はレベル低い大会ばかりに出ていることと、同レベル以下に毎回負けているということだから、問題あるよね。

 

ということは、誰もがちゃんと格下や同レベルをやっつけて勝ち進んでいれば、必ず格上の選手といつかは戦わないといけないんだよ

そうなると、最初「ムチャクチャ強い相手と戦う場合」って言ったけど、普段からこの事は計算に入れて練習をしておかないといけないのだ。

もちろん、自分のショットを磨くことも重要。

より速いショット、より多くの種類のショット、色んなコースの打ち分けなどは確かに身に付けていかないといけない。

だけど、そういうことと同時に、ムチャクチャ強い相手と戦ったときに「当たって砕けろ!」という作戦だけじゃなくて、ちゃんと相手の強さを受けきって逃げ回れるテニスを練習しておかないといけないんだよ。

 



 

テニスが強くなるってそういうこと

自分の強さを伸ばすための練習と、相手の強さから逃げ切るための練習。

それを普段からどれだけやっているか・・・が本番の結果に関わってくるのである。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  5. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスも強い選手は、相手の恐怖心が大好物

    これにのまれてしまうから、試合で勝てない。いや、勝てる雰囲気す…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「試合中に逃げ出したくなる自分に負けない」テニスの試合で勝てるメンタルを養う為に

    テニスの試合に出ている人であれば、誰でも一度は経験があるのではないでし…

  3. テニス ミス

    メンタル

    「相手、もう試合を諦めたな・・・」と感じた瞬間から、アナタのテニスが崩れていく要因は何か?

    試合に勝ち切れない、リードしているのに試合に終止符が打てない。…

  4. テニス 打点

    メンタル

    コードボールに全力ダッシュを繰り返す人に、最後に運はこぼれてくる

    運を呼べる人、手放す人。私は、コードボールがその差が如実に現れ…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    「自信があるフリ」は、自分の頭をも凌駕していく

    身の程知らず、という言葉がありますよね。自分の実力もよく分かっ…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    「思い出せる悔しい記憶」を、アナタは持っているだろうか?

    試合でどうしても頑張りたいのに、くじけてしまいそうな時・・・ありますよ…

特集記事

  1. テニス 雪

    練習メニュー

    「挑戦するキャプテン、しないキャプテン」によって、チームの挑戦力の絶対量は決まる…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    上手いテニス選手は、相手が打つ瞬間に空きコースの確認を終えている
  3. 戦術

    雨の後のオムニ、男性は注意!
  4. 戦術

    1セットマッチ、2-2でリードしているのは自分
  5. テニス チャンス

    練習メニュー

    「良いフォームは自分で開発出来なきゃなきゃダメ!」テニスの試合で苦しいときに実力…
PAGE TOP