テニス 走力

その他

相手に攻撃されそうなときには、「とにかくスタンスを広くする」だけで守備力が上がります!

サッカーのゴールキーパー、野球の内野手・・・に共通するのは、「高い守備力」が求められること。

テニスでも同じように、どこに来ても速い反応が出来るように、低い態勢での守備が求められますよね。

ですが試合の中でこういった態勢を瞬時に作って、相手の攻撃に備えるのには練習が必要。

まずは基本となる、スタンスからしっかり意識していきましょう。

1球多く相手コートに返球するだけで、テニスの試合では勝ちが拾える可能性がグッと拡がります。

 

相手に攻撃されそうなときには、「とにかくスタンスを広くする」だけで守備力が上がります!

 

■低い態勢とは、こういうこと

スタンス、足幅を広く・・・と言うと、皆さんどんなイメージでしょうか?

意外と股関節って、可動域が狭いのであまり拡がらない。

肩幅くらい開けば、かなり開いた方だと思います。

ですがテニスに求められる守備の態勢は、それよりもっと、両足を開く必要があります。

しっかり膝を曲げて、少しだけ重心を後ろにもっていくと守備力が高まる。

相手が打つ瞬間、少し前のタイミングでスプリットステップからこの態勢を作りましょう。

 

■肘と膝をしっかり曲げて、捕球体制を作ること!

テニスにおいて守備力が高い、といことはキャッチ力が高いということ。

柔軟に動けるようにしっかり肘と膝を曲げて、速いボールも吸収するくらいの意識で待ちましょう。

正面に来たボールは、まずバックハンドで反応すること。

ダブルスであれば、攻撃されそうなときには足元をしっかり拾える、返球できるようにケアしておく。

高いボールはウォッチしてアウトボールを触らないように。

広いスタンスで待てれば、こういった選球眼も自然と磨かれます。

 

■しっかりした守備の態勢を見せれば、相手は「自滅」してくれるかも

低い態勢でスタンスを広くしている相手には、テニスは攻撃し辛い。

「拾われそうだな・・・」と思えば力が入るし、より厳しいコースを狙ってミスしてくれるかも知れません。

それはアナタ自身が引き出したミス、と言えるでしょう。

良い守備の態勢は、相手の攻撃にも影響を及ぼす。

補給できればそれに越したことは無いですが、相手のミスを誘うくらい強烈な低い態勢、作って見せ付けてみましょう!

 

意識さえ高めれば、結構テニスはすぐに守備力を上げられます。

大事なのは、諦めない、まずは準備をしっかりすることです。

相手のチャンスボールになると、すぐに背を向けて諦める人、いますよね。

気合いだけでもだめですが、まずは気持ち、それから具体的な準備。

これで守備力を高めて、試合の中でキャッチ名人になってみませんか?

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  3. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合経験を積むには、「自分から動いてネットワークを作る」ことが大事です

    昨日ニュースを観ていると、こんな記事が目に入りました。プロ野球…

  2. テニス 読書

    その他

    今年一年間で、私自身が大きく影響を受けた本を紹介します

    テニスに関する記事をたくさん書かせて頂いている「T-PRESS」。…

  3. テニス 準備

    その他

    アナタの今のテニス、1年前と何が変わりましたか?

    テニスの試合、勝ったり負けたり。色々な人と、試合出来ますよね。…

  4. テニス ミス

    その他

    「テニスの試合は過酷である」真夏の暑さ対策として大切な「汗」について

    この時期、色々な暑さ対策を皆さんも行なっているかと思います。テ…

  5. テニス メンタル

    その他

    私から、「試合に出ているテニスの上級者の方」にお願いしたいことについて

    今月は山中湖、白子のでの大会を観戦する機会があり、私なりに感じることが…

  6. その他

    「サッカーの方がきつかったよ」テニスの試合では実力差が僅差で初めて、持久力が問われる

    プレーの調子が上がってきて、試合で結果を残せるようになってきた時、怪我…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    スライスストロークがいつも浅くなる人は、「ラケットを持つ腕の肘を曲げ過ぎ」な可能…
  2. テニス ボレー

    ボレー

    「ボレーが上手い人は、ラケットワークが上手い?」その感覚は、捨てましょう!
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合でコースを突いて攻めても拾われ、最後はミスしてしまうときは・・・?
  4. ボレー

    テニスのネットプレーで、「ハイボレーで横回転をかける」ことが上級者への大事なステ…
  5. テニス ボレー

    ストローク

    テニスのシングルスの試合で、「ネットプレーに繋げるストローク」で意識したい5つの…
PAGE TOP