テニス ストローク

シングルス

テニスのシングルスの試合では特に、「低いボールからは、無理して攻撃しない」ことが大事です

シングルスの試合では、ストローク戦が多い。

サーブ&ボレーヤーもダブルスほどいませんので、ベースライン同士での打ち合いが増える中で、試合時間も長くなる。

特に一般の方や学生の皆さんの中には、どう攻撃していくか迷ったあげく、「低い球」からリスクを冒してしまうこと、ありませんか?

プロ選手の試合を観ていても、「低いボールをどう展開しているか?」には、あまり意識がいかない。

高い打点からの攻撃が目立ちますが、実はこの低いボールをどう展開しているか・・・にこそ、シングルスでの強さが如実に現れます。

 

テニスのシングルスの試合では特に、「低いボールからは、無理して攻撃しない」ことが大事です

 

■低い打点からの攻撃には、「距離」が必要

低い打点でストロークを打つ時点で、アナタ自身高い攻撃力は見込めない。

それでもしっかり深く打って、コースを突いて相手から更にチャンスを拡げていきたいと考えるのが理想でしょう。

深い位置、それも低い位置からストロークを打つ時には、しっかり「飛距離」があるコースに打てると、ボールを持ち上げて飛ばしてコートにも収まる。

フォアハンドであれば、逆クロス方向へのショットが低い打点からも展開しやすいのでオススメです。

バックハンドはクロス方向へ、と決めておけば、右利き同士であれば相手のバックにボールを集めることが出来るので、有効なパターンになるでしょう。

 

■ダウンザライン方向への展開は、特に危険

低い位置からボールを持ち上げる、ということはネットの高い位置を通すのが安心。

ネットの両端はセンターよりも高いので、低い打点からココを通すのは結構リスクが高いことを覚えておきましょう。

ダウンザラインへ展開していのは、やはり高い打点からがベスト。

それでもどうしても、パッシングショット等で必要なときもあります。

そんなときにはしっかりスピン回転をかけて、しっかりボールをコートに収めることが出来るように回転量多めでいきましょう。

直線的なボール、は絶対危険です。

■錦織選手はこの低いボールを逆クロスに展開するのが上手い

お手本は何と言っても、錦織選手。

低い打点を逆クロスに展開していくフォアハンド、恐らく今のテニス界では一番上手い。

威力もあるし、アングルショット気味に打つことも出来るので、相手は前に後ろに警戒心を強めてくれる。

しかもセンターベルト附近はネットの高さも低く、逆クロス方向は距離が長いのでアウトし辛い。

このショットをアナタも磨いて、試合で使っていくと良いでしょう。

 

低い打点からは無理をしない。

それは卓球やバドミントンのような、ラケットスポーツには共通するセオリー。

まずはアナタ自身が、「このボールは低い、無理出来ないな・・・」と感じることが大事。

漠然とラリーしているだけでは、攻撃しているようでミスが増えて自滅する。

結構試合で自滅するときって、ボレーもストロークも、低い打点から無理させられていること、多くないですか?

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. シングルス

    ドロップショット、シングルスの試合ではこう使おう

    相手に触らせて、自分がポイントを取る。こういうイメージがあると…

  2. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合で、使えるネットプレーの考え方7つ

    シングルスの試合、みなさんも出たり観たり、たくさんして来たと思います。…

  3. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「最後は楽しんだもん勝ち」な感覚も大事

    テニスの試合で負け続けて、精神的に滅入ってしまう。そんなとき、…

  4. シングルス

    テニスのシングルスの試合の中で、「苦しいときほど、相手とラリーをしよう」と考えられると強い

    テニスの試合、シングルスは特に・・・ですが、アナタが苦しければ、同じく…

  5. シングルス

    シングルスの試合ではまず、「70点のショットを3連続」を意識しよう

    シングルスの試合で、最初の入り方。サーブからでもリターンからでも、…

  6. テニス フットワーク

    シングルス

    「ただ粘るだけじゃ、試合に勝てない!」相手からミスを誘うシングルスの試合での粘り方5つ

    シングルスの試合、ミスの少ないテニスでの粘りは必要。何度も書い…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    戦術

    大一番でこそ、理想を捨てる勇気を
  2. テニス メンタル

    Q&A

    Q&A 「試合中に緊張すると、頭の中が真っ白になります・・・。何か対策は…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で「マッチポイントを獲れなかった・・・」ときに、サッと切り替える発想…
  4. テニス ダブルス

    メンタル

    試合の中での「チェンジコートの過ごし方」は、自分なりにルーティン化してみよう
  5. ストローク

    ストロークで横に流れながら打つ人は、「最後で調節する癖」を無くそう
PAGE TOP