テニス ストローク

シングルス

テニスのシングルスの試合では特に、「低いボールからは、無理して攻撃しない」ことが大事です

シングルスの試合では、ストローク戦が多い。

サーブ&ボレーヤーもダブルスほどいませんので、ベースライン同士での打ち合いが増える中で、試合時間も長くなる。

特に一般の方や学生の皆さんの中には、どう攻撃していくか迷ったあげく、「低い球」からリスクを冒してしまうこと、ありませんか?

プロ選手の試合を観ていても、「低いボールをどう展開しているか?」には、あまり意識がいかない。

高い打点からの攻撃が目立ちますが、実はこの低いボールをどう展開しているか・・・にこそ、シングルスでの強さが如実に現れます。

 

テニスのシングルスの試合では特に、「低いボールからは、無理して攻撃しない」ことが大事です

 


 

■低い打点からの攻撃には、「距離」が必要

低い打点でストロークを打つ時点で、アナタ自身高い攻撃力は見込めない。

それでもしっかり深く打って、コースを突いて相手から更にチャンスを拡げていきたいと考えるのが理想でしょう。

深い位置、それも低い位置からストロークを打つ時には、しっかり「飛距離」があるコースに打てると、ボールを持ち上げて飛ばしてコートにも収まる。

フォアハンドであれば、逆クロス方向へのショットが低い打点からも展開しやすいのでオススメです。

バックハンドはクロス方向へ、と決めておけば、右利き同士であれば相手のバックにボールを集めることが出来るので、有効なパターンになるでしょう。

 

■ダウンザライン方向への展開は、特に危険

低い位置からボールを持ち上げる、ということはネットの高い位置を通すのが安心。

ネットの両端はセンターよりも高いので、低い打点からココを通すのは結構リスクが高いことを覚えておきましょう。

ダウンザラインへ展開していのは、やはり高い打点からがベスト。

それでもどうしても、パッシングショット等で必要なときもあります。

そんなときにはしっかりスピン回転をかけて、しっかりボールをコートに収めることが出来るように回転量多めでいきましょう。

直線的なボール、は絶対危険です。

■錦織選手はこの低いボールを逆クロスに展開するのが上手い

お手本は何と言っても、錦織選手。

低い打点を逆クロスに展開していくフォアハンド、恐らく今のテニス界では一番上手い。

威力もあるし、アングルショット気味に打つことも出来るので、相手は前に後ろに警戒心を強めてくれる。

しかもセンターベルト附近はネットの高さも低く、逆クロス方向は距離が長いのでアウトし辛い。

このショットをアナタも磨いて、試合で使っていくと良いでしょう。

 

低い打点からは無理をしない。

それは卓球やバドミントンのような、ラケットスポーツには共通するセオリー。

まずはアナタ自身が、「このボールは低い、無理出来ないな・・・」と感じることが大事。

漠然とラリーしているだけでは、攻撃しているようでミスが増えて自滅する。

結構試合で自滅するときって、ボレーもストロークも、低い打点から無理させられていること、多くないですか?

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

関連記事

  1. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合では、「相手は簡単にミスしない」の精神で試合に入ること

    私は何度も、「相手からミスをもらうこと」の重要性を書いて来ました。…

  2. テニス ストローク
  3. シングルス

    テニスの試合では、「前のスペースを潰す」ことにもっと神経質になろう

    テニスの試合では、意外と見落とされているけど大事な要素がある。…

  4. シングルス

    「ただ粘るだけじゃ、試合に勝てない!」相手からミスを誘うシングルスの試合での粘り方5つ

    シングルスの試合、ミスの少ないテニスでの粘りは必要。何度も書…

  5. テニス メンタル

    シングルス

    格上相手に、なぜ序盤が大事なのか?

    格上相手の選手との試合、厳しくなるのは・・・アナタ次第。序盤を…

  6. テニス コントロール

    シングルス

    「人がいない場所にボールを運ぶ」テニスのシングルスの試合で必要な感覚を養うために

    シングルスとダブルスの違い、それはもちろんコート上にいる人数の少なさ。…

特集記事

  1. テニス スマッシュ

    ストローク

    テニスの上達の鍵は、「小指」の使い方に有り
  2. テニス ミス

    メンタル

    試合中に声出しがうるさい人は、基本メンタルが弱いと思って良い
  3. テニス 準備

    日々の雑記

    感動出来る、という素敵な才能
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの前衛は、「相手の視界に入って動く」から意味があることを再確認しよう!
  5. テニス ストローク

    スマッシュ

    スマッシュはコース勝負!のために必要な、「打つコースを見ないで振り切る」練習は大…
PAGE TOP