テニス ストローク

シングルス

テニスのシングルスの試合では特に、「低いボールからは、無理して攻撃しない」ことが大事です

シングルスの試合では、ストローク戦が多い。

サーブ&ボレーヤーもダブルスほどいませんので、ベースライン同士での打ち合いが増える中で、試合時間も長くなる。

特に一般の方や学生の皆さんの中には、どう攻撃していくか迷ったあげく、「低い球」からリスクを冒してしまうこと、ありませんか?

プロ選手の試合を観ていても、「低いボールをどう展開しているか?」には、あまり意識がいかない。

高い打点からの攻撃が目立ちますが、実はこの低いボールをどう展開しているか・・・にこそ、シングルスでの強さが如実に現れます。

 

テニスのシングルスの試合では特に、「低いボールからは、無理して攻撃しない」ことが大事です

 


 

■低い打点からの攻撃には、「距離」が必要

低い打点でストロークを打つ時点で、アナタ自身高い攻撃力は見込めない。

それでもしっかり深く打って、コースを突いて相手から更にチャンスを拡げていきたいと考えるのが理想でしょう。

深い位置、それも低い位置からストロークを打つ時には、しっかり「飛距離」があるコースに打てると、ボールを持ち上げて飛ばしてコートにも収まる。

フォアハンドであれば、逆クロス方向へのショットが低い打点からも展開しやすいのでオススメです。

バックハンドはクロス方向へ、と決めておけば、右利き同士であれば相手のバックにボールを集めることが出来るので、有効なパターンになるでしょう。

 

■ダウンザライン方向への展開は、特に危険

低い位置からボールを持ち上げる、ということはネットの高い位置を通すのが安心。

ネットの両端はセンターよりも高いので、低い打点からココを通すのは結構リスクが高いことを覚えておきましょう。

ダウンザラインへ展開していのは、やはり高い打点からがベスト。

それでもどうしても、パッシングショット等で必要なときもあります。

そんなときにはしっかりスピン回転をかけて、しっかりボールをコートに収めることが出来るように回転量多めでいきましょう。

直線的なボール、は絶対危険です。

■錦織選手はこの低いボールを逆クロスに展開するのが上手い

お手本は何と言っても、錦織選手。

低い打点を逆クロスに展開していくフォアハンド、恐らく今のテニス界では一番上手い。

威力もあるし、アングルショット気味に打つことも出来るので、相手は前に後ろに警戒心を強めてくれる。

しかもセンターベルト附近はネットの高さも低く、逆クロス方向は距離が長いのでアウトし辛い。

このショットをアナタも磨いて、試合で使っていくと良いでしょう。

 

低い打点からは無理をしない。

それは卓球やバドミントンのような、ラケットスポーツには共通するセオリー。

まずはアナタ自身が、「このボールは低い、無理出来ないな・・・」と感じることが大事。

漠然とラリーしているだけでは、攻撃しているようでミスが増えて自滅する。

結構試合で自滅するときって、ボレーもストロークも、低い打点から無理させられていること、多くないですか?

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    フォアハンド側を6割空けて待つことで、バランスの良いポジションに

    シングルスの試合では、フォアハンドで打つ機会を増やしたい。よほ…

  2. テニス フットワーク

    シングルス

    レベルの高いシングルスの試合では試してみたい、「ドロップボレー誘導作戦」とは?

    ネットに出て行ってドロップボレーをよく使う。どういう時にドロッ…

  3. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合での3球目、絶対に回り込みフォアバンドで攻撃していこう

    シングルスの試合での攻めるポイント。これは、まず基本の形から決…

  4. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスの究極のポイントの形、「平凡ショットでノータッチエース」が獲れるようになるには・・・?

    テニスの試合に強い選手は、どのショットも簡単そうに打っているはず。…

  5. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスの試合でのネットプレーは、「ドロップボレーで終わる」くらいの意識でちょうど良い

    全豪オープンが地上波で放送され、皆さんも観る機会が多いと思います。…

  6. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合、「サーブ&ボレーを決めたい!」人に贈る、4つの重要ポイント

    シングルスの試合では、自分一人の戦い。何か変化を付けたいときは…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ボレー

    ストローク

    強烈なスピン回転のストロークに対抗するには、ボレーとスライスの技術は必須です
  2. テニス チャンス

    Q&A

    Q&A「タイブレークで勝ち切れない・・・有効な作戦はありますか?」
  3. テニス アクセス

    その他

    2016年も残りわずか・・・ということで、「人気だった記事TOP10」を公開しま…
  4. テニス ストローク

    メンタル

    全力でやって失敗、なら立ち直りも成長も早いのがテニス
  5. テニス ボレー

    ボレー

    厳しいリターンに対するファーストボレーは、グリップを握り過ぎないことが第一
PAGE TOP