テニス ストローク

ボレー

シングルの試合で、「ダウンザライン方向への展開から、ネットに出る」と、カバー範囲が狭いからポイントを獲りやすい!

シングルスの試合で、ストロークの戦いだけになってしまうこと、多くないですか?

学生の皆さんは、どうしてもストローク勝負で各ポイントが決着しがち。

「ネットプレーを入れたいけど、パッシングが怖いし・・・」と思っている方は、まずアプローチのコースから。

あくまで基本的な大前提なので、「そんなこと知ってるよ!」という方も多いでしょうが、この基本は大事です。

相手にリスクを冒させて、自分は最低限の範囲を守るということが大事です。

 

シングルの試合で、「ダウンザライン方向への展開から、ネットに出る」と、カバー範囲が狭いからポイントを獲りやすい!

 


 

■基本は相手のバックハンドへのアプローチ

相手にやられて嫌なこと、改めて実践してみて下さい。

バックハンド側を攻撃されて、相手がネットに出てくると嫌ですよね。

例えバックハンドのパッシングが得意な人でも、リーチが短いしダウンザラインのコースでアプローチされると時間も無いし、厳しい。

ネットに出るのにイマイチ勇気が出ない人は、シンプルにダウンザラインでバックハンドを攻撃する。

シングルスでこの攻撃は、見せておいて損は無いです。

この流れから、しっかり前に詰めていきましょう。

 

■ストレートへ打った後は、ボール方向へ詰めていく

ネットプレーに移行するときは、ネットの真ん中に立つのは間違い。

あくまでボールの方向に詰めていくので、少しサイドライン寄り、相手のバックハンドから繰り出されるパッシングショットは、まずダウンザラインのコースを塞ぎましょう。

クロス方向のパッシングショットは、自分の眼の前を通過していくので大丈夫。

まずはストレートのパッシング、それから相手によってはロブをしっかり警戒しましょう。

 

■ネットプレーに出る時点で、コースのプランニングは終えておく!

相手が打ったコースに応じて、自分はどう返球するのか。

このイメージを作っておいて、前に出るようにしましょう。

ボレーが苦手、前に出るのが怖いと言う人は、自分の中で迷いがあるから怖さが先に立つ。

迷いがあるから、一歩が出ない。

アプローチしていく段階で、ボレーのコースまでしっかりイメージ出来ていれば大丈夫!

アナタなりのコースのプランを考えてみて下さい。

 

アプローチからネットプレーには、ある程度決まった型があります。

プロ選手の試合を観ていても、それの多くは5パターンくらいに収束するはず。

一度テニスノートに整理してみませんか?

バックハンド側を攻撃して、その返球の種類とどこに返球するかのプランについて・・・。

そこから必要な技術を、練習していけば良い。

逆算で考えると、テニスの上達も速いと思います!

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない

関連記事

  1. ボレー

    「ネットにガン詰めしたボレー」とストロークのラリー練習、は試合を想定すると無意味です

    先日あるテニスコートで練習している風景を観て、感じた疑問。ボレ…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    片手バックボレー、左手の形をキープして安定感アップ!

    バックハンドボレー、しっかり打てるとカッコいいですよね。試合で…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    安定感のあるテニスのリズムは、「ボレーはゆっくり、ストロークは速く」という速度のイメージが大事

    学生の皆さんの部活の練習を見ていると、ストローク同士のラリーはとてもレ…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    チャンスを確実に決める、ボレーの打ち方の基本について

    決定力のあるボレー、さすがにネット近くでは決めていきたい。粘り…

  5. ボレー

    テニスの試合で効果的なボレーは、「山なりで深い、遅い」が大前提です

    ボレーのイメージが間違っていると、試合で大事なポイントでミスになる。…

  6. ボレー

    軸足が前に出ていくボレーは、試合で相当使える!

    決定力があるボレー、ネットプレー。みなさんも、試合で取り入れ…

特集記事

  1. リターン

    ダブっても打ってくる、そんな相手は嫌なもの
  2. テニス ダブルス

    ボレー

    ボールを「早く触りたい病」に、誰しもが苦しんでいるという現実
  3. テニススクール

    テニススクールの中級クラス、を目指すなら必要な要素5つ
  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では「目の前のリード」など、一瞬の安らぎにもならない
  5. テニス サーブ

    リターン

    左利きの鋭く曲がるサーブは、とにかく「前」で触ることに集中しよう
PAGE TOP