テニス ストローク

ボレー

シングルの試合で、「ダウンザライン方向への展開から、ネットに出る」と、カバー範囲が狭いからポイントを獲りやすい!

シングルスの試合で、ストロークの戦いだけになってしまうこと、多くないですか?

学生の皆さんは、どうしてもストローク勝負で各ポイントが決着しがち。

「ネットプレーを入れたいけど、パッシングが怖いし・・・」と思っている方は、まずアプローチのコースから。

あくまで基本的な大前提なので、「そんなこと知ってるよ!」という方も多いでしょうが、この基本は大事です。

相手にリスクを冒させて、自分は最低限の範囲を守るということが大事です。

 

シングルの試合で、「ダウンザライン方向への展開から、ネットに出る」と、カバー範囲が狭いからポイントを獲りやすい!

 


 

■基本は相手のバックハンドへのアプローチ

相手にやられて嫌なこと、改めて実践してみて下さい。

バックハンド側を攻撃されて、相手がネットに出てくると嫌ですよね。

例えバックハンドのパッシングが得意な人でも、リーチが短いしダウンザラインのコースでアプローチされると時間も無いし、厳しい。

ネットに出るのにイマイチ勇気が出ない人は、シンプルにダウンザラインでバックハンドを攻撃する。

シングルスでこの攻撃は、見せておいて損は無いです。

この流れから、しっかり前に詰めていきましょう。

 

■ストレートへ打った後は、ボール方向へ詰めていく

ネットプレーに移行するときは、ネットの真ん中に立つのは間違い。

あくまでボールの方向に詰めていくので、少しサイドライン寄り、相手のバックハンドから繰り出されるパッシングショットは、まずダウンザラインのコースを塞ぎましょう。

クロス方向のパッシングショットは、自分の眼の前を通過していくので大丈夫。

まずはストレートのパッシング、それから相手によってはロブをしっかり警戒しましょう。

 

■ネットプレーに出る時点で、コースのプランニングは終えておく!

相手が打ったコースに応じて、自分はどう返球するのか。

このイメージを作っておいて、前に出るようにしましょう。

ボレーが苦手、前に出るのが怖いと言う人は、自分の中で迷いがあるから怖さが先に立つ。

迷いがあるから、一歩が出ない。

アプローチしていく段階で、ボレーのコースまでしっかりイメージ出来ていれば大丈夫!

アナタなりのコースのプランを考えてみて下さい。

 

アプローチからネットプレーには、ある程度決まった型があります。

プロ選手の試合を観ていても、それの多くは5パターンくらいに収束するはず。

一度テニスノートに整理してみませんか?

バックハンド側を攻撃して、その返球の種類とどこに返球するかのプランについて・・・。

そこから必要な技術を、練習していけば良い。

逆算で考えると、テニスの上達も速いと思います!

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. テニス メンタル

    ボレー

    サービスゲームでポーチに出ないで、いつ出るのかという話

    ダブルスの試合、まず強いペアかどうか・・・は、ココを見て欲しい。…

  2. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーの基本は、「スタンス広めでその中間に頭」を意識すれば安定する

    ボレーに安定感が欲しい方。まずは、頭の位置をしっかり意識するこ…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーで顔を残すことが出来れば、打てるコースは自然に拡がる

    試合で最後、ポイントを取る場面。これって、多い例としてはハイボ…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    バックハンドボレーの準備は、「利き腕では無い方の手のひら」を使えば抜群に安定します!

    バックハンドボレーのミス、大半は「準備が遅いのと、大きい」のが原因にな…

  5. テニス ロブ

    ボレー

    バックハンドの高い打点で打たせつつ、ネットに出るのが大正解

    ダブルスでもシングルスでも、ネットに出る流れで使えるテクニック。…

  6. テニス メンタル

    ボレー

    テニスのネットプレーがぎこちない人は、「肘をピーンと伸ばし過ぎ」ていることが多い

    ネットプレーが苦手・・・という方は、特に女性が多い。両手のバッ…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    フットワーク

    相手のドロップショットを読めるようになるには、フライングダッシュを繰り返すのが一…
  2. テニス 構え

    ロブ

    アナタのロブを「試合で効果的なショット」に変えていく方法
  3. テニス サーブ

    サーブ

    速いサーブはチャンスになる、という勘違い
  4. テニス バナナウェイト

    テニス知識

    素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. テニス ガット

    ボレー

    ストロークからボレー、のグリップチェンジ機会は練習から!
PAGE TOP