テニス 環境

戦術

変化を突き付けられるのではなく、予測する癖を

テニスの試合、練習に、トラブルは付き物。

試合に強い人って、こういう場面で強いですよね。

人間同士がやり合う、駆け引きの中でどう変化を予測するのか。

プレー中もそうですし、コート外でも、同じこと。

みなさんの中で、この本当の意味での客観性が生まれた時、きっとテニス選手としても成長出来る。

成長出来ない人は、いつも変化に慌ててばかり。

決して、難しいことではないですよ。

時間軸で、先回りしよう

何かが起きる前に、考える

例えば、朝試合に向かう家を出る前に。

その日の天候は、どんな感じになりそうか。

午後から雨の予報、でも降らないかも知れない…降って来たら、どうするのか。

会場のサーフェスは?中止の判断はどこでどのタイミングになりそうなのか。

試合中だった場合は、どういうシチュエーションになりそうか、をある程度イメージしておく。

「そんなの、普通じゃない?」と思う方も多いと思いますが、雨が降って来た途端に乱れる人、テニスの試合会場では多いですよ。

ちょっとした変化を、突きつけられるのではなく、予測しておくこと。

これはもう、全てが習慣です。

試合でもいつも、先回り

相手と同じ時間軸、で試合をしない。

1ポイント、1ショット先を、常に自分の中で考えておきましょう。

そうすれば、試合でも落ち着いて自分のショットに集中出来る。

「ここに打ったら、きっとこうなるな」という予測を、毎回リズム良く自分の頭の中で行っていくこと。

これが出来れば、いつだって変化は「自分が興していること」になるはず。

相手からいつも突きつけられているような印象があるから、駆け引きでも後手に回ってしまう。

もちろん、強い相手の打つコースは読み辛いし、サインプレーだって仕掛けられるでしょう。

でも、それらも全て「自分が呼び起こしているんだ」と思えるようになる。

強引にでも、そう考える癖を付ければテニスは強くなります。

セオリーを活かす、とはこういうこと

よく、「セオリーを使えていない」という方のお悩みも聞く機会があります。

そういう方は、結局セオリーを知っているだけで、「予測」に使えていないんですよね。

予測に使うということは、先回りして何かを自分の中で興すということ。

自然と状況の変化に対応する、それがセオリーを使うということです。

もちろん、それでカバー出来ないショットや相手が上回ることもあります。

でも、セオリーを活かすということは、結果的に変化に強くなるということ。

みなさんも、ぜひこれだけまず意識してみて下さい。

慌てない選手になれば、それだけで強い

予測癖が付けば、相手にとって…

すごく、やり辛い相手になると思います。

何をやっても、表情が変わらないで感情が読めない。

こういう相手は、試合で嫌じゃないですか。

慌てない選手になれば、それだけで強い。

それに、自分自身の中でも自信と落ち着きが生まれて来るはずです。

「それは強い選手だけ…」と思わずに、まずは自分でやってみましょう。

時間軸で先回りする癖を、日常から。

きっと、全てはコートでのパフォーマンスにつながるはずです。

ずっと受け身で、良いの?

テニスだけじゃない、仕事や恋愛、全てにおいてそうです。

自分が変化を突きつけられる側、は辛い。

毎回自分が予測できないことばかりが起きる感覚、これでは試合も勝てないですから。

受け身な習慣、癖が付いていると、それだけで成長を阻害する。

まずは、ここに気付くことが大事です。

周りに合わせるだけでは、変化に弱くなる。

気付いた人から、テニスも必ず変わっていきます。

人と違う、それで良い

変化に強い人は、どこか周りの人と違う。

時間軸が違うので、それで良いんです。

周りが慌てている中で落ち着いていれば、そりゃ少し変わった人だと思われるかもしれません。

でも、テニスの試合で強い人は、こういう雰囲気がある人じゃないですか?

強がりでも何でもなく、変化を突きつけられる側にいては、ずっと勝てないまま。

みなさん自身で、何かを興せる人になりましょう。

まずは、予測癖を自分の中で養っていくこと。

ここから、スタートです。

時代の流れは、早い…!?

本当に、そうですか?

時間の流れるスピードは変わらない、周りの人も平等。

でも、自分がもしそう感じているのなら、どこかで感覚を変えていかないといけないでしょう。

時の流れが早いと感じる人は、変化を予測出来ていない人、かもしれません。

私自身、こういう瞬間はあります。

そういう時は大抵、漠然と毎日を過ごしていて、自分から主体的に動けていない時。

だから、「あ!なんだこれは!急だな…」となってしまう。

そうならないように、常に先、先を予測していく癖を付けて。

もう今年も残りわずかですが、少しだけ来年のことも考えながら。

テニスも企画も、頑張っていきます!

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. テニス ボレー

    戦術

    団体戦の悪い流れを止める!5つの定番プレー

    団体戦、でプレーされている方も、社会人から学生さんまで多いと思います。…

  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスはなぜ、技術だけでは勝てないのだろう?

    パッと見て、すごく強そうな選手。でもその選手が、試合で勝てるか…

  3. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合、「弱い側から動く」ことが出来ないから勝てないんです

    テニスの試合、ほとんどの試合は、こうじゃないでしょうか。強い側…

  4. テニス 計算

    戦術

    「しっかり組み立ててくる対戦相手」を、歓迎出来る自分で

    試合中に、「何かまるで、コーチみたいな配球・・・」と思えるくらい、しっ…

  5. テニス チャンス

    戦術

    試合の緊迫した場面で、「相手が取りに来るポイント」を感じよう

    試合が進んでいって、もうミスが許されない場面。4-4の30-3…

  6. テニス 上達

    戦術

    テニスのラリーでは、追い付いてから考えるんじゃなくて、「走りながら考えて結論を出す」ことが大事

    試合慣れしているかどうかって、こういう部分に出ます。決断が早い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 持ち物

    テニス知識

    「テニスの遠征・合宿に持っていくのに、忘れがちなアレ」をまとめてみました
  2. テニス ダブルス

    メンタル

    ミスの後始末を、自分で全て背負うからドロ沼にはまる
  3. スマッシュ

    スマッシュの決定力を、劇的に変えるためには?
  4. テニス ストローク

    練習メニュー

    試合で使える「回り込みフォアハンドストローク」を鍛える、クロスラリーの基本メニュ…
  5. テニス 大学

    日々の雑記

    私はこれからも、試合に出続ける「生涯現役選手」を、精一杯応援し続けます
PAGE TOP