ダブルス

沈められたら繋ぐ、そんな相手はやりやすい

ダブルスの試合で、相手が並行陣の時に。

相手の足下に沈めて、それを繋いでくる相手は、みなさんどうでしょう。

非常に基本に忠実ですが、その反面「やりやすい」と感じることは無いですか?

低いボールは繋ぐ、それはもちろんネットプレーの基本。

でも、それだけだときっと相手はやりやすい。

だからこそ、ちょっとした工夫が必要なんです。

自分が前に出た時にも、必要なアイデアとして。

選手は大きく、2つに分かれる

基本に忠実なだけか、応用も出来るか

試合で、私は相手をこういう基準でまず見ます。

基本に忠実なプレーが出来るのか、どうか。

そして、その次に「基本以外のプレー」が出来るかどうか。

ネットプレーなら、低いボレーを繋ぐことが出来るけど、それしか出来ないのかどうか。

基本に忠実なだけだと、相手の脅威にはなり得ない。

でも、結構こういうタイプの方は多いように思います。

「応用も出来る」のに、スキルは要らない

例えば、沈められたボールをドロップで返す。

ストレートに展開していく、というスキルは、何も上級者だけのテクニックではありません。

私からすると、クロスに深く返すのだってかなり難しい。

自分から技術を遠ざけてしまっているような方、多いような印象です。

「基本に忠実にプレーして、負けたら仕方ない」というのは、ある意味言い訳でしかないでしょう。

相手にとって、やりやすい相手にならない為に。

足下のボレーを、どう工夫していくのかはすごく大事なポイントです。

相手は必ず、狙って来る

相手の足下に打って、前に詰めて前衛がボレー。

これはもう、ダブルスの鉄板のパターンです。

強いペアほど、これを忠実に実践してくる。

普通にクロスに繋いでいるうちは、どんどんやられる。

ですからみなさんも、早くハッタリでも良いので「沈められても、コースを散らせる」ような選手にならないといけない。

繋ぐだけでは、試合で勝てない。

無謀な攻めではなく、必要なこととして練習していくところからスタートです。

厳しい足下、どうやって返す?

欲しいのは、的確な予測

相手が打つ、インパクトの瞬間をしっかり見る。

そこから打ち出されたボールから、すぐに逆算して自分のラケットをセットする。

ローボレーかハーフボレーか、いずれにせよ前に入りながら出来るだけボレーする。

シンプルですが、この予測を的確に出来るかどうか。

足下のボレー、と言っても実戦では色々なパターンがありますよね。

相手のインパクトに集中して逆算、まずはここに集中しましょう。

実は「外しやすい」タイミング!

一見、相手が攻撃的で自分達が守備的なようにも感じますよね。

足下でボレーを打つ、それを持ち上げる瞬間は、テニスというルールの枠の中ではピンチ、かも知れません。

でも、ここで必要なのは逆の発想。

相手だって、攻撃的にポーチに出ようとして、隙が生まれている。

前衛の逆を突いたり、上を抜いたり、がやりやすい場面でもあるんです。

ピンチの場面では、相手にも攻撃的な隙が生まれる。

こういう考え方だと、足下の厳しいボールも嫌な感じはなくなります。

いや、実際に試合ってそんなもんです。

工夫したあとは、普通に繋ぐ

これもまた、相手との駆け引きです。

色々と散らした後は、正攻法がそのまま応用になる。

クロスに深く返すボールも効いて来る、相手の前衛も動けなくなる。

応用ばっかりでも、試合は厳しいですよね。

時々、しっかり基本のプレーも入れてみる。

沈められて、クロスにしっかりと繋ぐポイントも作ってみる。

こういう出し入れを、ぜひ自分から主体的にプレー出来るように。

沈められたところから、勝負は始まりますからね。

試合の序盤、これが大事!

私は最初の自分のサービスゲーム、必ずファーストボレーはストレートに流します。

相手の前衛に、「こっちも打てるからね」というアピールをしておかないといけないですからね。

良いんです、それがミスになったり、失点になっても。

そうしないと、ただの「沈めたら繋ぐ人」になるじゃないですか。

当然、テニスにおいてセオリーや基本は大事。

ですがそこが狙われやすいのが試合、です。

みなさんご自身で、思い切って変えてみても面白いと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  2. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  3. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. テニス 準備

    ダブルス

    テニスの草トー大会では、セオリー無視の相手だってたくさんいる

    試合に出始めたみなさんが、最初に感じること。その一つは、きっと…

  2. ダブルス

    ダブルスの試合で知らないと恥ずかしい、「後衛の基本的な役割」について5つのポイント

    ダブルスは前衛、後衛と求められる役割が違う。硬式テニスでは前衛…

  3. テニス ボレー
  4. テニス メンタル

    ダブルス

    「ダブルス、狙うのは弱い方の相手でホントにいいの?」テニスの試合で狙いを定めるには・・・?

    ダブルスの試合の時、相手ペアのどっちが強いかパートナーと一緒に見付ける…

  5. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスにおいて前衛は、「攻撃の優先権がある」ことをまず認識しましょう

    ダブルスにも、色々な作戦があります。雁行陣に並行陣、後ろで2人…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、ハンデ戦はこうやれば盛り上がる!

    チームやサークルで試合をする、ときに、どうしてもレベル差がある組み合わ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    シングルスの試合では、浅いボールで攻撃していくときこそ「軌道高め」のストロークを…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスというスポーツの怖さを、もう一度確認しておきましょう
  3. テニス リターン

    ストローク

    テニスの試合で、「高い打点のストロークをしっかり決め切る」為に必要な意識と準備4…
  4. テニス スライス

    フットワーク

    膝から前に出すフットワークで、頭の突っ込みは抑えられる
  5. テニス ストローク

    ストローク

    浅いボールの処理は、スライスで変幻自在にコントロール
PAGE TOP