サーブ

リターナーを外に追い出す、スライスサーブを身に付けるには?

スライスサーブで、相手を外に追い出してボレーでポン。

こんなポイントが作れると、試合ですごく有効ですよね。

良いサーブが無いと、出来ない?

確かにサーブの精度は大事ですが、それだけじゃないですよ。

少しでもスライスサーブを使える人は、積極的にトライしてみましょう!

 

リターナーを外に追い出す、スライスサーブを身に付けるには?

 


 

1.大事なのは成功体験

スライスサーブで、相手を動かす。

これだけで、私はかなり試合で有効だと思いますよ。

タイトルでは「追い出す」と書きましたが、サイドに寄せるだけでも充分効果があります。

「でもそんなサーブ、打てないよ」と思った方、大丈夫。

実はほとんどの初中級レベルの相手は、つけ入る隙があるんです。

特に、リターンのフォアハンド側ですね。

ここを突けば、有効なんだという成功体験を積んでいきたい。

まずは、スライスサーブをワイドに打ってみて下さい。

そこから、アナタ自身の「使えるな!」という感覚が芽生えていくはずです。

 

2.無意識にフォアハンド側を空けて待っている

こういう選手が多いんです、実際。

リターンで、出来るだけフォアハンドで取りたいからフォアハンドを空けている。

自然と、ワイドのサーブのコースが空いているような選手、多いですよ。

得意であえて空けている、ような人もいますが、実際は何も考えていないかバック側が苦手なだけ。

無意識にフォアハンドを空けている相手は、ワイドに打たれるだけで自然に身体がよろける感じでバランスを崩していく。

これにアナタ自身、気付けるかどうかです。

 

3.サーブの後のポジショニング、が鍵!

理想は、次をボレーで返すこと。

サーブ&ボレー、にしたいところですね。

相手は外側によろけている、訳ですから戻る時間を与えたくない。

その為には、早いタイミングで相手コートにボールを戻してあげること、が大事です。

ボレーも、スピードはいりません。

確実に、オープンコートに打って走らせる、だけでも相手はすごく脅威になります。

リターンで崩されているので、焦って必死、でしょう。

サーブの後のポジショニング、で追い込んでいくイメージを持ってスライスサーブ、を打っていきましょう!



4.コートの外側から打ち過ぎないように

「よし!打つぞ!」と意気込んでも、これだけは注意しましょう。

アナタ自身が、コートの外側、ワイド寄りから打たないこと。

相手にバレますし、打った後のコートカバーを考えると有効なポジションとは言えないでしょう。

コートの外側の端からは、センターのコースには打てないですからね。

理想は、センター寄りのポジションからワイドへのスライスサーブを打てる、ということ。

何事も、イメージしてみないと始まりません。

ぜひ、練習してみて下さいね。

 

5.お勧めの練習法

スライスサーブを、かなり前から打ってみましょう。

サービスラインの少し後ろ、くらいから打ってみて、成功体験を積んでいきたい。

ボールに横回転をかけるので、ラケットが出ていく方向とボールが飛んでいく方向が違う、という感覚に慣れましょう。

通常のサーブの位置、ベースラインから打つのはだいぶ先でも良いと思います。

まずは、ネットから近い距離で狙った場所に打てるようにコントロールしてみる。

スライス回転がかかっているか、確認してみる。

そこからぜひ、スタートしてみて下さい!

 

試合でここぞ、という場面で使いたいですね。

40-15でリードしているような場面で、短いポイントで取ってキープ出来ると次のゲームにもつながります。

出来る出来ない、ではなくてやるかやらないか、です。

ワイドへのスライスサーブ、磨いておけば絶対に有効ですよ。

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について

関連記事

  1. サーブ

    「1人でも出来るサーブ練習を工夫したい!」よりテニスの試合に近い感覚を養う為の4つのアイデア

    テニスコート、または壁とボールさえあれば個人練習ができる「サーブ練習」…

  2. テニス メンタル

    サーブ

    サーブを打つ前の構えから、既に力んでない?

    みなさんが、サーブを打つ前の構え。それこそ、トスアップ前の雰囲…

  3. テニス ボレー

    サーブ

    「自分のサーブがどれだけ曲がっているのか」を把握すれば、サーブは格段に安定感を増します

    フラットサーブ、スライスサーブ、スピンサーブ。色々なサーブがあ…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブで身に付けておきたい、「攻撃的にリターンで踏み込んでくる相手」をかわす配球

    テニスの試合で、肝となるのがセカンドサーブでの主導権の奪い合い。…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスを前にするというのは、「着地で完全にコートの内側に入る」ということです

    「サーブのトスは、しっかり前に!」というアドバイス、コーチからもらって…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    サーブのトスアップは、「身体全体で勢いを付けて上げない」ように

    試合が始まる前、まずチェックするのは相手のサーブ。練習から、ま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「骨盤をけっこう意識してます」横向きに必要なテニスの動きは骨盤から!
  2. ボレー

    ローボレー恐怖症に陥っている人は、どうすれば良い?
  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    「練習中、新しい事にトライしてる?」練習環境を見直すとテニスはもっと強くなる!
  4. ストローク

    足下に鋭く沈めるストローク、肘の位置をキープ!
  5. テニス ダブルス

    ストローク

    試合で実践してみて効果的だった、「ストロークで自分らしさを取り戻す3つの事」
PAGE TOP