テニス サーブ

サーブ

スライスサーブでコーナーを突く為に、必要な5つのコツ

試合で有効なスライスサーブ。

しっかりコーナーを突いて、相手をコートから追い出せればチャンスになりますよね。

センターに打っても、かなり強力になるこのサーブ、どうやればコーナーにきっちり打てるようになるのか・・・。

この基本、一緒に見直してみませんか?

 

スライスサーブでコーナーを突く為に、必要な5つのコツ

 


 

1.自分のサーブの曲がり具合を確認する

これが、実は千差万別。

人によって、微妙に曲がり具合は変わってくるのがスライスサーブです。

実際に、男女でも違いますし、少しスピン寄りな回転がかかっている方もいますからね。

入った、入らないは関係なく、自分のサーブをしっかり目で追ってみてください。

どのあたりから、どのくらいの変化をしているのか。

真後ろから、動画で撮ってみるのもお勧めです。

そこから逆算しないと、狙いも絞れないですしね。

 

2.ネット上に目標を設定する

1.で曲がり具合を把握できたら、次は目標設定。

ネットの上のどこを通せば、曲がってコーナーに着地するのか、をしっかりイメージして設定しましょう。

意外と、曲がりは大きいはずです、みなさんのスライスサーブも。

曲がりすぎて横でフォルト、はもったいないですからね。

しっかり逆算して、ネット上に目標を作っておきましょう。

 

3.ボールの横半分を打つ

こうすると、良い回転がかかります。

実際に、ボールの横半分、くらいをヒットしていく感じの打感で打てれば、綺麗にコーナーを突いていけるようなサーブ、になるはずです。

手先だけ、ではなくしっかり下半身を使って、ジャンプ、することも大事。

スピン系サーブよりは、少しだけ打点の高さを落としても良いので、チャレンジしてみて下さい。

これでボール飛ぶの・・・?と思うくらいの当たり、で最初は良いと思います!

 

4.コーナーの目標は広く!

私自身、だいたい1メートル四方の枠を、サービスエリアのコーナーに作っておく感じです。

コーナーを突くんだけど、多少浅かったり、甘くてもOK。

大事なのは、1メートル四方の枠は狙える、という自信を持つことですね。

しっかり自分で納得できれば、サービスゲーム全体にリズムが出てきますし、相手は嫌。

狙われている、と感じさせることが出来れば大成功です。

 

5.打つときに、身体が開き気味でも良い!

これが、今回のお勧めポイントです。

「え?サーブのときに身体が開いたらダメなんじゃないの?」と思う方も多いでしょう。

私のコツとしては、スピンサーブと比較したら、少し開き気味でも良い、という感じです。

スライスサーブを打つときには、身体を大きく反る必要もない。

もっとシンプルに、しっかりボールの横を打って回転をかける、ボールを曲げることが大事。

打つ直前に、少しだけ身体が前を向くくらい、リラックスして良いでしょう。

ちょっとしたコツとして、試してみてくださいね。

 

両サイド、しっかりスライスサーブをコーナーに打てれば、試合でも楽に戦えます。

相手はこの逃げていくサーブがあるだけで、警戒心が高くなりますからね。

女性の方でも、しっかりコーナーを狙って打てるように、練習してみてください。

はっきり言います、難しくないです、スライスサーブでコーナーを狙うのは。

狙ったもん勝ち、だと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス ストローク

    サーブ

    緊張する場面で「しっかりサーブで顔を残す」こと出来てる?

    試合の終盤、緊張した場面でこそサーブの力は試される。自分を信じ…

  2. テニス メンタル

    サーブ

    サーブの調子が試合序盤に上がらない人は、「長めのフォルトから短く調整していく癖」を付けよう

    試合の序盤のサービスゲーム、どんなところに気を付けていますか?…

  3. サーブ

    センターへサーブを打つ、ということは・・・どういうこと?

    試合の中で、センターへサーブを打つ。よくある光景ですが、実はこ…

  4. テニス ポジショニング

    サーブ

    サーブを打つ前に、「冷静に相手のポジションを確認する」ことで、精神的に楽になれる

    サーブを打つときに、どうしても落ち着きが無い、自信が無い、という方。…

  5. サーブ

    シングルスの試合では、自分のサーブが攻略されるスピードも早い

    シングルスの試合、どうもサーブの調子が上がらないと感じる方へ。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    ロブ

    本当にロブが上手い選手は、「抜いた後の相手の返球」をイメージ出来ているからポイン…
  2. テニス ストローク

    戦術

    「難しいこと」は、どんどん相手にやらせよう
  3. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークラリーで走らされているときには、「スライスのグリップで走り続ける」覚悟…
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    試合前に自分のダブルスペアと、どんな会話してる?
  5. テニス サーブ

    サーブ

    攻撃的なサーブに必要なのは、「打った後にコートにしっかり入って終わる」くらい前に…
PAGE TOP