テニス サーブ

サーブ

スライスサーブでコーナーを突く為に、必要な5つのコツ

試合で有効なスライスサーブ。

しっかりコーナーを突いて、相手をコートから追い出せればチャンスになりますよね。

センターに打っても、かなり強力になるこのサーブ、どうやればコーナーにきっちり打てるようになるのか・・・。

この基本、一緒に見直してみませんか?

 

スライスサーブでコーナーを突く為に、必要な5つのコツ

 

1.自分のサーブの曲がり具合を確認する

これが、実は千差万別。

人によって、微妙に曲がり具合は変わってくるのがスライスサーブです。

実際に、男女でも違いますし、少しスピン寄りな回転がかかっている方もいますからね。

入った、入らないは関係なく、自分のサーブをしっかり目で追ってみてください。

どのあたりから、どのくらいの変化をしているのか。

真後ろから、動画で撮ってみるのもお勧めです。

そこから逆算しないと、狙いも絞れないですしね。

 

2.ネット上に目標を設定する

1.で曲がり具合を把握できたら、次は目標設定。

ネットの上のどこを通せば、曲がってコーナーに着地するのか、をしっかりイメージして設定しましょう。

意外と、曲がりは大きいはずです、みなさんのスライスサーブも。

曲がりすぎて横でフォルト、はもったいないですからね。

しっかり逆算して、ネット上に目標を作っておきましょう。

 

3.ボールの横半分を打つ

こうすると、良い回転がかかります。

実際に、ボールの横半分、くらいをヒットしていく感じの打感で打てれば、綺麗にコーナーを突いていけるようなサーブ、になるはずです。

手先だけ、ではなくしっかり下半身を使って、ジャンプ、することも大事。

スピン系サーブよりは、少しだけ打点の高さを落としても良いので、チャレンジしてみて下さい。

これでボール飛ぶの・・・?と思うくらいの当たり、で最初は良いと思います!

 

4.コーナーの目標は広く!

私自身、だいたい1メートル四方の枠を、サービスエリアのコーナーに作っておく感じです。

コーナーを突くんだけど、多少浅かったり、甘くてもOK。

大事なのは、1メートル四方の枠は狙える、という自信を持つことですね。

しっかり自分で納得できれば、サービスゲーム全体にリズムが出てきますし、相手は嫌。

狙われている、と感じさせることが出来れば大成功です。

 

5.打つときに、身体が開き気味でも良い!

これが、今回のお勧めポイントです。

「え?サーブのときに身体が開いたらダメなんじゃないの?」と思う方も多いでしょう。

私のコツとしては、スピンサーブと比較したら、少し開き気味でも良い、という感じです。

スライスサーブを打つときには、身体を大きく反る必要もない。

もっとシンプルに、しっかりボールの横を打って回転をかける、ボールを曲げることが大事。

打つ直前に、少しだけ身体が前を向くくらい、リラックスして良いでしょう。

ちょっとしたコツとして、試してみてくださいね。

 

両サイド、しっかりスライスサーブをコーナーに打てれば、試合でも楽に戦えます。

相手はこの逃げていくサーブがあるだけで、警戒心が高くなりますからね。

女性の方でも、しっかりコーナーを狙って打てるように、練習してみてください。

はっきり言います、難しくないです、スライスサーブでコーナーを狙うのは。

狙ったもん勝ち、だと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブで打つコースに悩んだら、「困ったときの○○」でラケットを振り切ろう!

    試合の中で、サーブがなかなか入らない。または相手のリターンが強…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブを勘違いしている人は、「頭の後ろでボールをこすってばかり」だから入らない

    身体を大きく反って打つスピンサーブは、男性ならしっかりセカンドサーブと…

  3. テニス メンタル
  4. テニス サーブ

    サーブ

    サービスゲーム、本当の勝負は2回り目から

    テニスの試合、初めて対戦する相手は探り探り。特に、相手のサーブ…

  5. テニス ストローク

    サーブ

    ボディへのサーブからのサーブ&ボレーは、基本の型として身に付けておこう!

    ここ1本、絶対に獲りたい・・・ような場面。皆さんなら、どんな選…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    テニスにおいて、「サーブはスピードよりもリターナーの位置を確認」するだけで、エースが獲れる!

    サーブでノータッチエースを獲る。テニス選手なら、誰でも憧れるこ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    スマッシュ

    スマッシュはコース勝負!のために必要な、「打つコースを見ないで振り切る」練習は大…
  2. テニス メンタル

    その他

    自分よりテニスが上手い人の中に入れば、「その場の空気と緊張感」だけで上手くなる可…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    スライスの打ち方は、「肩を閉じるか、開く」しかない
  4. テニス コントロール

    ストローク

    ドロップショットは、相手の戻る逆を突くから効果が増す
  5. ダブルス

    みっともないミックスダブルスをした男性ほど、その後のテニスは強くなる
PAGE TOP