テニス サーブ

サーブ

「年齢や男女問わず、試合で使えるスライスサーブ」は、トスの高さを少し低めに調整しよう!

スライスサーブ、と聞くとどんなイメージですか?

「左利きの人が得意」

「大人の人、ベテランの人が上手い」

「ワイドでエースを狙いやすい」

など、色々あるかと思いますが、まずポイントは何より「打ちやすい」ということ。

フラットサーブやスピンサーブよりも、力を入れないで打てますし疲労度も少ない。

学生の皆さんにもぜひ、使って欲しいサーブなのです。

 

「年齢や男女問わず、試合で使えるスライスサーブ」は、トスの高さを少し低めに調整しよう!

 


 

■打点が低くて、山なりでも良い!

サーブの固定概念、を崩してしまうことも必要です。

高い打点でしっかりジャンプして、スピードのあるサーブを叩き込む・・・のには、限界があります。

スライスサーブを覚えておくと、低い打点でも打てるし疲れたときにも安定感がある。

風が強いときにも有効ですし、相手のリターンのポジションによっては遅いサーブでもエースが獲れる。

その為に必要なのは、まずスライスサーブの特性と基本を知ることが大事です。

 

■高くバウンドしないサーブも、実は有効!

スピンサーブのようにしっかりキックする、相手コートに伸びていくサーブも大事ですが、それだけじゃない。

高く弾む、ということはしっかり踏み込まれて高い打点で叩かれる可能性もある、ということ。

スライスサーブは、滑っていくサーブなのでリターンの打点は比較的低くなりがち。

リターンの打点を下げることが出来れば、並行陣相手に沈めるボールも打ち辛いし、最初のリターンからの攻撃も難しい。

この有効性について、あまり知られていないのが現状です。

 

■スライスサーブは、絶対誰でも打てるようになる!

「でも、スライスサーブは難しい・・・」と思っている方、1点だけコツをお伝えしておきます。

グリップも大事ですが、ボールを捉える位置。

顔の横の少し上で、ボールの外側を打つ感じで打ってみて下さい。

たいていの人は、ボールの真後ろをペタンと打っている感じになってしまっているはず。

思い切って、右利きの方であればボール右半分、だけを触るように打ってみましょう!

 

とりあえず、曲がればまずはOK!

最初からサービスエリアに収めようと思わず、コート全体に入るくらいでもOK。

入れよう、と思って打つとフォームが小さくなりしっかり回転がかかりません。

ボールを曲げる楽しさ、から入ってみても良いと思います。

テニスの楽しさ、再発見できるかも・・・です!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. サーブ

    シングルスの試合で「セカンドサーブの後」に必ず必要なディフェンスの意識について

    シングルスの試合では、カバーする範囲が広い。特にセカンドサーブ…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合でサーブが得意になりたければ、「自ら事を興し始める」ことに慣れよう!

    テニスの試合で、サーブが得意な人。その人は身長が高い?肩が強い…

  3. サーブ

    セカンドサーブは、打ち上げる感覚で

    セカンドサーブが安定しない人。こういう方は、まず軌道がおかしい…

  4. サーブ

    自分のナイスサーブを得点につなげる5つの法則

    試合の中で良いサーブが入る。でも、そこからどうするのかで得点…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で勝つには、「サービング・フォー・ザ・セット」を乗り越えないといけない

    あと1ゲーム、キープすれば試合は終わり。サービング・フォー・ザ…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    サーブがどうも安定しない人は、「体重移動の幅を狭くする」ことで改善されるかも知れません

    サーブが安定しない人、悩んでいる人は何かを変えないといけない。…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス サーブ

    サーブ

    ミックスダブルス、男性サービスゲームに落とし穴有り
  2. テニス 準備

    メンタル

    テニスの試合は「いつもスロースターターで苦労する・・・」君に送る、メッセージ
  3. テニス 雑誌

    メンタル

    私が月一でオススメしたいこと、それは「テニスに全く関係無い本を読む」ことです
  4. テニス フェデラー

    シングルス

    「SABR」戦術に見る、フェデラー選手の変化できる凄みとは?
  5. テニス 雑誌

    日々の雑記

    少年老いやすく学なりがたし
PAGE TOP