テニス サーブ

サーブ

「年齢や男女問わず、試合で使えるスライスサーブ」は、トスの高さを少し低めに調整しよう!

スライスサーブ、と聞くとどんなイメージですか?

「左利きの人が得意」

「大人の人、ベテランの人が上手い」

「ワイドでエースを狙いやすい」

など、色々あるかと思いますが、まずポイントは何より「打ちやすい」ということ。

フラットサーブやスピンサーブよりも、力を入れないで打てますし疲労度も少ない。

学生の皆さんにもぜひ、使って欲しいサーブなのです。

 

「年齢や男女問わず、試合で使えるスライスサーブ」は、トスの高さを少し低めに調整しよう!

 


 

■打点が低くて、山なりでも良い!

サーブの固定概念、を崩してしまうことも必要です。

高い打点でしっかりジャンプして、スピードのあるサーブを叩き込む・・・のには、限界があります。

スライスサーブを覚えておくと、低い打点でも打てるし疲れたときにも安定感がある。

風が強いときにも有効ですし、相手のリターンのポジションによっては遅いサーブでもエースが獲れる。

その為に必要なのは、まずスライスサーブの特性と基本を知ることが大事です。

 

■高くバウンドしないサーブも、実は有効!

スピンサーブのようにしっかりキックする、相手コートに伸びていくサーブも大事ですが、それだけじゃない。

高く弾む、ということはしっかり踏み込まれて高い打点で叩かれる可能性もある、ということ。

スライスサーブは、滑っていくサーブなのでリターンの打点は比較的低くなりがち。

リターンの打点を下げることが出来れば、並行陣相手に沈めるボールも打ち辛いし、最初のリターンからの攻撃も難しい。

この有効性について、あまり知られていないのが現状です。

 

■スライスサーブは、絶対誰でも打てるようになる!

「でも、スライスサーブは難しい・・・」と思っている方、1点だけコツをお伝えしておきます。

グリップも大事ですが、ボールを捉える位置。

顔の横の少し上で、ボールの外側を打つ感じで打ってみて下さい。

たいていの人は、ボールの真後ろをペタンと打っている感じになってしまっているはず。

思い切って、右利きの方であればボール右半分、だけを触るように打ってみましょう!

 

とりあえず、曲がればまずはOK!

最初からサービスエリアに収めようと思わず、コート全体に入るくらいでもOK。

入れよう、と思って打つとフォームが小さくなりしっかり回転がかかりません。

ボールを曲げる楽しさ、から入ってみても良いと思います。

テニスの楽しさ、再発見できるかも・・・です!

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「2回連続は、絶対にダメ!」ダブルフォルトを繰り返さない為に、切り替えるコツ4つ

    ダブルフォルト、皆さんは試合の中で最大何回くらい経験ありますか?…

  2. テニス クレーコート

    サーブ

    「前後より上下動」テニスの試合ではサーブも横向き意識が重要!

    テニスボールは飛ぶように出来ている。もちろん打点が食い込まれた…

  3. サーブ

    サーブの強化とは、多様性

    「良いサーブが打ちたい!」と、漠然と考えている方は多いですよね。…

  4. テニス メンタル

    サーブ

    自分のセカンドサーブに悩んでいる人は、「セカンドサーブの合格点」を試合前に決めておこう!

    セカンドサーブ、に悩んでいる人は多い。私なんかも、今でもそうで…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    スライスサーブでコーナーを突く為に、必要な5つのコツ

    試合で有効なスライスサーブ。しっかりコーナーを突いて、相手をコ…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    今年こそ「サーブ改革元年」、試合に勝てるサーブの考え方とは?

    皆さんに、提案があります。今年こそ、「サーブ改革元年」に一緒に…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    いつの間にか、「ペアに気を遣って無難な選択しかできない」ダブルスプレイヤーになっ…
  2. テニス ボレー

    日々の雑記

    40-30は、アドバンテージサイド?バックサイド?
  3. シングルス

    シングルスの試合で「相手を後ろに下げるストローク」が打てたときには、迷わず前に詰…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「目標に到達するには・・・?」テニスの試合で必要なのは具体的なイメージ
  5. テニス ダブルス

    練習メニュー

    初打ちテニス後は、練習メニューと自分自身の整理を
PAGE TOP