テニス 攻撃

サーブ

ワイドへのスライスサーブでしっかり相手を追い出したら、あえて「逆」のスペースを使う攻撃も有りです

昨日の試合、錦織選手残念でしたね・・・。

最後は足の負傷もあったかと思いますが、ジョコビッチ選手の強さが際立ったポイントの一つが、サーブ。

元々ワイド方向へのサーブは得意な選手ですが、コースと組み合わせてこのパターンで非常に優位な態勢を作るのが上手い。

私たちも真似できる3球目での作戦ですので、ぜひシングルスを戦う皆さんは覚えてストックしておきましょう。

相手を追い出して、逆を突く、です。

 

ワイドへのスライスサーブでしっかり相手を追い出したら、あえて「逆」のスペースを使う攻撃も有りです

 


 

1.リターンした時点で、相手は守備の意識を高めている

ワイド方向への厳しいサーブが入る。

この時点で、リターン側が何を考えているか・・・と言えば、まず「厳しいからこのポイントは守備的にいこう」ということ。

もちろん予測が当たれば攻撃的に来るでしょうが、コートの外に追い出された後は、まずはしっかりラリーで挽回していくことを相手は意識するはず。

ですがつい、オープンコートが出来ているとそこだけ狙いたくなりますよね。

でも相手はそれを予測済。

走ってカバーされて、攻撃の芽を摘まれてしまう可能性も有ります。

 

2.同じコースを2回攻撃することで、相手の逆を突ける

ワイドのサーブで追い出したら、相手が戻るのを予測して同じコースにストレートでも展開していく。

シングルスの試合でよくあるポイント形式だと思います。

しっかり前に踏み込んで、相手には「どっちでも打てるよ」という態勢をアピールする。

実際にはオープンコートへ打つのが常套手段ですが、あえて逆を突いておくことで、戻ろうとする意識を上手く利用することが出来ます。

 

3.同じサーブから、今度はオープンコートに展開してみる

すると、どうでしょう。

相手にとっては、アナタは「逆を突ける選手」になるのです。

これは相手にとって、非常に厄介なこと。

オープンコートにだけ展開してくる相手は、試合でどれだけ走らされてもやりやすい。

だからこそ、逆を突いて相手を迷わすショットが必要なのです。

よりコートを広く使う、足が速い選手にもしっかり打ち勝つには攻撃のバリエーションを増やすしか道はありません。

 

ワイド方向へのサーブは、非常に有効。

特にハードコートでは、しっかりバウンドしてくれるので、より相手をコートの外へ追い出せます。

オムニコートでも、良い意味でボールが弾みにくいので相手のリターンの打点が低くなりがち。

ぜひ練習で磨いて、試合で使えるワイド方向へのサーブを磨いてみて下さい。

きっと試合で、ここぞと言う場面でアナタの助けになるはずです!

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「発想の整理」だけで、人は自信が持てるようになるはず

    リターンゲームの方が、サーブを打つより気楽で良いな・・・。と、…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    困ったときの「ファーストサーブの威力頼み」、状況は変わらない

    高校生の男子の試合、レベルに関わらず共通点は変わらない。全国大…

  3. サーブ

    意外と自分のサーブは、横に曲がり過ぎているかも知れない

    サーブがどうも、走らない、威力が無いと感じている方へ。意外と、…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストサーブが入ったときには、「コートの内側に1歩」入って攻撃態勢を整えよう

    サービスゲームに自信が持てない人、それはもしかしたらポジショニングも大…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブこそ、最近の自分を動画で見ておかないといけないショット

    サーブ練習、みなさんすごく熱心に考えている方が多い。個人でも練…

特集記事

  1. テニス サーブ

    メンタル

    対戦相手が一番欲しいモノを、簡単に差し出してはいけない
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    サーブに力が無くてもキープに導く、前衛の心得5つ
  3. テニス ストローク

    戦術

    大事な試合でミスが続くときに、「触らない方がマシ」という風にだけはならないように…
  4. ボレー

    テニスの試合で効果的なボレーは、「山なりで深い、遅い」が大前提です
  5. テニス ストローク

    ストローク

    スライスのストロークで「厚い当たり」、を身に付ける3つのコツ
PAGE TOP