テニス 攻撃

サーブ

ワイドへのスライスサーブでしっかり相手を追い出したら、あえて「逆」のスペースを使う攻撃も有りです

昨日の試合、錦織選手残念でしたね・・・。

最後は足の負傷もあったかと思いますが、ジョコビッチ選手の強さが際立ったポイントの一つが、サーブ。

元々ワイド方向へのサーブは得意な選手ですが、コースと組み合わせてこのパターンで非常に優位な態勢を作るのが上手い。

私たちも真似できる3球目での作戦ですので、ぜひシングルスを戦う皆さんは覚えてストックしておきましょう。

相手を追い出して、逆を突く、です。

 

ワイドへのスライスサーブでしっかり相手を追い出したら、あえて「逆」のスペースを使う攻撃も有りです

 


 

1.リターンした時点で、相手は守備の意識を高めている

ワイド方向への厳しいサーブが入る。

この時点で、リターン側が何を考えているか・・・と言えば、まず「厳しいからこのポイントは守備的にいこう」ということ。

もちろん予測が当たれば攻撃的に来るでしょうが、コートの外に追い出された後は、まずはしっかりラリーで挽回していくことを相手は意識するはず。

ですがつい、オープンコートが出来ているとそこだけ狙いたくなりますよね。

でも相手はそれを予測済。

走ってカバーされて、攻撃の芽を摘まれてしまう可能性も有ります。

 

2.同じコースを2回攻撃することで、相手の逆を突ける

ワイドのサーブで追い出したら、相手が戻るのを予測して同じコースにストレートでも展開していく。

シングルスの試合でよくあるポイント形式だと思います。

しっかり前に踏み込んで、相手には「どっちでも打てるよ」という態勢をアピールする。

実際にはオープンコートへ打つのが常套手段ですが、あえて逆を突いておくことで、戻ろうとする意識を上手く利用することが出来ます。

 

3.同じサーブから、今度はオープンコートに展開してみる

すると、どうでしょう。

相手にとっては、アナタは「逆を突ける選手」になるのです。

これは相手にとって、非常に厄介なこと。

オープンコートにだけ展開してくる相手は、試合でどれだけ走らされてもやりやすい。

だからこそ、逆を突いて相手を迷わすショットが必要なのです。

よりコートを広く使う、足が速い選手にもしっかり打ち勝つには攻撃のバリエーションを増やすしか道はありません。

 

ワイド方向へのサーブは、非常に有効。

特にハードコートでは、しっかりバウンドしてくれるので、より相手をコートの外へ追い出せます。

オムニコートでも、良い意味でボールが弾みにくいので相手のリターンの打点が低くなりがち。

ぜひ練習で磨いて、試合で使えるワイド方向へのサーブを磨いてみて下さい。

きっと試合で、ここぞと言う場面でアナタの助けになるはずです!

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス ボレー

    サーブ

    ダブルスでのサーブ&ボレーヤーは、「相手前衛との戦い」に勝利しなくてはいけない

    ダブルスの試合、サーブ&ボレーで並行陣を作っていく方、たくさんいると思…

  2. テニス スポーツ

    サーブ

    「サーブとストロークは一緒なんだよ」テニスの試合では両方のリズムが影響し合う

    サーブは入れないといけない。そんなこたぁ、誰でも知ってるよね。…

  3. サーブ

    肘の高さが低い人は、サーブに難有り

    サーブがどうしても、安定しない。そう悩んでいる人は、一目見れば…

  4. サーブ

    サーブを打つ前に、次でフォアに回り込む覚悟を!

    自分のサービスゲームをキープしたい、リズム良く進めていきたい。…

  5. テニス メンタル

    サーブ

    セカンドサーブ、実際の試合では「どの程度の威力」を求めるべきだろう?

    試合の中でのセカンドサーブ。このセカンドサーブから、いかに自分…

  6. サーブ

    サーブの威力とコントロールを両方アップさせるには、「相手コートに背中を向ける」だけで実は充分なんです…

    サーブに悩んでいる男性の方、意外と「自由に打てる」サーブが障害になって…

特集記事

  1. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュで「回転をかけて相手を攻撃する」ための5つのコツ
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニス選手として、「目標を口にするだけで満足してはいないか?」という問いかけを自…
  3. ストローク

    「フォアハンドストロークに悩み始めたら、一人前」だからこそ、身体全体を使った打ち…
  4. その他

    テニスの基本グリップは、小指を余らせるとリラックス出来てショットが伸びる
  5. テニス ボレー

    ストローク

    「ストロークを前衛の足元に沈めたい・・・」並行陣を崩すコンパクトなストローク術5…
PAGE TOP