リターン

相手の深いサーブを返す、5つの基本

試合の中で、相手のサーブが深い。

こういう時に、どう打開策を見出していくのか、はアナタ自身の大きな課題でしょう。

ナイスサーブ、と諦めることも大事ですが、どこかでブレイクしないとずっと試合には勝てないまま。

さぁ、アナタ自身に何が出来るでしょうか。

策を持っておけば、試合の現場でパッと実践出来るはず。

今回も、私が普段意識しているポイントをまとめてみました。

 
 

深いサーブ、侮るな!

意外と、初心者の方でも打てる

みなさんも試合で、対戦相手として経験があるはず。

まだそこまで、試合慣れしていないような選手でも、サーブが深いということがある。

これ、狙っているかどうかは別として、入るもんなんですよ。

実際は、あまり狙っていないでしょう。

ただ、大き目にしか打てないという人もいます。

とにかく、実力差関係無く深いサーブは入って来ると厄介、ということですね。

逆に、上手い人は…?

意外と、サーブ浅かったりしませんか?

フォルトしない、しっかり高い軌道で回転をかけたサーブが入るので、実は浅い。

安定はしてるけど、深さが無いサーブになっているから怖く無い。

安定感のある人って、それが逆に相手の利点になったりもします。

もちろん、一概には言えないですが…結構男性で安定したサーブを持っている人ほど、ブレイクされやすかったりもする気がしますね。

深いサーブは、球威が落ちない

コースが多少甘くても、ボールに押される。

ボディのサーブは踏み込めないし、脅威になる。

これは、私の経験上深いサーブでの共通点です。

当たり前のように感じるかもしれませんが、これってしっかり理解しておかないとまずいですよ。

コーナーに入るだけが良いサーブ、ではない。

深いサーブにジワジワやられてしまう、というのもテニスでのあるある、なんです。



準備しておきたい、5つのコツ

1.バウンド地点を見る

深いサーブ、まずはしっかりバウンド地点を見ましょう。

ジャッジすること、がまずアナタ自身にとって大事な仕事ですから。

それに、バウンド地点をよく見る癖を付けておくと、身体も反応しやすくなる。

まず、しっかりと見る。

この意識で、深いサーブもファーストステップです。

2.下がり過ぎない

つい、下がってしまいがちですが、これは危ない。

逆に、コーナーに入ったボールは取れなくなります。

下がると言っても、ベースラインくらいまででしょう。

いつも前に入ってリターンしているなら、それを少し控えめにする、だけでも効果大です!

3.スライスのグリップで待つ

深いサーブって、イレギュラーも多い。

スピンやフラットだと、対応しきれないこともありますよね。

スライスのグリップで待っておけば、多少のイレギュラーには対応出来ます。

ロブでのリターンにも使えるし、深いサーブにも大活躍でしょう。

特に劣勢のような場面では、まずはリターンを相手コートに返してリズムを戻したいですよね。

4.絶対に入ると思って待つ

深いサーブ、フォルトを期待してませんか?

それでは、いつまでも返せないですよ。

相手のサーブは、確実に入って来る。

そう思って待つ、覚悟を決める方が良いでしょう。

期待してしまうのは、アナタ自身の心の弱さでしかないです。

5.後ろを小さく、コンパクトに

私は、いつもこれを呪文のように試合中に唱えています。

「後ろを小さく、前に…」ということを、ブツブツとつぶやいている。

これ、効果大ですよ。

深いサーブはテイクバックが大きいと、まず安定しない。

しっかり小さいテイクバックで、力の向きを変えてあげるだけ、で充分に良いリターンは返ります。

   

この1~5を、みなさんなりに組み合わせてみて下さい。

相手のサーブが深い、だからどうするの?を明確にしておくことが大事。

「あと少しで、フォルトなんだけどな…」なんて思っていると、いつの間にか試合終了、ですから。

深いサーブは入って来る。

そういう相手を、自分は倒していくんだという強い意志を持って。

試合に入る前から、勝負は始まっています!

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    2バックダブルス、リターンでのジャッジが難しい件

    セルフジャッジ、で一番揉めるのはやっぱりサーブ。速いし、際どい…

  2. テニス サーブ

    リターン

    相手のサーブは、いわゆる球出しです

    リターンでどうしても、調子が上がらない時。こういう発想を持てる…

  3. テニス リターン

    リターン

    ダブルスの試合は、前に踏み込んでリターンするから最高のポーチ予防になる!

    ダブルスの試合、いかにポーチに出るのが大事か・・・を、何度か書いてきま…

  4. リターン

    リターンは一歩目の精度がカギ

    相手のサーブを、リターンする。テニスはここから試合開始、試合の…

  5. リターン

    サーブ&ボレーが得意な相手には、「慌てず足元へのディンクショットとロブ」の2パターンで対抗し…

    シングルスの試合ではあまり見なくても、ダブルスの試合ではたくさん見る。…

  6. テニス メンタル

    リターン

    ダブルスのリターンをストレートに打つ、身体の開きを抑えよう

    リターンのとき、どんなときにミスが増えるのか・・・といえば、やはり身体…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス フットワーク

    フットワーク

    相手によって守備位置を変える、のはテニスにも必要なスポーツの基本
  2. ストローク

    打点が遅れたと感じたら、前ではなく上方向に振り抜こう!
  3. メンタル

    格上選手が負ける時は、力でねじ伏せることに固執した時
  4. テニス 部活

    メンタル

    テニスが強くなる為に、孤独は通過点
  5. テニス ストローク

    ストローク

    「俺はずっと、これでいく」テニスの片手バックハンドストロークが優れていると思う4…
PAGE TOP