ストローク

ダブルスの試合で、ボールが浮かないようにするには?

ダブルスの試合で、すぐにストロークのボールが浮いてしまうという方へ、

これ、どうやって改善していきましょうか?

上のレベルの試合になると、ストロークのボールは低く安定して打ち続けないとチャンスは来ないですよね。

意識して欲しいポイントは、シンプルです。

丁寧に打つこと、がテニスの基本ですからね。

 
 

なぜ、ボールが浮くんだろう?

答えは、明白です

下から上に振る、振ろうとするから、ボールが浮いてしまう。

確かに、テニスのラケットの動きは基本は下から上。

でも、実際に強い人のスウィングはどうですか?

何だか、横振りのようなスウイングも多いですよね。

ラケットが下から上に動くのは、ほんの一瞬だけ。

身体の使い方自体は、それこそ横に捻って戻す、ような感じだと思います。

大事なのは、打点の高さ

打点の高さが低いと、ボールは浮いてしまう。

と言いますか、浮かさないとネットを越えないですからね。

ストロークの打点が低い、というだけで、実はダブルスでは非常に危ないんです。

相手にも、前衛がいますからね。

強い選手は、低い打点から持ち上げようとするアナタを、見逃してはくれないでしょう。

ネットより高い位置、で打ち続けたい

理想は、これですね。

ネットの高さよりも高い位置で打点が確保出来れば、下から上という概念は必要ない。

上から下、にだって軌道を変えていけるでしょう。

ダブルスの試合でボールが浮いてしまうのは、打点が低いから。

まずこの基本、に気付きましょう。

そこから全ては変わり始めるはずです。



ボールのどこを捕らえるのか?

下を打てば、浮いてしまう

みなさん、普段ボールのどこを捕らえていますか?

ボールの後ろ?下?

ちゃんと意識出来ている人は、少ないような気がしますよ。

下を打てば、当然ボールは浮いていきます。

ボールのどこを捕らえるのか、でストロークの軌道は大きく変わります。

クロスに打つなら、ボールの外側を!

ダブルスの試合では、クロスに沈めるようなストロークを打つ機会が多い。

そういう場面では、ボールの外側を捕らえるように意識してみましょう。

そうすれば、そう簡単には浮かないです。

ボールの後ろにしっかりは入れている時には、浮かないものですから。

この丁寧さと、ダ打点の意識が欲しいんです。

クロスに打つボールが浮いていると、相手前衛の餌食になりますからね。

打点が高ければ、内側を打とう

打点が高ければ、今度はボールの内側。

自分の身体に近い側をラケットで触る、厚いグリップでのストロークにしたいですね。

これが出来ると、しっかり相手の足下に攻撃出来る。

打点でラケットの先を上に向けたまま、ラケットを立てるようにして打ってみて下さい。

きっと、浮かない安定感のあるショット、が打てるはずです!

   

ダブルス用のストローク、に仕上げていこう

コンパクトで、短いフォロースルー

試合向きで、試合に強い。

そんなストロークに、みなさんも変えていきたいですよね。

ダブルスの試合で使えるストロークは、コンパクトでシンプル。

フォロースルーが短く、浮かないでコントロールが良いストロークに変えていきましょう!

そうすれば、自信を持って打てるようになり、試合も楽しくなりますよ。

低いストロークは、それだけで武器になる

アナタ自身も、多少ネットは怖いですよね。

それは、相手も同じです。

軌道が低いというだけで、脅威になる。

もし相手の前衛がポーチに動いても、怖く無いですからね。

だから、また自信も持てる。

低いストロークのコントロール、それだけでダブルスの武器になるんです。

ポジションを前に、スウィングをシンプルに

まず、これが大事ですね。

低い打点で打たないようにするには、前に入るのが一番。

ダブルスの試合では、出来るだけ後ろから持ちあげるよなストロークを打たない、に越したことはありません。

前に入れば、当然ストロークはシンプルに、コンパクトになる。

試合向きになるとは、こういうことです。



打ち方を変えないと、戦術も変えられない。

なかなか出来ないことですが、どこかで舵を切らないとダブルス向きな打ち方は身に付かないです。

気持ち良く、大きなスウィングだけでは試合に勝つのは難しい。

それが、ダブルスです。

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    ストローク

    テニスの試合の現場では、「攻撃的なストローク=全て深さが必要」は危険な発想です

    テニスの試合でのストローク、皆さんはどんなことに意識を置いていますか?…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    どの軌道のストロークなら、ポーチを無効化出来るだろう

    ダブルスの試合での雁行陣、ストローク同士の打ち合い。相手の前衛…

  3. テニス メンタル

    ストローク

    ベースラインとサービスラインの間のプレーに磨きをかけよう

    テニスの世界では、時に言葉のイメージが先行してしまう。これって…

  4. ストローク

    ストロークで深さを出したいなら、「軌道の頂点」はネット上より相手寄り

    深いストロークを打とうと思っても、浅くなってしまう。試合で相手…

  5. テニス 前衛

    ストローク

    「まだテニスのラリーに慣れない初心者の方」は、バウンド地点への近付き過ぎを止めてみよう

    「テニスを始めてみたけど、全然上達しない・・・」と、悩んでいる方も多い…

  6. テニス フェデラー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    戦術

    自分のプレッシャーが相手に通じなくなるのは、当たり前
  2. テニス ボレー

    ロブ

    強そうな相手ほど、実はロブが効く
  3. テニス 客観視

    戦術

    学生選手もベテラン選手も、テニスは「筋力アップよりもしっかりボールに力を伝えるこ…
  4. テニス フットワーク

    サーブ

    リターンでポジショニングを前に取ってくる相手には、「センターへの厳しいサーブ」は…
  5. テニス メンタル

    その他

    「普通に素振り練習しても、テニスの試合で勝つのは難しい・・・?」だからこそ工夫が…
PAGE TOP