テニス ダブルス

ストローク

特にダブルスのテニスの試合で求められる「どんなボールでも、相手の足元にコントロール」できるショットのコツについて

テニスはネットを挟んでボールを打ち合うスポーツ。

であれば、いかに相手に低い打点でボールを打たせて、ネットに向かって上向きの軌道にさせるかが、重要なポイントになります。

卓球でもそうですが、ボールの軌道が高い選手は試合で勝てません。

テニスの基本は、相手の足元にボールを運ぶこと。

特にダブルスの試合では、これが非常に大事な要素になります。

 

特にダブルスのテニスの試合で求められる「どんなボールでも、相手の足元にコントロール」できるショットのコツについて

 


 

■卓球もバドミントンも、ネットより低い位置からは攻撃できない

ネットより低い位置から攻撃しようとすると、必ず無理が出ます。

自滅していく選手のパターンで多いのは、このパターン。

低い打点のボールはしっかり凌いで、高い打点で打てる場面を自分で作り出さなければいけません。

他のスポーツも同様で、特にネット近くの低い位置からは、まずしっかり深く返球する、または浅いドロップ系のショットで切り返す、という方法しか取れないのです。

テニスの試合、特にダブルスの試合では、いかにストロークを相手の「足元」に沈められるかが勝敗を左右します。

 

■ラケットのフォロースルーの長短が、一番大事なコツです!

結論から言いましょう。

ボールを足元に打つ、つまりは適度に短いボールを打つには、フォロースルーを小さくする。

スライスでもスピンでも、ラケットが前に出て行き過ぎないように調整すれば、自然とボールは失速して足元に沈んでくれます。

まずいのは、スィング自体を止めてしまってボールを「置きに」いってしまうような打ち方になること。

これでは相手のチャンスボールにしかなりません。

足元に沈めるボールも、回転量はしっかり保つことがとても重要な要素です。

「スライスは回転量が多いと、伸びていくんじゃ・・・?」と思うかも知れませんが、フォロースルーを短くすればボールは失速してくれます。

ボールに当たった後に、少し余韻を残すくらいでラケット動作を止めてみて下さい

適度に短いボールが、きっと打てるはずです。

 

■スライスとスピンのタッチを磨く、スライス限定ショートラリー

相手の足元に打つディンクショット、やはりスピンとスライスの両方が使えるとプレーに幅が出ます。

この練習で最も適しているのは、ショートラリー。

ウォーミングアップ以外にも、非常に使える練習メニューなのです。

回転量を保って、短い距離でストロークのラリーを行う・・・これって、実は難しいと思いませんか?

技術をごまかしても始まりません。

しっかり厚いグリップでのスピン、薄いグリップでのスライス、両方を使い分けられるように、「スライス、またはスピンに限定」してラリーを行っていくことをお勧めします。

 

低い位置からでも、相手の足元にしっかり打てる。

これができれば、劣勢をイーブンに戻すことが出来ますので試合にリズムが出てきます。

その為には、繰り返しになりますが「ショートラリー」をしっかり回転量をかけて実施していくことが重要です。

ウォーミングアップにしておくには、もったいない。

狭いスペースでも実施できる良い練習、一度見直して皆で実践してみませんか?

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    「実はこれが究極のショット」テニスの試合の勝敗は、バウンド後の軌道が肝!

    テニスの試合が始まると、相手を観察しないといけない。どういう攻…

  2. テニス リターン

    ストローク

    コントロールの良いストロークには、3種類の打点だけまずマスターしよう

    ストロークのコントロール、良い人と悪い人の差はどこにあるのか。…

  3. ストローク

    「バウンドする頃には・・・」構えてももう遅い!テニスのストロークでは致命的なこのポイント

    ストロークのフォームチェックの為によく動画撮影を行う。その時、…

  4. ストローク

    テニスの試合、「ストロークでフォアハンドのスライスは使わない・・・?」という発想は、もったいない

    ストロークでのスライスショット・・・と聞くと、片手バックハンドをイメー…

  5. ストローク

    「意外と難しい、高い打点のストローク」をテニスの試合で克服するために

    ストロークで粘る事が出来ないと、シングルスの試合で勝つことは難しい。…

  6. テニス 打点

    ストローク

    ストロークを打つときに、「スピン回転がかからずアウトばっかり・・・」になってしまう人は、フォロースル…

    ストロークでのスピン回転、しっかりかけることが出来ないと試合でラケット…

特集記事

  1. ストローク

    テニスの試合で、「相手のストロークのボールが浅くなる!」ことに気付く為に確認すべ…
  2. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「長いラリーは自分のペース」と思えるように
  3. テニス 感覚

    その他

    「2015年 インターハイ テニス会場」に行って良かった感じたこと5つ
  4. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃力に波がある人は、絶対的に「ボールの回転量」が足りない
  5. テニス ストローク

    ストローク

    硬式テニスで「ストロークをクロス方向にしっかり打つ」なら、ボールの外側を捕らえよ…
PAGE TOP