戦術

綺麗でないポイントにこそ、本質がある

自分のテニスの、本質的な部分。

これに気付けるかどうか、がこれからのアナタ自身の成長に大きく関わって来ます。

何度か書いて来ましたが、自分を知るということは、本当に難しいのがテニス。

本質的な部分って、試合の中で何気ない、決して綺麗ではないようなポイントに隠されていること、が多い。

私はそう思いますよ。

 
 

記憶に残るのは、派手なポイントだけ

試合の後に、どうでしょう。

みなさんの記憶に残っているのは、こういうポイントじゃないでしょうか。

自分で綺麗に決めたポイント、そして相手に、綺麗に決められたポイント。

もちろん、こういうポイントも大事です。

でも、それだけじゃない。

実は、どっちに転ぶか分からないような長いラリーのポイント、小さいミス、にこそ、アナタ自身の大事な要素が詰まっている。

そこを突き詰めて考えない限り、今以上の成長って無いと思いますよ。



「取れそうで取れない」ポイントは、一生取れない

そう簡単に、はいかないです。

例えば、格上相手の試合でアナタ自身は「もう少しで、取れたな・・・」と思うポイントがあったとしても、そう簡単じゃない。

取れそうで取れない、と感じているのはアナタだけ。

相手は、もっと余裕がある可能性が高い。

取れそうで取れない、その理由を本当にしっかり考えないと、上にいくのは難しい。

「そんなの、分かんないよ」と投げるのは簡単。

でも、それだとずっと負ける側から抜け出せないんです。



「これは、こういうもの」という先入観

何となく取れないポイント、をどう変えていくのか。

ここに本質を見出せば、まだまだテニスは強くなる。

どこかでアナタ自身、「これは、こういうもの」という固定概念があるはず。

取れない理由は、必ずアナタ自身の中にある。

先入観をしっかり、自分の中で受け入れていくことが大事です。

綺麗でないポイント、だけど取れないポイント、はアナタ自身そのもの、ですから。

つまりは、発想を変えれば全てが変わる可能性がある。

ぜひ、意識してみて欲しいポイントなんです。

   

変えていけるところに、未来がある

負け試合を、勝ち試合にする。

勝ちを拾っていくテニスに、変えていく。

勝ちを拾うには、今までの失点していたポイントを得点に変えていく、しかないですから。

その為には、失点の理由に自分のテニスの本質を見出すこと。

苦しいですが、ぜひ自分の試合の動画を見たりしながら、考えてみて下さい。

きっと、固定概念に気付けるはずです、みなさんなら。



試合の中でのポイントは、1セットで40~50ポイント。

その中で、どっちに転ぶか分からないポイントを、どう自分で得点に変えていけるか。

根本的なところ、を見直しても良いかも知れない。

年末年始、は良い機会。

私自身、このサイトを一から見直そうと考えています。

一緒に、向き合っていきましょう。

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス 武器

    戦術

    勝ち続けたければ、アンチを取り込もう

    試合に勝つ、強くなるということ。それは、すごく言い方は悪いです…

  2. 戦術

    取り返したい、時ほど冷静に

    試合の中で、冷静さを失う時。それって、相手に「やられた時」だ…

  3. テニス 居場所

    戦術

    調子が良いときほど、負けやすい理由

    「今日は、いける!」こう思った試合ほど、意外と負けること多く…

  4. テニス シングルス

    戦術

    大事なテニスの試合の中で、「やって良いミス、悪いミス」を分けて考えよう

    試合の中で、失点は避けられない。どんな名選手でもミスはするし、…

  5. 戦術

    6割の力で試合を進める、ことに慣れよう

    試合に勝つ、そう意気込んで試合に入る。でも、いざ始まってみると…

  6. テニス スマッシュ

    戦術

    ノーアドバンテージ形式の試合は、とにかく「先行型」が大前提

    テニスの試合、大きく分けて二つあると思います。一つは、デュース…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「役割の変化は、必ず成長につながる」後輩の指導で自分の練習が出来ない君へ
  2. テニス リターン

    リターン

    速い球を待って、遅い球をさばくのがテニスの基本の待ち方だと思う
  3. テニス 技術

    ボレー

    テニスの試合では、強力なスマッシュが打てなくても、「ロブ対処上手」にはなれる!
  4. テニス 練習

    ストローク

    ラリーの中で「ストローク戦からボレー戦へ」テンポが変わるテニスに対応するには?…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブを打つポジション」で実力がある程度分かってしまう、その理由とは?
PAGE TOP