戦術

綺麗でないポイントにこそ、本質がある

自分のテニスの、本質的な部分。

これに気付けるかどうか、がこれからのアナタ自身の成長に大きく関わって来ます。

何度か書いて来ましたが、自分を知るということは、本当に難しいのがテニス。

本質的な部分って、試合の中で何気ない、決して綺麗ではないようなポイントに隠されていること、が多い。

私はそう思いますよ。

 
 

記憶に残るのは、派手なポイントだけ

試合の後に、どうでしょう。

みなさんの記憶に残っているのは、こういうポイントじゃないでしょうか。

自分で綺麗に決めたポイント、そして相手に、綺麗に決められたポイント。

もちろん、こういうポイントも大事です。

でも、それだけじゃない。

実は、どっちに転ぶか分からないような長いラリーのポイント、小さいミス、にこそ、アナタ自身の大事な要素が詰まっている。

そこを突き詰めて考えない限り、今以上の成長って無いと思いますよ。



「取れそうで取れない」ポイントは、一生取れない

そう簡単に、はいかないです。

例えば、格上相手の試合でアナタ自身は「もう少しで、取れたな・・・」と思うポイントがあったとしても、そう簡単じゃない。

取れそうで取れない、と感じているのはアナタだけ。

相手は、もっと余裕がある可能性が高い。

取れそうで取れない、その理由を本当にしっかり考えないと、上にいくのは難しい。

「そんなの、分かんないよ」と投げるのは簡単。

でも、それだとずっと負ける側から抜け出せないんです。



「これは、こういうもの」という先入観

何となく取れないポイント、をどう変えていくのか。

ここに本質を見出せば、まだまだテニスは強くなる。

どこかでアナタ自身、「これは、こういうもの」という固定概念があるはず。

取れない理由は、必ずアナタ自身の中にある。

先入観をしっかり、自分の中で受け入れていくことが大事です。

綺麗でないポイント、だけど取れないポイント、はアナタ自身そのもの、ですから。

つまりは、発想を変えれば全てが変わる可能性がある。

ぜひ、意識してみて欲しいポイントなんです。

   

変えていけるところに、未来がある

負け試合を、勝ち試合にする。

勝ちを拾っていくテニスに、変えていく。

勝ちを拾うには、今までの失点していたポイントを得点に変えていく、しかないですから。

その為には、失点の理由に自分のテニスの本質を見出すこと。

苦しいですが、ぜひ自分の試合の動画を見たりしながら、考えてみて下さい。

きっと、固定概念に気付けるはずです、みなさんなら。



試合の中でのポイントは、1セットで40~50ポイント。

その中で、どっちに転ぶか分からないポイントを、どう自分で得点に変えていけるか。

根本的なところ、を見直しても良いかも知れない。

年末年始、は良い機会。

私自身、このサイトを一から見直そうと考えています。

一緒に、向き合っていきましょう。

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適

関連記事

  1. テニス シングルス

    戦術

    相手に自滅を促す戦い方は、究極の体力温存法

    テニスの試合で、「楽に勝てたな・・・」という試合、皆さんも経験あるはず…

  2. テニス 並行陣

    戦術

    試合後半で相手が攻め急いでるときは、体力切れを起こしている可能性大

    試合の後半、疲れてきても・・・・ぜひ、冷静に相手を見て欲しい。…

  3. テニス 格上相手

    戦術

    粘り強く勝てる人は「同じことを根気よく繰り返す」ことが出来る人

    試合の中で、粘りが足りないで淡泊な試合が多い人は、なかなか勝てない人が…

  4. テニス メンタル

    戦術

    何かを変えることは、過去の自分を否定することとは違う

    何かを変える、変える必要があると感じている方。間違いなく、テニ…

  5. テニス ボレー

    戦術

    あえて言います、40-40の1本勝負では、強気でいきましょう!

    これは、最近の私のテーマでもあります。今までは、ダブルスの試合…

  6. 戦術

    突き抜けたものを見ないと、実は普通すら分からない

    「アナタのテニス観は、普通じゃないですよね」というお言葉を、よ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ミス

    シングルス

    シングルス戦術の基本、相手に「片サイドを、徹底的に意識させる」ラリー戦に持ち込む…
  2. ストローク

    ボレーヤーに向かってストロークを打ち込む、ことを恐れてはいけない
  3. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスの展開方法は、横の動きだけだとワンパターンになるので注意が必要
  4. テニス ストローク

    ロブ

    テニスの試合で、「ロブで逃げる」という発想を卒業しよう
  5. テニス リターン

    フットワーク

    「まず準備!」テニスに必要な素早い横向きの意識を身に付ける為に
PAGE TOP