戦術

綺麗でないポイントにこそ、本質がある

自分のテニスの、本質的な部分。

これに気付けるかどうか、がこれからのアナタ自身の成長に大きく関わって来ます。

何度か書いて来ましたが、自分を知るということは、本当に難しいのがテニス。

本質的な部分って、試合の中で何気ない、決して綺麗ではないようなポイントに隠されていること、が多い。

私はそう思いますよ。

 
 

記憶に残るのは、派手なポイントだけ

試合の後に、どうでしょう。

みなさんの記憶に残っているのは、こういうポイントじゃないでしょうか。

自分で綺麗に決めたポイント、そして相手に、綺麗に決められたポイント。

もちろん、こういうポイントも大事です。

でも、それだけじゃない。

実は、どっちに転ぶか分からないような長いラリーのポイント、小さいミス、にこそ、アナタ自身の大事な要素が詰まっている。

そこを突き詰めて考えない限り、今以上の成長って無いと思いますよ。



「取れそうで取れない」ポイントは、一生取れない

そう簡単に、はいかないです。

例えば、格上相手の試合でアナタ自身は「もう少しで、取れたな・・・」と思うポイントがあったとしても、そう簡単じゃない。

取れそうで取れない、と感じているのはアナタだけ。

相手は、もっと余裕がある可能性が高い。

取れそうで取れない、その理由を本当にしっかり考えないと、上にいくのは難しい。

「そんなの、分かんないよ」と投げるのは簡単。

でも、それだとずっと負ける側から抜け出せないんです。



「これは、こういうもの」という先入観

何となく取れないポイント、をどう変えていくのか。

ここに本質を見出せば、まだまだテニスは強くなる。

どこかでアナタ自身、「これは、こういうもの」という固定概念があるはず。

取れない理由は、必ずアナタ自身の中にある。

先入観をしっかり、自分の中で受け入れていくことが大事です。

綺麗でないポイント、だけど取れないポイント、はアナタ自身そのもの、ですから。

つまりは、発想を変えれば全てが変わる可能性がある。

ぜひ、意識してみて欲しいポイントなんです。

   

変えていけるところに、未来がある

負け試合を、勝ち試合にする。

勝ちを拾っていくテニスに、変えていく。

勝ちを拾うには、今までの失点していたポイントを得点に変えていく、しかないですから。

その為には、失点の理由に自分のテニスの本質を見出すこと。

苦しいですが、ぜひ自分の試合の動画を見たりしながら、考えてみて下さい。

きっと、固定概念に気付けるはずです、みなさんなら。



試合の中でのポイントは、1セットで40~50ポイント。

その中で、どっちに転ぶか分からないポイントを、どう自分で得点に変えていけるか。

根本的なところ、を見直しても良いかも知れない。

年末年始、は良い機会。

私自身、このサイトを一から見直そうと考えています。

一緒に、向き合っていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. テニス 体力

    戦術

    力んで入っても、そのプレーで序盤に体力を消耗するだけ

    テニスの試合、1セットマッチなのに試合終盤で体力が持たない人。…

  2. 戦術

    アナタの攻撃力を、今すぐアップさせる方法とは?

    自分の攻撃力をアップしたい、試合で主導権を握りたい。でも、も…

  3. テニス ボレー

    戦術

    試合で願望に満ちたウォッチは、大抵入る

    「頼む!出てくれ・・・」と思いながら、相手のボールをスルーして・・・。…

  4. 戦術

    テニスの試合、初対面の相手には遠慮なく「自己紹介」から入っていこう

    試合において、まず最初にやるべきことは・・・何でしょう。私はあ…

  5. テニス リターン

    戦術

    相手コートにボールがある瞬間、こそアグレッシブに

    アグレッシブな攻撃って、どんなイメージでしょう。速いサーブ?強…

  6. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合では、「ボールの滞空時間を作り、奪い合うこと」が勝利への鍵になる

    テニスのラリーの中で、意識して欲しいのは時間の奪い合い。ここに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サイト

    日々の雑記

    自分が読んで、「あ、あのとき読んだアレが役に立ったな・・・」と思ってもらえるよう…
  2. ストローク

    ネットプレイヤーに対して、ロブ頼みを卒業しないと
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ミックスダブルス初心者は、まずこう戦おう!」基本となる作戦5つ
  4. テニス ストローク

    ストローク

    最近自分のテニスが、「キレイになり過ぎ」てはいないか?
  5. ストローク

    「腰が引けてるよ!」テニスの試合でストロークが安定しない人の共通点とは?
PAGE TOP