テニススクール

1対n の教育では、強くなれない

テニスの試合に強くなりたい。

指導してもらっているのに、なかなか成果が出ない・・・と悩んでいるみなさん。

私は最近特に思うんですが、この「指導」って難しい。

特に、私たちが経験してきたような形は、テニスの上達には難しいんじゃないかと。

先生がいて、生徒がいる。

そりゃ、生徒は楽ですよ。

 

1対n の教育では、強くなれない

 


 

1.テニススクールのレッスン、学校と一緒

中学、高校の授業に近い気がします。

先生がいて、生徒がいる。

これが当たり前になっているのが、すごく怖い気がします。

1人対多数、でその多数の人たちはほとんど何も言わないで、ただ先生が1人でしゃべっている。

何かを教える、という感じは当然形だけですからね。

私も中にいた身ですから分かりますが、テニススクールとしては生徒さんに継続してもらわないと成り立たない。

テニスの上達、試合で勝つ、ということは二の次三の次、になるのは当然です。

 

2.そこに疑問を、持てるかどうか

大事なことは、そのスクールの在り方じゃない。

そこに疑問を持てるかどうか、です。

試合に勝ちたいなら、自分の中で「何か違うんじゃないか」という視点を持つこと。

これが持てれば、アナタ自身、試合に強くなります。

もう、誰から教わらなくても強くなるでしょう。

でも、ほとんどの人は気付かない。

1対nの環境って、nは楽ですからね、とにかく。

テニススクールをどう活用するのかは自分次第、だからこそ、まずはここに視点を置くことが大事です。

 

3.だからこそ、私自身がやりたいこと

良い情報やアイデアを持っているのは、テニスコーチだけじゃない。

実は、みなさん自身なんです。

特に、社会人になってテニスを始めたような方は、視点も新しいし先入観も無い。

練習出来ない環境が当たり前、なのですごく熱心で意欲も高い、工夫に満ちている。

私は、そういう人たちのアイデアやヒントを、よりみんなで活かしていく道を考えていきたい。

と考えて、テスト的に実施しているのが「読者ミーティング」の企画です。

今まで2回、10名弱で実施させて頂いて来ましたが、私自身すごく勉強させて頂いています。

参加者のみなさんが持っているものは、他の参加者のみなさんにすごく有効なものばかり。

もっともっと、良い形に出来るように、これから試行錯誤していきたいと思います。

 



 

4.自分を表現すること、が強くなる道

そして読者ミーティングを実施して思ったのが、みなさん本当に「お話」がお上手だということ。

私なんかよりも、ずっとテーマについてしっかり考えて話してくれる。

この表現力って、テニスの成長においてもすごく大事なポイントなんです。

1対nの教育では、ほとんど必要とされない部分ですけどね。

自分の考えを、言葉にして人に伝える。

テニスだって一緒です。

自分の考えを、ボールに乗せて相手に伝える。

この表現力が高い人は、どんな技術も身に付けていく土壌が豊かということ。

私はこのサイトでも、1対nの教育や指導をするつもりは一切ありません。

これからも、どんどん工夫してみなさんの内側から、色々なものを引き出していきたいと考えています。

 

何だかよく分からない文章になってしまいましたが・・・少しでも、伝わっていれば嬉しいです。

恐らく、読者のみなさんは既にどこかで理解している、実践していることだと思います。

何か変わったことをやれば、表現すれば、苦しい想いをすることもあるでしょう。

ですが、そこからがスタートです。

確実にテニスは強くなる、そう信じて前に進むだけ、ですね。

ピックアップ記事

  1. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス 練習

    テニススクール

    日本のテニスコーチの8割は、「自己満評論家」

    キツイタイトルで、すみません。でも、私自身そうだったから。…

  2. テニス ロブ

    テニススクール

    中級者から先のステップに、「自分中心を卒業する」という視点は欠かせない

    みなさんの中にも、「一体自分は、中級?上級?」と悩んでいる方も多いと思…

  3. テニス 予測

    テニススクール

    テニススクールに通っている方は、「お客様」のままで終わるのはもったいないと思う

    テニススクールに通っている皆さん、普段はどんな雰囲気で練習をしています…

  4. テニス メンタル

    テニススクール

    どんなに凄い技術や経歴を持っていても、全てのテニスコーチは「信頼」から始まる

    4月から新しい仕事、テニスコーチとして働き始めた方もいるでしょう。…

  5. テニス 観察眼

    テニススクール

    テニススクール通いのジュニア選手に、部活でテニスを続ける選手が勝つ方法とは?

    中学生や高校生の皆さんの中には、大きく分けて2パターン、テニスを鍛える…

  6. テニススクール

    ボレー練習、無意味なのはコチラ

    普段の練習、本当に試合で使えるものかどうか。結構、意識しないと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスの試合で「スマッシュを打つ時にしっかりラケットに当たらない・・・」人は、基…
  2. ボレー

    相手がスライスの構え、ならボレー側は突っ込み要注意
  3. テニス ストローク

    ボレー

    沈められたボールを深くボレー、って、いつもアウトばかりじゃない?
  4. テニス フットワーク

    その他

    テニスの試合で、「厳しいボールを追いかけるときに声を出す」ことで自分をプッシュで…
  5. テニス コート

    サーブ

    「頼むからサーブ、入れてくれ!」と思う前に・・・アナタには出来ることがあります
PAGE TOP