リターン

ジャックナイフリターン、で攻めよう!

少し前までは、異端なショットだったかもしれません。

でも、現代テニスでは、これが打てないと逆に辛い。

ぜひ、アナタ自身、トライしてみて下さい。

年齢、性別問わず、きちんと練習出来れば必ず打てるようになります。

先入観を取っ払って、読んでみて下さい。

 
 

ジャックナイフ、打てる?

これは、若者のショットでもジュニアからしっかりやって来たテニス選手のショットでもありません。

高い打点のストロークを、効率よく打つ軸足1本のショット。

しっかり練習すれば、必ず身に付きます。

昔の飛ばないラケットだったら、私も推奨はしません。

でも、今のラケットなら大丈夫。

しっかり打点さえ意識してラケット面を作ることが出来れば、大丈夫です。

難しいのは、足の作り方だけ

これだけ、練習が必要です。

数を打つよりも、慣れることですね。

まずはバックハンドからジャックナイフを身に付けると、高い打点がさばけてテニスの幅一気に広がります。

右利きの方であれば、右足1本で立って、バックハンドを打つ感じ。

こうすると、高い打点も打ちやすいはず。

軸足が1本なので、下半身は逆に安定するんですよ。

2本脚で立っていると、体重を移動しないといけないですからね。

1本で立っているから、シンプルなことしか出来ない。

まずは、この足だけ意識して素振りから練習してみて下さい。

なぜ、リターンに向いているのか?

それは、高い打点を前に踏み込んで打つから。

ストロークだと、より動いて止まって打たないといけないところが、サーブは来るエリアが決まっている。

しかも、バック側に来そうとか、傾向が読みやすい。

最初のショットなので、「ジャックナイフでいくぞ!」と決めやすいですからね。

高い打点にキックするようなサーブも、この技術があれば打ち返せる。

ぜひ、意識してリターンに取り入れて欲しい。

特に相手のセカンドサーブ、をチャージしていくには便利ですから。

自分もリズムに乗って行ける

これは私の感覚ですが、こういうジャックナイフのようなショットが決まると気持ちが良い。

リズムに乗って、リターンゲームからチャンスを作りやすいんです。

バックハンドの高い打点を、しっかり踏み込んで打てると相手も苦しいですから。

片手バックハンドの方でも、足さえ上手く作れれば大丈夫。

リズムに乗るようなショット、の一つとして自分で持っておくと便利です。

バックハンドの高い打点、悩んでいても始まらないですよ。

何か新しいこと、を始めるのが一番です。

   

お勧めの練習法

リターンの素振り、をしっかりやりましょう。

スプリットステップから軸足をセット、そのままその1本の脚で立って打つイメージで。

相手の力を利用するので、打つと言ってもラケット面重視。

ラケット面をしっかり作れば、打点だけでジャックナイフは攻撃的なショットになります。

サーブがどこにバウンドして、どう跳ねて来るのか。

をイメージしながら、ぜひフットワークを合わせた素振り、練習してみて下さい。

基本は前、前に踏み込んでいく姿勢です。



両手バックハンドの方は、ぜひ身に付けて欲しい。

そうすれば、バックハンドのリターンへの苦手意識も薄らいでいくと思いますよ。

新しいことに取り組んでいくと、テニスもまた楽しくなっていきますから。

来年のテニスに向けて、ぜひ仕込んでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. テニス サーブ

    リターン

    テニスのシングルスの試合序盤は、「セカンドサーブをリターンからチャージ!」して先制パンチを!

    シングルスの試合は、序盤で流れを大きく引き寄せたい。そんなとき…

  2. リターン

    リターンミスが多い人は、「伸び上がり」を抑えて安定感を高めよう

    リターンでミスが多い、ネットやアウトが多い方は、伸び上がっているケース…

  3. テニス ロブ

    リターン

    「セカンドになったら、攻めよう」と考える人が9割

    相手のサービスゲームで、何を考えるのか。私はいつも、「あっと驚…

  4. テニス 戦術

    リターン

    試合でリズムを変えたければ、スライスリターンから

    試合の流れは悪い、リズムを変えたい時。そんな時は、スライスリタ…

  5. テニス サーブ

    リターン

    中級レベルの相手の試合なら、センターへのサーブは捨てても良い

    テニスの試合、しっかり相手のレベルを見極めること。それは、まず…

  6. テニス スライス

    リターン

    「速いサーブを打ち返せ」ビッグサーブ相手にしたときのテニスの試合で必要なリズム感

    200キロのサーブを受けたことがある?俺の場合、正式に計ったサ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    テニスの試合で力が入ってミスばかり・・・の人は、ポイント奪取の考え方を変えましょ…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    トップスピンのストロークが苦手な人は、打ち終わりの肘の位置が低い人が多い
  3. テニス ダブルス

    ストローク

    ストロークで肘をたたむような打ち方は、意外と本人は気付かない
  4. ボレー

    意表を突いたボレー、が効果的な場面は?
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で「リターンをストレートに展開する」メリット5つ
PAGE TOP