テニス テイクバック

ストローク

両手バックハンドでジャックナイフを極める!為に必要なのは3つのポイントだけ

現代テニスでは、ライジングショットは不可欠。

前に入って攻撃していくストロークが打てないと、後ろに下がってはドロップでやられる、前に出られる。

もはや、両手バックハンドストロークでのジャックナイフは、「打てれば強い」ではなく、「打てないと弱い」くらい、一般的な技術になっていると私は思います。

学生さんだけでなく、一般の方もぜひ覚えておいて欲しい3つのポイント、まとめてみました。

 

両手バックハンドでジャックナイフを極める!為に必要なのは3つのポイントだけ

 

1.ジャンプは最小限で良い

つい、高くジャンプして、高い打点で!

というイメージ、になりがちですよね。

もちろん間違いでは無いのですが、そこに注力するとバランスが崩れるし難しい。

右利きの方であれば、しっかり右足1本でバランスを取ること、がまずは大事です。

そこに慣れたら、右足1本でジャンプするステップに進みましょう。

最初から大きくジャンプしようとしないで、まずは片足立ちでしっかり肩くらいの高さでボールを捕らえること。

これがポイントです。

 

2.しっかりボールを引き付ける

高い打点でライジング、で的確にボールを打つには「先回り」の意識が大事。

速くバウンド地点を予測し、そこで引き付けて待ちかまえる。

ジャックナイフが苦手な人は、この判断力と決断力が鈍い。

思い切って早く動いて、細かい微調整はバウンド後でも大丈夫です。

バウンド地点に軸足、右利きの方のバックハンドなら右足、を1メートル近くまでしっかり近付けておきましょう。

 

3.狙いはクロス方向!

打つコース、オススメはクロス方向に長く、です。

錦織選手はジャックナイフでダウンザライン、ストレートに軽々展開していきますが、これが結構難しい。

最初はしっかり、クロス方向に押し出していく、長く打つイメージで打ってみましょう。

ネットしないように、しっかり軌道は上方向に。

エースを狙うのではなく、タイミングを早く打って相手のリズムを乱すことがまず最初の狙い。

攻撃的なジャックナイフを見せられるだけで、相手はヒヨッてくれる可能性大です。

 

 

まず、先入観を消し去りましょう。

ジャックナイフのストロークは、難しくもないし、若者のショットでも無い。

大人の方、年配の方でも、むしろ効率的な身体の使い方、です。

ぜひコツを押さえて、右利きの方は右足1本のジャンプ!でトライしてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…

関連記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    「ストロークで緊張して自分のショットが打てない…」と感じている人は、打った打点に1.0秒間、顔を残し…

    ストロークのフォームが安定しない、軌道もばらけてしまってミスが多い・・…

  2. テニス サーブ
  3. テニス ドロップショット

    ストローク

    バックハンドがいつも浅くなる人が、見直したいストローク5つの基本

    試合の中で、バックハンドに苦手意識がある人は多いですよね。なぜ…

  4. テニス スライス

    ストローク

    シングルスの試合こそ、「ロブの技術には精度」が求められる、その理由とは?

    シングルスの試合、強い選手の特徴って、どんな部分が目立ちますか?…

  5. ストローク

    「まずは、ここから。」テニスの試合で使えるストロークの精度を高めるには順序が

    テニスというスポーツは、相手と打ち合うんだけど、その打ち合いをしっかり…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークの基本、「振り切って軌道を高く」の意識は試合でこそ活きる

    試合の中で、ストロークが入らなくなったとき・・・もうどうしようも無いく…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスの試合で「厳しいロブをスマッシュで打ち込む」為には、ボールから目線を切るこ…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストサーブ、セカンドサーブ関係無く「同じサーブを2回打つ」という作戦につい…
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    片脚が少しだけ浮いている状態、の方がボレーは打ちやすい
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ハーフボレーの一番のコツは、思い切ってラケット面を下に向けること!
  5. テニス サーブ

    ボレー

    フォアハンドボレーでポーチ!の裏技を教えます
PAGE TOP