スマッシュ

試合で使える「回り込みスマッシュ」を成功させるコツ4つ

ロブが上がって、スマッシュか、バックボレーか・・・。

これ、大きな違いになると思いませんか?

私が思うに、スマッシュはもっと打てる、回り込めるはずなんです。

もちろん、厳しいロブならバックハンドのハイボレーカット、でなければ難しいケースもあります。

でも、少しでも時間と余裕があるなら、積極的にスマッシュで回り込みたい。

それが私のスタンスです。

 

試合で使える「回り込みスマッシュ」を成功させるコツ4つ

 


 

1.しっかり肩を入れる

相手に背中を向ける、ような態勢を作ってみて下さい。

後ろにも早く下がれるし、打点が後ろでも打てるようなスマッシュ、が打てるはず。

この肩の入りが甘いと、スマッシュって打てないんです。

しっかり肩が入れば、多少バックハンド側に上がったロブでもスマッシュが打てる。

特に男性の方なら、多少打点が後ろでもスピンサーブのような要領で打てるはず。

右利きの方なら、素早く左後ろ向き、の態勢を作って待ち構えましょう。

懐の深いスマッシュ、が打てるはずです。

 

2.バック側へのロブを予測する

上手い相手ほど、バック側をロブで狙って来ます。

それを予測して、呼び込んでみる。

これくらい大胆に、ネットプレーは考えて良いんです。

バック側にロブを打たせて、回り込んで打つ!

このイメージで練習出来ていれば、身体が自然に反応するはずです。

バック側に来たからバックボレーで処理しないといけない、なんてルールは無い訳ですから。

 

3.打点が低くても良い

回り込むということは、こういうこと。

多少打点が落ちても、私はスマッシュを打つべきだと考えてます。

窮屈なスウィングになっても、仕方ない。

バックハンドボレーより、スマッシュを優先したいです、試合では。

身体を上手く斜めに傾けると、ラケットを振るスペースも出来るはず。

強引さが必要、な時もテニスにはあります。

普段の練習から、身体の使い方を意識してみて下さい。

 

4.ボールから目線を切る

回り込む強引なスマッシュ、を打つ為のフットワーク。

そのためには、相手のロブから目線を切るという勇気も必要でしょう。

ずっと目で追っていると、どうしても身体の動きは鈍くなります。

ボールから目線を切って、思い切って下がる。

打つ直前にまた見る、ような打ち方もぜひトライしてみて下さい。

スマッシュの打てる範囲を拡げるには、多少のリスクは必要。

出来ないと決めつけないで、やってみることをお勧めします。

 



 

5.お勧めの練習法

ロブ対スマッシュ、のラリー練習。

これを、ボレー側がバック側を空けた状態でラリーしてみましょう。

バックハンド側にロブを高めに上げて、それを回り込んでスマッシュ。

最初は上手くいかなくても、身体の使い方を工夫してみましょう。

目線を切ったりする練習をする為にも、高さを出したロブ、で調整してみて下さい。

ロブを上げる側、も良い練習になるはず。

回り込んでスマッシュ、多少の強引さは必要。

テニススクールだと、怒られるかもしれませんが・・・。

 

スマッシュが強い人って、そこに強引さがある。

もちろん、ミスすることもあれば、カットの方が良いかなという場面もあります。

でも、基本はやっぱりスマッシュを打たないと、テニスでは。

ミスが怖い、という自分に打ち勝って回り込む。

その一歩が、アナタ自身の実力になっていくはずです。

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. スマッシュ

    ネットプレーで難しいとされる、「バックハンド側に上がったロブ」をスマッシュで打ち抜くには?

    ネットプレーの弱点、それはバック側に上げられるロブ。この対処を…

  2. テニス ボレー
  3. テニス ボレー

    スマッシュ

    「深いロブは、全部スマッシュ?」の発想に加えたいのが、アングルボレー

    よくご質問で頂くのが、この問題。「深いロブは、全部スマッシュを…

  4. テニス スライス

    スマッシュ

    バドミントンのように、スマッシュの後は前をケアしよう

    最近、バドミントンの日本勢の躍進がすごいですよね。近しいテニス…

  5. テニス ダブルス

    スマッシュ

    試合でしっかり「ポイントが奪える」スマッシュに必要なのは、2種類スマッシュを打ち分ける技術です

    スマッシュでポイントを終わらせることが出来ると、試合でも乗っていける。…

  6. テニス ロブ

    スマッシュ

    スマッシュを安定させるなら、スウィング後半はゆったりと

    スマッシュは力強く・・・でも、それって危険。試合で、なかなか入…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サーブ

    スマッシュ

    深い位置からのスマッシュでも、「しっかりコースを突いて、相手を追い込む」為に必要…
  2. テニス メンタル

    ボレー

    試合中の「ネットプレーでのミス」を、相手は絶対引きずっている
  3. テニス ボレー

    戦術

    格下相手こそ、焦らずチャンスを待とう
  4. ボレー

    フラットボレーは、肘を伸ばして打ち終わろう
  5. テニス 雨

    メンタル

    上達し続けるテニス選手は、永遠の初心者
PAGE TOP