スマッシュ

ネットプレーで難しいとされる、「バックハンド側に上がったロブ」をスマッシュで打ち抜くには?

ネットプレーの弱点、それはバック側に上げられるロブ。

この対処をしっかり出来ないと、前に詰めることが難しくなって攻撃力が物足りなくなってしまいます。

バックボレーで凌ぐ技術が基本ですが、もし先読み出来れば思い切って回り込んだスマッシュを打つのも有効!

時にテニスの試合では、セオリーを無視して思い切った動きが功を奏す場面もあります。

チャレンジも兼ねて、練習してみましょう!

 

ネットプレーで難しいとされる、「バックハンド側に上がったロブ」をスマッシュで打ち抜くには?

 


 

■まずは相手のラケット面を見たロブの予測

相手がどういう選手なのか?

ロブをそもそも多用するタイプか、コースまでしっかりバック側を狙ってくるような嫌らしい相手かどうか?

この認識をしっかり持っておきましょう。

ダブルスならペアと共有しておく。

思い切った策に出るわけですから、自分勝手な行動はNGです。

 

■自分のポジションを斜め後ろに素早く移す

バックハンド側に上げられる前に、予測して思い切って自分のポジションを変える。

ロブが甘ければ、上がった後にでもクロスステップを使って下がるようにしてみましょう。

右利きの方であれば、右足がどんどん左足を追い越して下がっていくようなステップを、練習してみてください。

左利きの方であれば、その逆ですね。

落下点に入るのが難しいと思ったら、無理せずにバックボレーでの処理も慌てずに。

 

■コースは順クロスが打ちやすい!

打つコースは、逆クロスはさすがに難しい。

順クロス方向に、少し強引に打っていくくらいの意識で良いでしょう。

高い打点で打つことにも、こだわらなくてOK。

倒れ込みながら打つようなショット、スマッシュでも良いでしょう。

キレイに打つ、というよりは押し込んでいく。

大事なのは、「バックボレー狙いを許さない!」という意図を相手に見せつけること、です。

 

テニスの試合は、誤解に始まり誤解に終わるケースも多い。

この駆けに勝って、「スマッシュが得意」という感じで思ってくれれば、相手の武器の一つをつぶすことになります。

その為にも、相手のラケット面と雰囲気、性格を読んで先読みすることが大事。

ぜひロブ感知名人に、なって下さい!

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. テニス ダブルス

    スマッシュ

    今現在のスマッシュを「試合で使えるスマッシュ」に変えていく4つのポイントと練習法

    アナタ自身が試合に出たときに、スマッシュでポイントを決められるとどんな…

  2. テニス ストローク

    スマッシュ

    「身体の開きを抑えれば見違える!」テニスのスマッシュを安定させるコツ

    ストロークやボレーで相手を追い込んでも、ロブを上げられると途端に不安に…

  3. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュを強化したいなら、「結論から入る」フットワークでいこう!

    スマッシュを打つ、練習ではちゃんと打てているのに・・・。試合で…

  4. テニス メンタル

    スマッシュ

    遅いスライスロブをスマッシュするときには、「待たないで自分からジャンプ!」していこう

    スライスロブ、試合の中で打たれるケースが多いはず。特に女子ダブ…

  5. テニス ストローク

    スマッシュ

    スマッシュはコース勝負!のために必要な、「打つコースを見ないで振り切る」練習は大事です

    テニスのショットは、パワーよりもコースで勝負。特に学生の皆さん…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「深いストロークを合わせるだけの返球」になる人は、考え方から変えま…
  2. テニス シングルス

    その他

    テニスの試合で「打つコースがバレバレ」になってしまう人の特徴4つ
  3. テニス 感覚

    メンタル

    スランプ脱出の鍵は、過大評価してしまう過去からの決別が一番
  4. テニス メンタル

    戦術

    試合に勝つためには、やることが多い・・・?むしろ逆だと私は思います
  5. テニス スマッシュ

    ボレー

    ネットプレーで、「どんなに打ち込まれても壁のように返し続ける!」ことができれば、…
PAGE TOP