テニス スマッシュ

スマッシュ

ハイボレーでミスが続くときには、スマッシュに切り替えるのも作戦として有り

ハイボレーって、チャンス?でしょうか。

意外と、バックボレーなんかは特に難しいので、チャンスどころかピンチ、かも知れませんね。

試合の中で、特に女子ダブルスの皆さんに多いのが「手堅くいこうとし過ぎて、ミスが重なる」ようなこと。

ちょっと、発想を変えてみましょう。

相手の印象度、プレッシャーを操作するつもりで、プレーしてみれば変わりますよ。

 

ハイボレーでミスが続くときには、スマッシュに切り替えるのも作戦として有り

 

1.つなぐボレーって、簡単?

つい、私たちは誤解して甘く見てしまいますね・・・。

つなぐボレー、ただ返球するだけのボレーは、そんなに難しくないと。

実際の試合では、これが結構難しい。

ハイボレー、頭より高い位置でのボレーは力が入り辛いし、厳しいロブを追いかけて返球するケースだって多い。

簡単そうに見えるけど、実際は難しい。

でも、相手からすると怖く無いように見えてしまう。

何かを変えないと、苦しい状況は変わりませんね。

 

2.スマッシュを忘れてない?

私の高校時代、のコーチの考えはこうでした。

「基本はスマッシュ、どうしても難しいときにハイボレーカット」という考え。

まぁ、言われてみれば当たり前なんですが・・・結構これ、スマッシュを逃げてハイボレーでカット、カットが続いてしまうことがある。

安全策としては有効ですが、相手からすれば「困ったら上げておけば良い」という逃げ道を作ってしまうようなモノ。

それに、何度もハイボレーが入るとは限らない。

安全策にいっているのにミス・・・が、テニスの試合では一番まずいパターンですからね。

 

3.崩れていくポイントは、決まっている

いつも試合の中で、崩れるポイントは決まっています。

「入れにいったのに、入らない」というミス。

「安全策なのに、ミスしてしまう」から、人は凹むしなかなか立ち上がれない。

自分の中で、見直してみませんか?

どいうポイントで、自分は落ち込んでいるんだろうか?と。

意外と、ハイボレーをミス・・・してしまっているようなポイント、だと思いますよ。

 

4.スマッシュに切り替えよう!

どこかのタイミングで、打ちましょう!

下がってスマッシュ、アウトしてもOK。

相手からすると、これが一番嫌なはずなんです。

ロブを上げ辛くなるし、何より打ってくる相手には備えをしないといけない。

フォアハンド側のハイボレーは、多少強引にでも打っていく。

この姿勢は、試合前から作っておかないと現場では修正出来ないケースも多い。

スマッシュ、にいつでも切り替えられるように。

アナタの心は、決まってますか?

 

5.特に女子ダブルスの皆さんへ

次のレベル、にいくのには必要でしょう。

サービスラインよりも後方、からのスマッシュ。

しっかり振り抜くには、技術よりもまず覚悟。

ハイボレーでミスが続く、ような雰囲気を自分で感じられることが出来るかどうか。

これは、ミスが重なってからでは遅い。

出来るだけ、先手、先手、でいきましょう。

 

スマッシュを打つ、というポイントって意外と少ない。

ハイボレーで処理、を推奨するコーチもいますしね・・・もちろん、手堅くいくポイントも大事ですよ。

でも、打っていくポイントは大事。

気付いたら、ハイボレーでつないでばっかりで怖く無い相手・・・になっているかも

ピックアップ記事

  1. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. スマッシュ

    「ダブルスのスマッシュ、打っていない方は何してる?」細かい意識の差が、ダブルスの実力差です

    ダブルスのペアでスマッシュが強い、という印象はどういう時に抱きますか?…

  2. テニス 練習

    スマッシュ

    テニスのスマッシュに、「フラットな当たりでスピードを求める」から、試合で全く入らなくなる

    テニスの実力が一番如実に反映されるショット、それは何度も書きましたが「…

  3. テニス ダブルス

    スマッシュ

    「ダブルスでスマッシュが重なりそう!」なときには、前衛優先の考えでシンプルに

    ダブルスの試合で、「スマッシュが重なりそう・・・」になったこと、ありま…

  4. テニス スライス

    スマッシュ

    スマッシュをロブで粘れる、ようになるには「身体に引き付ける勇気」を養っていこう

    相手の速いボールを、しっかり返球出来る人。特にスマッシュをロブ…

  5. テニス 楽天

    スマッシュ

    スマッシュは2回で1セット、くらいのつもりで楽に打とう

    スマッシュは、結果的にポイントを獲れるかどうか。速さや威力、も…

  6. テニス 攻撃

    スマッシュ

    テニスのスマッシュ、実は「角度を付けた方が入りやすい」ことを証明します

    角度を付けたスマッシュ、試合で打ちたいですよね。でもそれって、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュのフットワークが遅い人のほとんどは、「身体が正面向きで足が運べない」か…
  2. テニス 雨

    メンタル

    テニスの練習で「自分は怒られてばかり・・・」と愚痴を言っている人は、怒られて成長…
  3. テニス ラケット

    ボレー

    「アングルボレーは、前に腕を押し出す」ことでテニスの試合でミスが減り、使えるショ…
  4. リターン

    ブレイクバック、から乗っていける選手になろう!
  5. テニス ミス

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合では、「女性側に上げるロブの精度」に実力差が最も現れます
PAGE TOP