テニス スマッシュ

スマッシュ

ハイボレーでミスが続くときには、スマッシュに切り替えるのも作戦として有り

ハイボレーって、チャンス?でしょうか。

意外と、バックボレーなんかは特に難しいので、チャンスどころかピンチ、かも知れませんね。

試合の中で、特に女子ダブルスの皆さんに多いのが「手堅くいこうとし過ぎて、ミスが重なる」ようなこと。

ちょっと、発想を変えてみましょう。

相手の印象度、プレッシャーを操作するつもりで、プレーしてみれば変わりますよ。

 

ハイボレーでミスが続くときには、スマッシュに切り替えるのも作戦として有り

 

1.つなぐボレーって、簡単?

つい、私たちは誤解して甘く見てしまいますね・・・。

つなぐボレー、ただ返球するだけのボレーは、そんなに難しくないと。

実際の試合では、これが結構難しい。

ハイボレー、頭より高い位置でのボレーは力が入り辛いし、厳しいロブを追いかけて返球するケースだって多い。

簡単そうに見えるけど、実際は難しい。

でも、相手からすると怖く無いように見えてしまう。

何かを変えないと、苦しい状況は変わりませんね。

 

2.スマッシュを忘れてない?

私の高校時代、のコーチの考えはこうでした。

「基本はスマッシュ、どうしても難しいときにハイボレーカット」という考え。

まぁ、言われてみれば当たり前なんですが・・・結構これ、スマッシュを逃げてハイボレーでカット、カットが続いてしまうことがある。

安全策としては有効ですが、相手からすれば「困ったら上げておけば良い」という逃げ道を作ってしまうようなモノ。

それに、何度もハイボレーが入るとは限らない。

安全策にいっているのにミス・・・が、テニスの試合では一番まずいパターンですからね。

 

3.崩れていくポイントは、決まっている

いつも試合の中で、崩れるポイントは決まっています。

「入れにいったのに、入らない」というミス。

「安全策なのに、ミスしてしまう」から、人は凹むしなかなか立ち上がれない。

自分の中で、見直してみませんか?

どいうポイントで、自分は落ち込んでいるんだろうか?と。

意外と、ハイボレーをミス・・・してしまっているようなポイント、だと思いますよ。

 

4.スマッシュに切り替えよう!

どこかのタイミングで、打ちましょう!

下がってスマッシュ、アウトしてもOK。

相手からすると、これが一番嫌なはずなんです。

ロブを上げ辛くなるし、何より打ってくる相手には備えをしないといけない。

フォアハンド側のハイボレーは、多少強引にでも打っていく。

この姿勢は、試合前から作っておかないと現場では修正出来ないケースも多い。

スマッシュ、にいつでも切り替えられるように。

アナタの心は、決まってますか?

 

5.特に女子ダブルスの皆さんへ

次のレベル、にいくのには必要でしょう。

サービスラインよりも後方、からのスマッシュ。

しっかり振り抜くには、技術よりもまず覚悟。

ハイボレーでミスが続く、ような雰囲気を自分で感じられることが出来るかどうか。

これは、ミスが重なってからでは遅い。

出来るだけ、先手、先手、でいきましょう。

 

スマッシュを打つ、というポイントって意外と少ない。

ハイボレーで処理、を推奨するコーチもいますしね・・・もちろん、手堅くいくポイントも大事ですよ。

でも、打っていくポイントは大事。

気付いたら、ハイボレーでつないでばっかりで怖く無い相手・・・になっているかも

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について

関連記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュでパンチ力が欲しい人は、プロネーションを使ってボールを弾いてみよう

    スマッシュが上手い人って、最後軽く手首だけで打っているように見えません…

  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュミスが多い人は、ネット上に打つ目標を作れば大丈夫

    スマッシュミスが多いと、自信が無くなくなってくる。入れようと思…

  3. テニス サーブ

    スマッシュ

    深い位置からのスマッシュでも、「しっかりコースを突いて、相手を追い込む」為に必要な練習意識とは?

    深いロブに対して、しっかり準備できていないと試合で勝つのは難しい。…

  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    風が強い日の試合は、積極的に前に出て相手にロブを打たせていこう

    風が強い日のテニスの試合。結構、慎重になって逆にミスが多くなる…

  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュを冷静に決めるには、「相手が予想して動いても、慌てないこと」まで意識しよう

    スマッシュミスが発生するとき、皆さんはどんな要素が働いていることが多い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス アームカバー
  2. テニス 縄跳び
  3. テニス 書籍
  4. テニス タオル
  5. テニス 皮膚
  1. テニス ミス

    練習メニュー

    県内No.1のアノ選手だって、技術の9割はコピペです
  2. テニス ボレー

    フットワーク

    ネットプレーに苦手意識がある人は、下半身を身軽にする意識が大事
  3. ストローク

    高い打点のストロークが打ち辛い人は、「ヘッドを立ててボールの横を捕らえる」スピン…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「知らないから不安になる、というのはテニスでも同じ」だからこそ、準備が必要な4つ…
  5. テニス テニスノート

    メンタル

    大切な試合に勝った日の記録は、目に見える形で残しておくこと
PAGE TOP