テニス スマッシュ

スマッシュ

ハイボレーでミスが続くときには、スマッシュに切り替えるのも作戦として有り

ハイボレーって、チャンス?でしょうか。

意外と、バックボレーなんかは特に難しいので、チャンスどころかピンチ、かも知れませんね。

試合の中で、特に女子ダブルスの皆さんに多いのが「手堅くいこうとし過ぎて、ミスが重なる」ようなこと。

ちょっと、発想を変えてみましょう。

相手の印象度、プレッシャーを操作するつもりで、プレーしてみれば変わりますよ。

 

ハイボレーでミスが続くときには、スマッシュに切り替えるのも作戦として有り

 

1.つなぐボレーって、簡単?

つい、私たちは誤解して甘く見てしまいますね・・・。

つなぐボレー、ただ返球するだけのボレーは、そんなに難しくないと。

実際の試合では、これが結構難しい。

ハイボレー、頭より高い位置でのボレーは力が入り辛いし、厳しいロブを追いかけて返球するケースだって多い。

簡単そうに見えるけど、実際は難しい。

でも、相手からすると怖く無いように見えてしまう。

何かを変えないと、苦しい状況は変わりませんね。

 

2.スマッシュを忘れてない?

私の高校時代、のコーチの考えはこうでした。

「基本はスマッシュ、どうしても難しいときにハイボレーカット」という考え。

まぁ、言われてみれば当たり前なんですが・・・結構これ、スマッシュを逃げてハイボレーでカット、カットが続いてしまうことがある。

安全策としては有効ですが、相手からすれば「困ったら上げておけば良い」という逃げ道を作ってしまうようなモノ。

それに、何度もハイボレーが入るとは限らない。

安全策にいっているのにミス・・・が、テニスの試合では一番まずいパターンですからね。

 

3.崩れていくポイントは、決まっている

いつも試合の中で、崩れるポイントは決まっています。

「入れにいったのに、入らない」というミス。

「安全策なのに、ミスしてしまう」から、人は凹むしなかなか立ち上がれない。

自分の中で、見直してみませんか?

どいうポイントで、自分は落ち込んでいるんだろうか?と。

意外と、ハイボレーをミス・・・してしまっているようなポイント、だと思いますよ。

 

4.スマッシュに切り替えよう!

どこかのタイミングで、打ちましょう!

下がってスマッシュ、アウトしてもOK。

相手からすると、これが一番嫌なはずなんです。

ロブを上げ辛くなるし、何より打ってくる相手には備えをしないといけない。

フォアハンド側のハイボレーは、多少強引にでも打っていく。

この姿勢は、試合前から作っておかないと現場では修正出来ないケースも多い。

スマッシュ、にいつでも切り替えられるように。

アナタの心は、決まってますか?

 

5.特に女子ダブルスの皆さんへ

次のレベル、にいくのには必要でしょう。

サービスラインよりも後方、からのスマッシュ。

しっかり振り抜くには、技術よりもまず覚悟。

ハイボレーでミスが続く、ような雰囲気を自分で感じられることが出来るかどうか。

これは、ミスが重なってからでは遅い。

出来るだけ、先手、先手、でいきましょう。

 

スマッシュを打つ、というポイントって意外と少ない。

ハイボレーで処理、を推奨するコーチもいますしね・・・もちろん、手堅くいくポイントも大事ですよ。

でも、打っていくポイントは大事。

気付いたら、ハイボレーでつないでばっかりで怖く無い相手・・・になっているかも

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュがなぜ難しいのか、一番はコレです

    上手い人は決める、そうじゃない人はミスする。これが一番差になる…

  2. テニス ロブ

    スマッシュ

    テニスの試合、下がりながらのスマッシュは「ラケットを振る腕と反対の脚を上げる」ことでバランスを取りや…

    下がりながらのスマッシュ、ダブルスでもシングルスでも打つ機会が多いと思…

  3. テニス スライス

    スマッシュ

    「スマッシュを打ちこまれても慌てない!」返球スキルを上げる4つのポイントとは?

    ダブルスの試合では、ロブ対スマッシュの構図が試合の場面では頻繁にありま…

  4. テニス 上達

    スマッシュ

    スマッシュがいつまでも上達しない人は、「上半身の動きの練習」しかしないから

    練習で打つスマッシュ、試合で使うスマッシュ。この決定的な違いを…

  5. テニス ストローク

    スマッシュ

    「身体の開きを抑えれば見違える!」テニスのスマッシュを安定させるコツ

    ストロークやボレーで相手を追い込んでも、ロブを上げられると途端に不安に…

  6. スマッシュ

    余裕があるときのスマッシュでも、ダブルスではしっかり声を出して打っていこう!

    スマッシュを「ハイ!」と言って、声を出して打つ。これって、ダブ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 準備

    サーブ

    「楽チン&安定感抜群サーブの正体とは!?」テニスの試合会場で観るアンダーサーブの…
  2. サーブ

    サーブの威力とコントロールを両方アップさせるには、「相手コートに背中を向ける」だ…
  3. テニス ボレー

    練習メニュー

    テニスの練習の基本、「自分のテーマと、相手のテーマ」を理解出来てる?
  4. テニス ロブ

    ストローク

    攻撃出来るのにつないでしまう人は、「振り切るポイント」を作って何かをやり切ろう!…
  5. テニス 準備

    その他

    テニスの試合中にボールがとなりのコートに入っても、慌てて取りに入ってはいけない
PAGE TOP