メンタル

他人に共感出来ない、それで良い

人と同じテニスに、疑問を感じる。

それこそ、まさにアナタ自身の武器の源、になります。

正直、これだけは周りの人が教えることが出来ない。

アナタ自身、自分の感覚がどうなのか。

周りと違う、共感出来ないことに、ぜひ自信を持って欲しいんです。

 

他人に共感出来ない、それで良い

 


 

1.周りと違うのは、当たり前

そもそも、当然の話なんです。

例えば、コーチの言っていることと、自分の考えが違う。

当たり前です、人間ですから。

それに、テニススクールのコーチは自分と経験も違うし、経験が違えば考え方も変わって来る。

アナタ自身がどう考えているのか、ということを大事に考えれば、異なる意見を持って当然。

それを、「いや、コーチが全て正しいんだ」と思い込んでしまうと、もったいない。

アナタ自身の意志にこそ、強さの種がある。

本来、その種から出た芽を育てていくのがテニスの成長、なんです。

 

2.他人に共感、無理にしないで良い

きっと、テニスだけじゃないと思うんですよね。

無理に共感しようとして、自分の感覚に蓋をしてしまうこと。

これが、一番もったいない。

コーチの言っていることを聞いて、ただ練習しているだけの自分は、どこか無理をしているはず。

それで上手くなるのは難しいし、何より全てプレーに出ますよ。

アナタ自身が考えていること、迷っていることは、必ず打つ動作やボールに現れます。

そのことだけは、よく覚えておいて下さい。

 

3.自分で選ぶこと、が大事

何度か書いて来ましたが、テニスは選択のスポーツ。

自分はどこで戦うのか。

何を持って、戦うのか、を選べる競技なんです。

だからこそ、他人に共感しないで自分の感覚を大事にして良い。

逆に言えば、自分で決めたことでしか、戦い抜けないんです。

テニスの試合は、ずっと孤独で始まり、孤独に終わりますから。

自分をプッシュ出来るかどうかは、自分で納得したテニスが出来ているかどうか、です。

これは、その日にいきなりコートでやろうと思っても出来ない、難しいことでしょう。

 



 

4.意志を持てば、意志を持つ人が集まって来る

「でも、空気を読まないと練習が出来ない」という方も多いでしょう。

良いんです、ちょっとずつで。

アナタ自身で、無理に周り合わせること、だけを止めてみて下さい。

共感出来るなら、それで良い。

ただし、アナタ自身が「なぜ?」という疑問を持つこと。

なぜと疑問を持てば、それが意志に変わります。

意志を持てば、アナタの周りにはまた自分の意志を持つ人が増えて来るはず。

そうなると、自然とテニスも強くなるはずです。

 

日本って、共感を強制されているような節、がありますよね。

テニスだけじゃない、みなさんの周りで起きていること、感じることも多いでしょう。

無理に、考えを合わせる必要は無いですよ。

アナタ自身の意志を持てば、全ての目線は変わる。

そこだけは、自分自身で意識していくしかない。

もっともっと、テニスも強く楽しくなると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「声を出してうるさい相手」ほど、黙らせれば楽に勝てる

    テニスの試合、どの会場にいてもうるさい選手はいる。声を出して試…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合でチャンスを引き出す力」が、実力の拮抗した相手を倒す原動力に

    上のレベルの試合になると、ラリーの中で我慢しないとなかなかチャンスが来…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「自分の内なるものから出てくる」ことを覚悟しよう

    テニスの試合では、皆さんこんな経験無いですか?「ずるい自分」…

  4. テニス トレーニング

    メンタル

    どんなに良いテニスをしていても、「試合に勝利」という結果が出ないと自信もプライドも身に付かない

    「勝てなかったけど、良い試合」という経験、皆さんもあると思います。…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「怒り」への対応策は持っているか?

    テニスの試合、崩れていく人。これは、メンタルが弱いというよりも…

  6. テニス スポーツ

    メンタル

    自分を持ってさえいれば、どんな試合の結果でも受け入れることが出来る

    テニス、もう辞めようかな・・・。そう考えるきっかけって、人それ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ガット

    メンタル

    試合に強いメンタルを養う為に、普段の練習で実践したいこと4つ
  2. テニス 準備

    メンタル

    テニスの試合は「いつもスロースターターで苦労する・・・」君に送る、メッセージ
  3. テニス ボレー

    ボレー

    身体正面に来たボレー、「利き腕の肘の位置」を思いっきり上げよう
  4. テニス 動画

    練習メニュー

    「自分のテニスを動画で観たことが無い人」には、どんな名コーチのアドバイスも上の空…
  5. テニス 戦術

    リターン

    試合でリズムを変えたければ、スライスリターンから
PAGE TOP