フットワーク

試合で「つなぐボール」が苦手な人は、そもそも考え方がおかしい

試合の中で、相手の攻撃を粘れない。

これは、実は本当に大問題です。

特に、私たちの試合はオムニコートで行われることが多い。

このサーフェスで粘れないということは、ハードコートになったらもっと厳しい。

アナタ自身の概念を変えていかないと、厳しいですよ。

 

試合で「つなぐボール」が苦手な人は、そもそも考え方がおかしい

 


 

1.粘り概念を、変えよう

相手の攻撃を受け止めて、凌ぐ。

この行為、テニスの試合では絶対に必要になります。

シコラーと呼ばれるスタイル、にまでいかなくても、ある程度攻撃されるのを予測して準備するのがテニスの試合。

ですから、上手く「つなぐボール」が打てないとゲームメイク出来ない。

では、このつなぐボールを打つのに必要なことは何か。

この概念を変えていく勇気、が求められています。

キーワードは、アナタ自身が打つボールの回転量です。

 

2.回転をかけるから、時間も作れるし相手の攻撃力も削げる

ボールにしっかり回転をかける。

これは、守りの場面、粘ってつなぐボールにこそ必要なんです。

攻撃の時に、しっかり振り切って回転をかける人は多いですよね。

でも、守備になるとどうでしょう?

途端に当てるだけ、合わせるだけの打ち方になりませんか?

これでは、ミスになるし相手の攻撃も止めることが出来ない。

厳しい球際でも、しっかりスライス回転、スピン回転をかけることが出来るかどうか。

これが、テニスの試合での強さに大きく関わって来ます。

 

3.なぜ、回転が必要なのか

答えは、明確です。

アナタ自身が打った後、相手がボールを触るまでに時間が作れる。

滞空時間が長ければ、戻る時間も稼げるしコートカバーが出来る。

それから、相手コートにバウンドした後に、伸びたり滑ったりして連続攻撃の力を削ぐことが出来ますからね。

「それは、技術のある人だから出来るショット」だと思いますか?

それは、違います。

球際で回転をかけて粘る、つなぐというアナタ自身の意志が足りないんです。

苦しいですよ、実際。

でも、頑張って回転をかけないと粘れない、のがテニスでの上のレベルです。

ぜひ、この機会に見直してみて欲しいポイントなんです。

 



 

4.例え決められたとしても、ダメージを与える

これが、大事です。

相手にダメージを残す。

例え粘り切れなくても、それは仕方ない。

相手に出来るだけ無理をさせる、頑張らせる、リスクを冒させる。

これが大事な概念です。

回転量をしっかり多くすることで、相手に「決めるの大変だな」と思わせることが大事。

本当に粘り強い選手って、ただでは失点しないんですよね。

この意識、アナタにありますか?

芽生えて来ると、試合は変わりますよ。

 

5.お勧めの練習方法

コート半面対全面、のシングルス形式でラリーしましょう。

球出しからスタ―ト、当然半面の側が終始攻撃していきます。

これを、全面の側が粘って返す、5往復以上続いたら全面をカバーしている側の選手が勝利、という形でポイント形式。

学生っぽい練習メニューですが、一般のみなさんにも大事な要素がたくさん入っています。

人数に余裕があってコートを贅沢に使える時には、ぜひ試してみて下さい。

 

よーく、アナタ自身の周りの粘り強い選手を観察してみて下さい。

球際で、すごく頑張って回転をかけているはずです。

それも、スピンだけでなくスライス、も使いながら。

ちょっとした意識で、粘り強さは変わります。

概念を変えて、取り組んでみて下さい。

ピックアップ記事

  1. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品

関連記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    「コート上だと、足が遅い!?」、テニス選手に必要なボールを追いかける走り方について

    普段は、足遅くないのに・・・どうも、コートに立つと、遅い気がする・・・…

  2. フットワーク

    身体で反応するカバー、を身に付けよう

    テニスの試合で、安定感を生むう要素。何と言っても、守備力の高…

  3. テニス

    フットワーク

    他のスポーツを経験してきて「あの癖」が抜けない人は、どうすれば良い?

    サッカーやバレーボール、バスケットボール・・・。細かい違いはあ…

  4. テニス スライス

    フットワーク

    膝から前に出すフットワークで、頭の突っ込みは抑えられる

    試合で必要なフットワーク、その大原則はバランスです。移動した後…

  5. テニス ボレー
  6. フットワーク

    テニスの試合では、「ギリギリのボールをがむしゃらに処理しない」だけで得をすることが多い

    試合に勝てない選手には、共通点がある。攻撃され窮地に立たされる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュは「打つだけ」で、相手へのプレッシャーになる
  2. テニス 観察

    その他

    興味が無いこと、湧かないことに、チャンスは転がっている
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「デュースサイドからセンターへのスライスサーブ」は試合で有効なボディサーブに!
  4. メンタル

    絶対無理だよ、という鴨的な発想
  5. テニス ストローク

    ストローク

    「バックハンドのクロスラリーを制する!」テニスの試合で必要なストロークのポイント…
PAGE TOP