メンタル

試合に負けることが出来るのも、試合に出ている人だけ

試合に負ける、ということ。

私たちは大人になっても、この経験が出来るんです。

いや、勝ちたいですよ、そりゃ。

でも私も30過ぎて感じるんですが、試合に負けるような経験って、大事だなと。

テニスを続けていなかったら、味わうことも無い経験ですからね。

みなさんも、ぜひこの部分は見つめなおして欲しいんです。

 

試合に負けることが出来るのも、試合に出ている人だけ

1.「負ける」ということ

普通に生活していたら、無いですよね。

受験に失敗したり、仕事でミスしたり・・・はあると思いますけど。

それでも、そんなに多くある機会じゃない、と思います。

それって、私は怖いことだと思うんですよね。

何となく、何事もなく生きていける訳じゃないですか、実際。

成功とも失敗とも自覚しない、でも・・・実際には負けている、と後から気付く。

それも、何年か経ってから「あの時、頑張っていればな・・・」と思ってしまう。

でもテニスの試合は、それが毎回鮮明になる。

試合に負ける、という経験が出来るということ。

これは、私はすごく大事なことだと思います。

 

2.試合に出ている人、しか経験出来ない

テニスをしていても、みんなが経験出来る訳じゃない。

試合に出ている人、だけが経験出来ること、ですから。

それも、本当に勝ちたいと思って努力を積んで、真剣勝負を挑んでいる人、です。

「試合に負ける」ことが出来る人は、そう多くないですよ。

試合に出ている人、その中でも、勝ちたいと本気で考えて努力している人ですから。

そういう人の負ける経験って、とてつもないパワーと経験値になる。

テニス以外にも、活かせる強さを磨いていけるはずです。

 

3.大きな財産は、いつだって「負けた試合」

今、テニスが強い、結果を出している人。

全てに聞いても、ほぼ同じ答えが返って来ます。

自分の転機になった試合は、間違いなく勝利した試合よりも負けた試合、だと。

あの負けがあったから、という試合が、どれだけアナタ自身の中にあるかということ。

これは、意識して積み重ねて欲しいポイントです。

既に、何試合か思い出せるものはあると思いますよ。

でも、まだまだ強くなりたいなら、足りないはず。

私自身も、足りないと感じています。

自分の中で「このままじゃ本当にまずい」と感じるような試合、経験。

待っていても、なかなか訪れないでしょう。



4.試合で強くなる、という発想を

「でも負けてばかりで、もう嫌になる」

「そもそも、試合に出る実力じゃないんです・・・」

と感じる方も、多いでしょう。

こういう方こそ、私は上手く試合を利用して強くなって欲しいと思うんです。

「負ける」という経験は、試合に出ないと経験出来ない。

そこで初めて、感じることがたくさんあるんです。

練習も、一気に変わりますよ。

それくらい、試合に出るということは自分を変えるきっかけになる、ということ。

試合を利用して、強くなっていく。

こういう発想を大胆に持てた人は、周りを引き離して強くなっていくでしょう。

 

一般の方、社会人やベテラン、シニアで試合に出るということ。

これは本当に、大変なことです。

「負ける」って、キツイ経験なのは言うまでもありません。

知らない人と勝負する、というだけでもストレスですしね。

だからこそ、なんです。

その経験を活かすこと、に貪欲になりましょう。

 

■第3回 読者ミーティングを開催します!

今回のテーマは、「安定してキープにつなげる「サービスゲーム」とは?」です。

サーブにお悩みのみなさんのヒントに、少しでもつながるお話が出来ればと思いますので、参加をご希望の方はコチラよりお願い致します。

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス 武器

    メンタル

    長期的な視野に立って、「欠点を武器に出来る積極性と工夫」が出来れば、アナタは強くなれる!

    自分の長所と短所、しっかり言葉にできて自分の中で把握できていますか?…

  2. テニス 観察

    メンタル

    テニス部のキャプテンとして大事なたった一つのこと、「しっかりと仲間を観る」ことの重要性について

    年末年始に実家に帰省した際に、私の後輩が相談してきたことについて、今日…

  3. メンタル

    練習の頻度に関わらず、テニス歴3年以上なら「習う」段階から卒業していこう

    皆さんはテニスを、どこかで「習って」いますか?それとも「自分で…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「相手に舐められないように・・・」と考えるより、逆のほうが良くないですか?

    つい試合では、自分を大きく見せておきたい。「相手になめられない…

  5. テニス

    メンタル

    過去の戦績をいつまでも話す人とは、距離を置いた方が良い

    普段、アナタの周りで起きていること、集まってきている人。それは…

  6. テニス リーダー

    メンタル

    闘志や意地を感じられない選手のテニスは、大事な試合で応援してもらえない

    皆さん、テニスを自分でプレーするだけでなく、応援する機会も多いはず。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 指導

    その他

    先輩やコーチからのアドバイスを、「やってみた上で断る判断をする」というのも、テニ…
  2. テニス サーブ

    その他

    「安全策や安定感は大事」だけど、長期的なテニスの視点では落とし穴になり兼ねない
  3. テニス マナー

    その他

    「ボール、いきまーす」で、対戦相手にボールを渡すときのマナー、しっかりできていま…
  4. テニス ストローク

    ロブ

    本当にロブが上手い選手は、「抜いた後の相手の返球」をイメージ出来ているからポイン…
  5. テニス 吹き出し

    その他

    テニスの練習仲間は、「皆が同じ意見にならなくても」それで良い
PAGE TOP