ストローク

ラケットが一番加速するところで打つのが、ストロークの基本

ストロークでしっかり振り切って、鋭いボールを打ちたい。

そう考えているなら、この基本を今一度見直しましょう。

ストロークを力任せに打っている人は、ラケットが加速していない瞬間に打っている人が多い気がします。

それだと、怪我も増えますし非効率的ですよ。

 

ラケットが一番加速するところで打つのが、ストロークの基本

 


 

1.膝から腰の高さ、が基本

私は自分の腰、のあたりがベストだと思っています。

この高さで打てる時には、ラケットがしっかり加速している。

テイクバックしてラケットダウン、そこから上方向に振っていく加速が付いていて、ボールを飛ばしやすい。

ラケットが加速しているから、ボールに力が伝わる感じですね。

ストローク同士の打ち合い、なら早い準備でしっかり対応出来るはず。

問題は、相手がボレーになったりしてリズムが早くなる時、ですね。

 

2.相手がネットプレーになると・・・?

どうなるでしょう?

かなり忙しくなりますよね。

ラケットを加速する為の準備を、テンポを上げて行わないと間に合わない。

ネットに出て来たら、自分の中でテイクバックからラケットダウン、上方向への振り抜きを2倍速くらいでやらないとダメ。

自分でリズムを変えるのがテニスの基本、ですよ。

そうしないと、加速していないラケットで打つことになってしまいますから。

 

3.下から上方向へは、重力に逆らう動き

実際、これが大変なんです、テニスでは。

「上方向に振りましょう!」と言っても、それは重力から反する動き。

だから、腕だけで振ろうとしても難しい。

ラケットダウンした動きと連携して、加速させないと打点で力は伝わらないんです。

ボールを打つ瞬間に、みなさんはラケットの力、を感じることは出来てますか?

加速して打つ、ことを意識しないと、ラケットの性能を活かし切ることは出来ない。

その加速は、準備とタイミングで決まる。

腕力や握力、ではないはずです。



4.「力は要らないんだ」と思えたらステップアップ!

だと思って良いでしょう。

早い準備でしっかり打てたら、力は要らないのがテニス。

良い打点で、良い加速が付いてストロークが打てれば、確実にステップアップだと思って良いはずです。

これは、アナタ自身が試行錯誤しないと身に付かないところですよ。

力は要らないんだ、という感覚を探すこと。

私たちは、1日に何試合も戦わないといけないですからね。

加速させたラケットで、上手く重力に反する動きに対応していく。

それが、賢く強いテニスプレイヤーの真骨頂です。

 

5.お勧めの練習法

まず、テイクバックと横向きを早くする。

そして、いつもより早めに打ち出す動き、を入れてみましょう。

「え?もう振り出すの?」というタイミングで良いと思います。

そこで、何か力の入れ具合の変化に気付けるかどうか。

お勧めの練習法としては、シンプルです。

普段のラリー練習で、早く振り出して打点を探してみる。

ラケットダウンから一連の流れを止めない、ようにラケットを振ってみて下さい。

これだけでも、かなり変わると思いますよ。

 

高くラケットを引いて、下に降ろして上方向に振っていく。

プロ選手のスウィングって、そんな感じですよね。

これは実に上手く重力を利用している良い例、だと思います。

みなさんも、必ず参考になるはず。

今のストロークを変えたい、と思うならチャレンジ必須です。

 

■第3回 読者ミーティングを開催します!

今回のテーマは、「安定してキープにつなげる「サービスゲーム」とは?」です。

サーブにお悩みのみなさんのヒントに、少しでもつながるお話が出来ればと思いますので、参加をご希望の方はコチラよりお願い致します。

ピックアップ記事

  1. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. 「第3回 読者ミーティング」を開催します

関連記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    打点が身体に近い時は、ラケット動作を止めてブロック返球を

    試合の中で、意外と多いのがボディ近くのボールの処理。ボレーでも…

  2. テニス 練習

    ストローク

    「壁打ちでストロークを磨く」テニス独特の練習法を有効にする4つのコツ

    「壁打ち」と言えば、テニス独特の個人練習方法。一度は皆さんもや…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    両手バックハンドストロークの弱点である、「低く短いボール」への対処法は基本を徹底しよう!

    バックハンドストロークを両手で打っている方は、硬式テニスには多いはず。…

  4. テニス シングルス

    ストローク

    テニスの試合でのストローク、「勇気があれば振り抜ける」わけではなく・・・ですよね?

    トップスピンでストロークを打つ時、当たり前だけどトップスピンの回転が掛…

  5. テニス ボレー

    ストローク

    フォアハンドで、ウィナーを取るテニスにするために

    ストロークで攻撃的に、ウィナーを取る。特にフォアハンドでしっか…

  6. テニス リターン

    ストローク

    低い打点からのショートクロスは、スライスでも充分攻撃出来る

    「上手い!」と思わずうなってしまうような、コントロールショット。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    スマッシュ

    遅いスライスロブをスマッシュ、「待たないでジャンプ!」していこう
  2. テニス ストローク

    練習メニュー

    素振りの中にボールが入って来る、のが試合でも理想ですよね
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの雁行陣、意外と味方の前衛が邪魔になるケースが多い
  4. テニス ハードコート

    その他

    「いよいよ来週開幕!」テニス好きなら楽天ジャパンオープンに足を運んで欲しい5つの…
  5. テニス ストローク

    ロブ

    「取らせるロブ」を身に付けることで、ネットプレイヤーに対してショットの幅が拡がる…
PAGE TOP