ストローク

ラケットが一番加速するところで打つのが、ストロークの基本

ストロークでしっかり振り切って、鋭いボールを打ちたい。

そう考えているなら、この基本を今一度見直しましょう。

ストロークを力任せに打っている人は、ラケットが加速していない瞬間に打っている人が多い気がします。

それだと、怪我も増えますし非効率的ですよ。

 

ラケットが一番加速するところで打つのが、ストロークの基本

 


 

1.膝から腰の高さ、が基本

私は自分の腰、のあたりがベストだと思っています。

この高さで打てる時には、ラケットがしっかり加速している。

テイクバックしてラケットダウン、そこから上方向に振っていく加速が付いていて、ボールを飛ばしやすい。

ラケットが加速しているから、ボールに力が伝わる感じですね。

ストローク同士の打ち合い、なら早い準備でしっかり対応出来るはず。

問題は、相手がボレーになったりしてリズムが早くなる時、ですね。

 

2.相手がネットプレーになると・・・?

どうなるでしょう?

かなり忙しくなりますよね。

ラケットを加速する為の準備を、テンポを上げて行わないと間に合わない。

ネットに出て来たら、自分の中でテイクバックからラケットダウン、上方向への振り抜きを2倍速くらいでやらないとダメ。

自分でリズムを変えるのがテニスの基本、ですよ。

そうしないと、加速していないラケットで打つことになってしまいますから。

 

3.下から上方向へは、重力に逆らう動き

実際、これが大変なんです、テニスでは。

「上方向に振りましょう!」と言っても、それは重力から反する動き。

だから、腕だけで振ろうとしても難しい。

ラケットダウンした動きと連携して、加速させないと打点で力は伝わらないんです。

ボールを打つ瞬間に、みなさんはラケットの力、を感じることは出来てますか?

加速して打つ、ことを意識しないと、ラケットの性能を活かし切ることは出来ない。

その加速は、準備とタイミングで決まる。

腕力や握力、ではないはずです。



4.「力は要らないんだ」と思えたらステップアップ!

だと思って良いでしょう。

早い準備でしっかり打てたら、力は要らないのがテニス。

良い打点で、良い加速が付いてストロークが打てれば、確実にステップアップだと思って良いはずです。

これは、アナタ自身が試行錯誤しないと身に付かないところですよ。

力は要らないんだ、という感覚を探すこと。

私たちは、1日に何試合も戦わないといけないですからね。

加速させたラケットで、上手く重力に反する動きに対応していく。

それが、賢く強いテニスプレイヤーの真骨頂です。

 

5.お勧めの練習法

まず、テイクバックと横向きを早くする。

そして、いつもより早めに打ち出す動き、を入れてみましょう。

「え?もう振り出すの?」というタイミングで良いと思います。

そこで、何か力の入れ具合の変化に気付けるかどうか。

お勧めの練習法としては、シンプルです。

普段のラリー練習で、早く振り出して打点を探してみる。

ラケットダウンから一連の流れを止めない、ようにラケットを振ってみて下さい。

これだけでも、かなり変わると思いますよ。

 

高くラケットを引いて、下に降ろして上方向に振っていく。

プロ選手のスウィングって、そんな感じですよね。

これは実に上手く重力を利用している良い例、だと思います。

みなさんも、必ず参考になるはず。

今のストロークを変えたい、と思うならチャレンジ必須です。

 

■第3回 読者ミーティングを開催します!

今回のテーマは、「安定してキープにつなげる「サービスゲーム」とは?」です。

サーブにお悩みのみなさんのヒントに、少しでもつながるお話が出来ればと思いますので、参加をご希望の方はコチラよりお願い致します。

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

関連記事

  1. テニス ストローク
  2. テニス テイクバック

    ストローク

    両手バックハンドストロークでは、「ボールをインパクトしたときのラケット面」をしっかりチェックしてみよ…

    両手バックハンドストローク、もっとパワーアップしていきたいと考えている…

  3. テニス ボレー

    ストローク

    ロブレド選手に見る、参考にしたい片手バックハンドのテイクバック

    片手バックハンド、を磨いていきたいという方は、多いと思います。…

  4. テニス ボレー

    ストローク

    攻撃的なフォアハンドは、「打った側の腕の肩を前に出して」打ち終わろう

    自分のフォアハンドストローク、しっかり攻撃的に打っていきたい。…

  5. ストローク

    対ネットプレーのストロークの、大前提は?

    対ネットプレーの、ストローク術。しっかり出来る人は、試合でも…

  6. ストローク

    「足から直そう、バックハンドストローク」テニスの試合では準備の遅さは致命的

    フォアハンドストロークとバックハンドストローク、俺の場合、比べるとフォ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 粘り

    フットワーク

    毎回打った後のポジションは、「変える」か「戻る」をハッキリさせよう
  2. テニス サーブ

    サーブ

    シングルスの試合でのサーブ&ボレーに、ファーストサーブは要らない
  3. テニス メンタル

    メンタル

    対戦相手に感謝出来るようになると、試合の緊張感から開放される
  4. テニス メモ

    その他

    テニスノートの基本的な書き方について、ポイントは「客観性と具体性を盛り込むこと」…
  5. リターン

    ダブっても打ってくる、そんな相手は嫌なもの
PAGE TOP