リターン

リターンロブから相手を崩して、シンプルに決める方法

ダブルスの試合で、リターンロブから相手を崩す。

良いサーブを持っている相手には、必ず必要な戦術です。

キーワードは、自分1人で完結させる、ということ。

ロブで抜いて、それで満足では試合で勝てない。

そのまま、自分でフィニッシュするくらいの意識、で練習してみましょう!

 

リターンロブから相手を崩して、シンプルに決める方法

 


 

1.ロブは打った後、が大事

相手サーブをストレートロブ、せっかく相手がチェンジしてるのに・・・。

みなさん、そのままリターンのポジションでジッとしてる感じ、じゃないですか?

これでは、もったいないですよ。

相手は崩されて、必死で返そうとしている場面。

だからこそ、こちらはどんどん、プレッシャーをかけていかないと。

ロブで抜いたら、と言うか抜けそうになったら打った自分で前に入るイメージ、が大事です。

その次、に仕留める意識で準備しておきましょう!

 

2.流れを確認してみましょう

相手サーブが良い、そこでリターンはロブを選択。

しっかりストレートに打てれば、そう簡単に前衛もスマッシュ出来ないはず。

まず、相手サーブの精度を見極めましょう。

これは厳しい、と思ったらすぐにスライスでロブ。

相手が右利きなら、デュースサイドはロブを上げやすいですよね。

バックハンドになるので、強いカウンターは無いでしょう。

上手く後衛を走らせることが出来れば、チャンスが生まれます。

でも、まだこれではチャンス、なだけ。

しっかりポイントにつなげるには、自分で前に詰めることが大事です。

自分自身が前衛になる、正面の相手は自分の担当ですからね。

次にクロスに飛んで来るボールを、そのままポーチする意識で良いでしょう。

もちろん、相手の態勢を見ながら、余裕があるのか無いのか、を把握しましょう。

上手く触ることが出来れば、あとは前に落とすだけ。

このイメージで組み立てれば、良いパターンになるはず。

男子ダブルスでも、良いサーバー相手には使える基本パターンです。

T-PRESS 公式チャンネル にぜひ、チャンネル登録をお願いします

 

3.ワイドへのサーブは、ロブを打ちやすい

ワイドへ切れるサーブ、からはロブを打ちやすい。

外から相手コートに入れる、ようなイメージで良いと思います。

これを強打しても、ミスの元。

しっかり相手の前衛の上、触られても良いくらいのイメージで打ってみましょう。

そのままリターンを打った自分が決める、という意識があると、ダブルスでは流れに乗っていきます。

ロブが抜けて満足、では相手に挽回のチャンスを与えてしまいますからね。

しっかりと次、前衛に変身するという意識でポジションを前に移しましょう!



4.お勧めの練習法

普段のサーブ&リターン、の練習で、ストレートへのロブリターンを練習する。

クロスラリーはしないで、徹底的にストレートへのロブを磨いてみて下さい。

片方のサイドをやっている時には、片方はお休み。

同時にやると、混乱してしまいますからね。

このロブ、をしっかり打てるかどうかがビッグサーバー相手にすごく大事になります。

何気なくサーブからラリー練習、をするのではなく、一工夫していきましょう。

ストレートへのロブリターンは、打つ回数、練習する意識がすごく大事です。

 

上手い人は、ロブからこのパターンが身体に染み付いているんですよね。

ロブを打って前、自分が触ってドロップボレーで終わり、という感じ。

ここまで上手くいくことは無いにせよ、しっかりイメージして試合に入って見て下さい。

ロブは女性の技術?

そういう人は、絶対に男子ダブルスでも勝てません。

ピックアップ記事

  1. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. 「第3回 読者ミーティング」を開催します
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. テニス サーブ

    リターン

    相手のサーブは、いわゆる球出しです

    リターンでどうしても、調子が上がらない時。こういう発想を持てる…

  3. リターン

    リターンで調子が良い時ほど、突っ込まないことが大事

    リターンは、前に、前に。これが基本ですが、あくまでポジションを…

  4. テニス ロブ

    リターン

    テニスのダブルスの試合で必要な、「リターンをシンプルにストレート方向へ流す」ためのコツ4つ

    ダブルスの試合では、上のレベルになればなるほど、前衛のポーチが激しくな…

  5. テニス ストローク

    リターン

    「ショートアングルへのリターン」がしっかり打てると、ダブルスの試合では大活躍です

    ダブルスの試合では、リターンのプレッシャーが厳しい。シングルス…

  6. テニス ストローク

    リターン

    コンパクトなリターンが出来れば、その後の戦術がスムーズになる

    リターンの動作を小さくすると、何が良いのか。もちろん、安定感が…

特集記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    速いサーブを、しっかりリターンするコツ5つ
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    対戦相手を大声で威圧するより、味方であるパートナーを大声で褒めてみよう
  3. テニス ミス

    サーブ

    ダブルスの試合で、アドバンテージサイドからのサーブは、「前衛が協力してワイドのコ…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスを前にするというのは、「着地で完全にコートの内側に入る」ということで…
  5. テニス サーブ

    メンタル

    粘ってくる相手に、焦ったら負け
PAGE TOP