リターン

リターンロブから相手を崩して、シンプルに決める方法

ダブルスの試合で、リターンロブから相手を崩す。

良いサーブを持っている相手には、必ず必要な戦術です。

キーワードは、自分1人で完結させる、ということ。

ロブで抜いて、それで満足では試合で勝てない。

そのまま、自分でフィニッシュするくらいの意識、で練習してみましょう!

 

リターンロブから相手を崩して、シンプルに決める方法

 


 

1.ロブは打った後、が大事

相手サーブをストレートロブ、せっかく相手がチェンジしてるのに・・・。

みなさん、そのままリターンのポジションでジッとしてる感じ、じゃないですか?

これでは、もったいないですよ。

相手は崩されて、必死で返そうとしている場面。

だからこそ、こちらはどんどん、プレッシャーをかけていかないと。

ロブで抜いたら、と言うか抜けそうになったら打った自分で前に入るイメージ、が大事です。

その次、に仕留める意識で準備しておきましょう!

 

2.流れを確認してみましょう

相手サーブが良い、そこでリターンはロブを選択。

しっかりストレートに打てれば、そう簡単に前衛もスマッシュ出来ないはず。

まず、相手サーブの精度を見極めましょう。

これは厳しい、と思ったらすぐにスライスでロブ。

相手が右利きなら、デュースサイドはロブを上げやすいですよね。

バックハンドになるので、強いカウンターは無いでしょう。

上手く後衛を走らせることが出来れば、チャンスが生まれます。

でも、まだこれではチャンス、なだけ。

しっかりポイントにつなげるには、自分で前に詰めることが大事です。

自分自身が前衛になる、正面の相手は自分の担当ですからね。

次にクロスに飛んで来るボールを、そのままポーチする意識で良いでしょう。

もちろん、相手の態勢を見ながら、余裕があるのか無いのか、を把握しましょう。

上手く触ることが出来れば、あとは前に落とすだけ。

このイメージで組み立てれば、良いパターンになるはず。

男子ダブルスでも、良いサーバー相手には使える基本パターンです。

T-PRESS 公式チャンネル にぜひ、チャンネル登録をお願いします

 

3.ワイドへのサーブは、ロブを打ちやすい

ワイドへ切れるサーブ、からはロブを打ちやすい。

外から相手コートに入れる、ようなイメージで良いと思います。

これを強打しても、ミスの元。

しっかり相手の前衛の上、触られても良いくらいのイメージで打ってみましょう。

そのままリターンを打った自分が決める、という意識があると、ダブルスでは流れに乗っていきます。

ロブが抜けて満足、では相手に挽回のチャンスを与えてしまいますからね。

しっかりと次、前衛に変身するという意識でポジションを前に移しましょう!



4.お勧めの練習法

普段のサーブ&リターン、の練習で、ストレートへのロブリターンを練習する。

クロスラリーはしないで、徹底的にストレートへのロブを磨いてみて下さい。

片方のサイドをやっている時には、片方はお休み。

同時にやると、混乱してしまいますからね。

このロブ、をしっかり打てるかどうかがビッグサーバー相手にすごく大事になります。

何気なくサーブからラリー練習、をするのではなく、一工夫していきましょう。

ストレートへのロブリターンは、打つ回数、練習する意識がすごく大事です。

 

上手い人は、ロブからこのパターンが身体に染み付いているんですよね。

ロブを打って前、自分が触ってドロップボレーで終わり、という感じ。

ここまで上手くいくことは無いにせよ、しっかりイメージして試合に入って見て下さい。

ロブは女性の技術?

そういう人は、絶対に男子ダブルスでも勝てません。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…

関連記事

  1. テニス サーブ

    リターン

    テニスの試合の現場では、「振り遅れてエース」になった時こそ堂々としていよう

    「やばっ!」と思ったら、良いところに入った。リターンとか、結構…

  2. テニス リターン

    リターン

    試合で使えるリターンが1種類?それじゃ、勝てないですよね

    シングルスでもダブルスでも、テニスの試合はリターンから始まる。…

  3. リターン

    相手のサーブを予測する、ことに貪欲になろう

    もっともっと、貪欲になって欲しいポイント。それは、みなさんの…

  4. テニス メンタル
  5. テニス ロブ

    リターン

    下がってリターンすれば、大きく打てるメリットもある

    リターンの基本は、前に踏み込むこと。でも、全仏オープンの試合を…

  6. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で相手から「ダブルフォルトをもらう」リターンのときの秘策とは?

    正直なところ、試合の中で「このポイント、ダブってくれないかな・・・」と…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    自分が作った言葉で、自分のテニス論理は整理できる
  2. テニス 雑誌

    メンタル

    私が月一でオススメしたいこと、それは「テニスに全く関係無い本を読む」ことです
  3. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合の現場で必要な「修正力」について考えてみると、普段の練習から意識が変…
  4. テニス メロブ

    ストローク

    「自分のボールは良い場所にコントロール出来る」で考える癖を
  5. リターン

    相手のサーブを予測する、ことに貪欲になろう
PAGE TOP