リターン

リターンロブから相手を崩して、シンプルに決める方法

ダブルスの試合で、リターンロブから相手を崩す。

良いサーブを持っている相手には、必ず必要な戦術です。

キーワードは、自分1人で完結させる、ということ。

ロブで抜いて、それで満足では試合で勝てない。

そのまま、自分でフィニッシュするくらいの意識、で練習してみましょう!

 

リターンロブから相手を崩して、シンプルに決める方法

 


 

1.ロブは打った後、が大事

相手サーブをストレートロブ、せっかく相手がチェンジしてるのに・・・。

みなさん、そのままリターンのポジションでジッとしてる感じ、じゃないですか?

これでは、もったいないですよ。

相手は崩されて、必死で返そうとしている場面。

だからこそ、こちらはどんどん、プレッシャーをかけていかないと。

ロブで抜いたら、と言うか抜けそうになったら打った自分で前に入るイメージ、が大事です。

その次、に仕留める意識で準備しておきましょう!

 

2.流れを確認してみましょう

相手サーブが良い、そこでリターンはロブを選択。

しっかりストレートに打てれば、そう簡単に前衛もスマッシュ出来ないはず。

まず、相手サーブの精度を見極めましょう。

これは厳しい、と思ったらすぐにスライスでロブ。

相手が右利きなら、デュースサイドはロブを上げやすいですよね。

バックハンドになるので、強いカウンターは無いでしょう。

上手く後衛を走らせることが出来れば、チャンスが生まれます。

でも、まだこれではチャンス、なだけ。

しっかりポイントにつなげるには、自分で前に詰めることが大事です。

自分自身が前衛になる、正面の相手は自分の担当ですからね。

次にクロスに飛んで来るボールを、そのままポーチする意識で良いでしょう。

もちろん、相手の態勢を見ながら、余裕があるのか無いのか、を把握しましょう。

上手く触ることが出来れば、あとは前に落とすだけ。

このイメージで組み立てれば、良いパターンになるはず。

男子ダブルスでも、良いサーバー相手には使える基本パターンです。

T-PRESS 公式チャンネル にぜひ、チャンネル登録をお願いします

 

3.ワイドへのサーブは、ロブを打ちやすい

ワイドへ切れるサーブ、からはロブを打ちやすい。

外から相手コートに入れる、ようなイメージで良いと思います。

これを強打しても、ミスの元。

しっかり相手の前衛の上、触られても良いくらいのイメージで打ってみましょう。

そのままリターンを打った自分が決める、という意識があると、ダブルスでは流れに乗っていきます。

ロブが抜けて満足、では相手に挽回のチャンスを与えてしまいますからね。

しっかりと次、前衛に変身するという意識でポジションを前に移しましょう!



4.お勧めの練習法

普段のサーブ&リターン、の練習で、ストレートへのロブリターンを練習する。

クロスラリーはしないで、徹底的にストレートへのロブを磨いてみて下さい。

片方のサイドをやっている時には、片方はお休み。

同時にやると、混乱してしまいますからね。

このロブ、をしっかり打てるかどうかがビッグサーバー相手にすごく大事になります。

何気なくサーブからラリー練習、をするのではなく、一工夫していきましょう。

ストレートへのロブリターンは、打つ回数、練習する意識がすごく大事です。

 

上手い人は、ロブからこのパターンが身体に染み付いているんですよね。

ロブを打って前、自分が触ってドロップボレーで終わり、という感じ。

ここまで上手くいくことは無いにせよ、しっかりイメージして試合に入って見て下さい。

ロブは女性の技術?

そういう人は、絶対に男子ダブルスでも勝てません。

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. ご質問頂いた件につきまして
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  5. 第4回読者ミーティングは、「上級者男子ダブルス」がテーマです

関連記事

  1. テニス 打点

    リターン

    ダブルスで無理矢理なストレートリターンより、「スライスのチップ&チャージ」も有効です

    ダブルスの試合、リターンのときによくの陣形を見てみる。そうする…

  2. テニス ストローク

    リターン

    試合前のサーブ練習こそ、本番のリターン練習である

    試合前のサービス練習。よくあるのが、4本だけ打って試合開始、と…

  3. テニス リターン

    リターン

    試合の中でリターンが崩れていくときは、まず身体の開きを抑えよう

    リターンミスが多いとき、皆さんはどこから修正していきますか?リ…

  4. リターン

    セカンドサーブをコントロール出来る人は、実際ほとんどいない

    相手のセカンドサーブ、にどう対応するのか。これは、結構ハッキリ…

  5. テニス リターン
  6. テニス サーブ

    リターン

    テニスの試合、「トスに勝ってリターンゲームから始める」ことで得られるメリット3つ

    試合前のトスアップ、アナタはいつもどんなスタンスで臨んでいますか?…

特集記事

  1. テニス 客観視

    メンタル

    試合の中で良い流れを手放したくなければ、「テニスの基本」を徹底することを貫こう
  2. テニス メンタル

    サーブ

    良いセカンドサーブがあるから、良いファーストサーブが打てるんです
  3. スマッシュ

    スマッシュで狙う位置、バウンドさせる場所はどこ?
  4. メンタル

    「自分の弱さを知らない」選手は、いつまで経っても強いテニス選手にはなれない
  5. テニス イベント

    練習メニュー

    技術の習得に期限を設ける、のがテニスの練習の基本スタンス
PAGE TOP