フットワーク

ワイドに追い出されても、冷静に相手のポジションを把握しよう

冷静にストロークラリーしていると思ったら、ワイドに追い出されると・・・どうでしょう。

急に乱れるように崩れる人、多いですよね。

テニスって、かなりコートの横から、でもショットを打たないといけないケースがある。

その光景、場面に慣れておかないと、試合では厳しいですよ。

強い相手は、確実にアナタをコート外に出させようとしてきますからね。

 

ワイドに追い出されても、冷静に相手のポジションを把握しよう

 


 

1.見慣れた風景、じゃなくなるということ

コートの中、ベースライン近くは、みなさんも慣れている。

自分の視界、がいつも通りだから、安心する。

でも、それがコートの横側、ワイドへのショットを打たれて、走って対応する時はどうでしょう?

かなり、慌ててしまうんじゃないですかね?

ネットも正面、から斜め前になるし、もしかしたら壁やベンチ、の近くから打つことになるかも知れない。

こういう局面、でいかに良いショットを打てるか、が試合では大事になって来ます。

 

2.サイドに走らされても、落ち着いて相手を見よう

ダブルスなら前衛、をチェック。

意外と、サイドからストレート、が抜けるコースが空いているケースもあります。

それから、クロスに打ち辛いような場面でも、上手い前衛はこの↑ストレートをケアしていますから、そんなにボレーには出られない。

だから、アナタ自身は何も慌てる必要は無いんです。

相手のポジションをよく見て、どこを守っていそうかを考える。

力む必要も無いし、いつも通りのショットで良い。

この準備、がテニスの試合では大事です。

 

3.安易にロブ、で逃げないこと

困ったときの、ロブ頼みは・・・辛い。

もちろん、サイドに走ったボールがやっと触れるくらい、の時はロブでも良いですが。

余裕があるのに、ちょっと不安になってロブ、になってしまっては、そこから相手の攻撃が始まるだけ。

サイドに走って、コートから離れても、しっかり打つという基本は変わりません。

特に、ダブルスの雁行陣の後衛なら、これはよくあるパターン。

しっかり、自分の中で準備しておきましょう。

 

4.ストレートを狙うのも、有り!

私は、結構ストレートを狙います。

相手の前衛が守っていても、です。

これは、「安易にワイドに打ったら、いつでも前衛を狙うよ!」という相手へのメッセージ。

良いんです、待ち構えられていても。

こっちが攻撃的に、外から巻いていくようなストレートが打てれば、相手の前衛もそう簡単には返せない。

前に詰めているようなら、ストレートロブ、も有りですね。

とにかく、何かしらしっかり意図のあるショットを打つこと、が大事です。

 

コートの横幅、が狭いような会場もありますので、しっかり試合前にチェック。

横にコートが続いている場合には、つい邪魔しないか遠慮もしてしまいますが、気にしないで良いでしょう。

とにかく、サイドに走ってもしっかり打つ、冷静に相手を見る。

これだけで、かなりダブルスの雁行陣の後衛、としてはプレーの質が上がると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. テニス ボレー

    フットワーク

    速く動けば余裕が出来る、のがテニスのフットワーク

    テニスの試合、強い選手のフットワークは何が違うのか。これって、…

  2. テニス 守備

    フットワーク

    テニスの試合では、シングルスでもダブルスでも、「コート全体」を守る必要はありません

    ダブルスでもシングルスでも、テニスの試合でボールが飛んで来る場所は限ら…

  3. テニス サーブ

    フットワーク

    サーブ&ボレー、アプローチ、もっと「早く」に止まって待って良いと思う

    サーブ&ボレーや、アプローチショット、リターンダッシュ。テニス…

  4. テニス 守備

    フットワーク

    ネットミスの相手に、更にプレッシャーをかける方法

    相手がボレーをミス、ストロークをミス、した時。ネットにかかって…

  5. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスは、「動いているボールに対して合わせていく競技」という認識を、改めて持とう!

    色々なスポーツがある中で、テニスの難しさは何か?それは、「動い…

  6. テニス スマッシュ

    フットワーク

    「足元に沈められるストローク」を返球する、現代テニスには必須のボレーに必要なフットワークとは?

    現代テニスでは、特にトップスピンのストローク力が一般レベルでも急激に上…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. フットワーク

    滑りやすいテニスコートで使える「スライドフットワーク」は、足の入り方がポイント!…
  2. テニス メンタル

    その他

    テニス選手であるなら、「必ずしもスペシャリストである必要は無い」と私は思う
  3. その他

    昔体育の授業が苦手だったらかと言って、テニスも苦手とは限らない
  4. テニス メンタル

    メンタル

    逆境に燃える心は、テニスコートだけでは養えない
  5. テニス サーブ

    サーブ

    シングルスにおけるサーブの役割は、「相手から浅いボールを引き出す」ことを合格点に…
PAGE TOP