フットワーク

ワイドに追い出されても、冷静に相手のポジションを把握しよう

冷静にストロークラリーしていると思ったら、ワイドに追い出されると・・・どうでしょう。

急に乱れるように崩れる人、多いですよね。

テニスって、かなりコートの横から、でもショットを打たないといけないケースがある。

その光景、場面に慣れておかないと、試合では厳しいですよ。

強い相手は、確実にアナタをコート外に出させようとしてきますからね。

 

ワイドに追い出されても、冷静に相手のポジションを把握しよう

 


 

1.見慣れた風景、じゃなくなるということ

コートの中、ベースライン近くは、みなさんも慣れている。

自分の視界、がいつも通りだから、安心する。

でも、それがコートの横側、ワイドへのショットを打たれて、走って対応する時はどうでしょう?

かなり、慌ててしまうんじゃないですかね?

ネットも正面、から斜め前になるし、もしかしたら壁やベンチ、の近くから打つことになるかも知れない。

こういう局面、でいかに良いショットを打てるか、が試合では大事になって来ます。

 

2.サイドに走らされても、落ち着いて相手を見よう

ダブルスなら前衛、をチェック。

意外と、サイドからストレート、が抜けるコースが空いているケースもあります。

それから、クロスに打ち辛いような場面でも、上手い前衛はこの↑ストレートをケアしていますから、そんなにボレーには出られない。

だから、アナタ自身は何も慌てる必要は無いんです。

相手のポジションをよく見て、どこを守っていそうかを考える。

力む必要も無いし、いつも通りのショットで良い。

この準備、がテニスの試合では大事です。

 

3.安易にロブ、で逃げないこと

困ったときの、ロブ頼みは・・・辛い。

もちろん、サイドに走ったボールがやっと触れるくらい、の時はロブでも良いですが。

余裕があるのに、ちょっと不安になってロブ、になってしまっては、そこから相手の攻撃が始まるだけ。

サイドに走って、コートから離れても、しっかり打つという基本は変わりません。

特に、ダブルスの雁行陣の後衛なら、これはよくあるパターン。

しっかり、自分の中で準備しておきましょう。

 

4.ストレートを狙うのも、有り!

私は、結構ストレートを狙います。

相手の前衛が守っていても、です。

これは、「安易にワイドに打ったら、いつでも前衛を狙うよ!」という相手へのメッセージ。

良いんです、待ち構えられていても。

こっちが攻撃的に、外から巻いていくようなストレートが打てれば、相手の前衛もそう簡単には返せない。

前に詰めているようなら、ストレートロブ、も有りですね。

とにかく、何かしらしっかり意図のあるショットを打つこと、が大事です。

 

コートの横幅、が狭いような会場もありますので、しっかり試合前にチェック。

横にコートが続いている場合には、つい邪魔しないか遠慮もしてしまいますが、気にしないで良いでしょう。

とにかく、サイドに走ってもしっかり打つ、冷静に相手を見る。

これだけで、かなりダブルスの雁行陣の後衛、としてはプレーの質が上がると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. フットワーク

    サーブ&ボレーは、ポジショニングが8割を決める

    サーブ&ボレーを、試合の中で使っているけど・・・ポイントにつながらない…

  2. テニス ボレー

    フットワーク

    相手が足下のボールを処理するときは、「ボールに触られる前」までの動きで全ては決まる

    相手の足下に、上手くボールを打てたとき。みなさんはどんな感じで…

  3. テニス ポーチ

    フットワーク

    テニスにおいてダブルスが上手い前衛の選手は、「ポーチの後の動き」を観ればすぐに分かる

    ダブルスが上手い選手と聞いて、アナタはどんなプレイヤーを思い浮かべます…

  4. テニス ストローク

    フットワーク

    相手が仰け反った瞬間、そのストロークは浅くなる

    テニスの試合で、攻撃力が高い人。それは、実際にボールを強く打て…

  5. テニス メンタル
  6. フットワーク

    身体の向きだけで、相手を翻弄出来るのが強いテニス選手

    ボールも打たずに、相手にプレッシャーをかけて得点する。これが出…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス サーブ

    ダブルス

    ダラダラ並行陣、ハイ卒業!
  2. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合では、後ろが見えない前衛に対して「上げる!」の一声は必須
  3. テニス シングルス

    ストローク

    テニスの試合で、「攻撃的にプレーゾーンを前」にしたければ改善しないといけない5つ…
  4. テニス スライス

    ストローク

    テニスの試合では「浅いボールにいかに早く気付けるか」が、ストローク戦の結果を大き…
  5. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合のパッシングショット、は普通の自分のショットで良い
PAGE TOP