フットワーク

ワイドに追い出されても、冷静に相手のポジションを把握しよう

冷静にストロークラリーしていると思ったら、ワイドに追い出されると・・・どうでしょう。

急に乱れるように崩れる人、多いですよね。

テニスって、かなりコートの横から、でもショットを打たないといけないケースがある。

その光景、場面に慣れておかないと、試合では厳しいですよ。

強い相手は、確実にアナタをコート外に出させようとしてきますからね。

 

ワイドに追い出されても、冷静に相手のポジションを把握しよう

 


 

1.見慣れた風景、じゃなくなるということ

コートの中、ベースライン近くは、みなさんも慣れている。

自分の視界、がいつも通りだから、安心する。

でも、それがコートの横側、ワイドへのショットを打たれて、走って対応する時はどうでしょう?

かなり、慌ててしまうんじゃないですかね?

ネットも正面、から斜め前になるし、もしかしたら壁やベンチ、の近くから打つことになるかも知れない。

こういう局面、でいかに良いショットを打てるか、が試合では大事になって来ます。

 

2.サイドに走らされても、落ち着いて相手を見よう

ダブルスなら前衛、をチェック。

意外と、サイドからストレート、が抜けるコースが空いているケースもあります。

それから、クロスに打ち辛いような場面でも、上手い前衛はこの↑ストレートをケアしていますから、そんなにボレーには出られない。

だから、アナタ自身は何も慌てる必要は無いんです。

相手のポジションをよく見て、どこを守っていそうかを考える。

力む必要も無いし、いつも通りのショットで良い。

この準備、がテニスの試合では大事です。

 

3.安易にロブ、で逃げないこと

困ったときの、ロブ頼みは・・・辛い。

もちろん、サイドに走ったボールがやっと触れるくらい、の時はロブでも良いですが。

余裕があるのに、ちょっと不安になってロブ、になってしまっては、そこから相手の攻撃が始まるだけ。

サイドに走って、コートから離れても、しっかり打つという基本は変わりません。

特に、ダブルスの雁行陣の後衛なら、これはよくあるパターン。

しっかり、自分の中で準備しておきましょう。

 

4.ストレートを狙うのも、有り!

私は、結構ストレートを狙います。

相手の前衛が守っていても、です。

これは、「安易にワイドに打ったら、いつでも前衛を狙うよ!」という相手へのメッセージ。

良いんです、待ち構えられていても。

こっちが攻撃的に、外から巻いていくようなストレートが打てれば、相手の前衛もそう簡単には返せない。

前に詰めているようなら、ストレートロブ、も有りですね。

とにかく、何かしらしっかり意図のあるショットを打つこと、が大事です。

 

コートの横幅、が狭いような会場もありますので、しっかり試合前にチェック。

横にコートが続いている場合には、つい邪魔しないか遠慮もしてしまいますが、気にしないで良いでしょう。

とにかく、サイドに走ってもしっかり打つ、冷静に相手を見る。

これだけで、かなりダブルスの雁行陣の後衛、としてはプレーの質が上がると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

関連記事

  1. フットワーク

    浅いチャンスボール、を逃さないフットワークとは?

    相手の浅いボール、が自分のコートにバウンドする。本来チャンスな…

  2. テニス 準備
  3. テニス ミス
  4. テニス ダブルス

    フットワーク

    試合の中で、「スプリットステップを忘れてしまう」人が意識したいポイント5つ

    試合の中で、つい緊張してしまうと忘れてしまうもの。その一つが、スプ…

  5. テニス サーブ

    フットワーク

    打つコースを2つ用意しながら、ボールを追いかけるのが試合の基本

    試合で走りながら、自分が打つコースを考える。これが、ちゃんと出…

  6. テニス シューズ

    フットワーク

    前にダッシュで走るなら、前傾姿勢でのスタートが基本

    テニスの試合、前方向へのダッシュ機会、多いですよね。ネットに詰…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合でのサーブ、ファーストもセカンドも、「スウィングスピードは同じ」だか…
  2. ダブルス

    「ナイスプレッシャー!」の一声で、前衛は救われる
  3. バボラ ピュアドライブ

    テニス知識

    テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. サーブ

    ほとんどの人のサーブ、力が伝わらない理由とは?
  5. テニス ストローク

    ボレー

    ダブルスで4人がつなぎ合うボレーを打破するには、アングルボレーを使うしか無い
PAGE TOP