リターン

リターンは一歩目の精度がカギ

相手のサーブを、リターンする。

テニスはここから試合開始、試合の半分はリターンからスタートすることになります。

でも、このリターンが難しい。

今回はその難しさ、何が難しいのかを考えて一緒に対策を練っていきましょう。

着目したいのは、「歩数」です。

 

リターンは一歩目の精度がカギ

 


 

1.なぜ、リターンは難しいんだろう?

よく考えてみれば、なぜでしょう。

相手のサーブが、凄い?

私たち一般の試合では、ほとんどそう感じられるようなビッグサーバー、は少ないはず。

サーブは入るエリアが決まっているし、自分に向かってボールが飛んで来る。

難しいはずはない、と思いませんか?

確かに、ストロークよりはボールが速いというのはあります。

発想次第で、私はリターンはより簡単に出来る、と思いますよ。

 

2.使う歩数は、2歩だけ

ストロークのように、走って止まって打つ、と考えると難しい。

それにボールに力があるし、滑ったり弾んだり、ボールの変化が激しいですよね。

走って止まってタイミングを合わせよう、と思うと難しい。

使う歩数は、決めてしまいましょう。

リターンは、2歩で良い。

2歩で合わせる、その1歩目が大事。

この1歩目の精度、が鍵なんです。

 

3.1歩目は、ざっくり大きく合わせる

試合に勝ち進んでいけば、サーブのコントロールが良い相手が多い。

両コーナーを突かれて、2歩で合わせることにチャレンジしていかないとダメなんです。

1歩目、はしっかり大きく、合わせる。

私は右利きですが、フォア側だと思ったら大きく右足から前に出していく。

小さい修正は、2歩目で良い。

最初の1歩目をしっかり大きく、素早く反応する精度を鍛えること。

これが、何より大事です。

 



 

4.1歩目は大きく、2歩目は小さく

私がリターンしている時に、意識しているのはコレ。

1歩目はなるべく大きく、ハッキリと動く。

2歩目は微調整、でも前に踏み込みながら、その瞬間にリターンを打つ。

打点と2歩目、を合わせる感じですね。

2歩で合わせる意識ですけど、まずは1歩目、その精度に70%くらいの意識を使う感じで良いでしょう。

あくまで、私たちが狙うのは1歩目を大きく出して、サーブの球筋の後ろに入ること。

そこから2歩目で最終調整、を意識してみて下さい。

 

5.お勧めの練習法

サーブを打ってもらい、それをリターンする形だけ作る。

リターン側の選手は、ラケットを持たないでサーブを受けてみましょう。

ラケットを持たないので実際には打ち返さない、足だけ合わせる感じ、で練習します。

サーブを見て、足だけ合わせる。

これが出来ると、実際の試合では楽にリターン出来ます。

サーブ練習の打ちっ放し、の練習の時にリターン側に立つだけでも良い練習になりますよ。

ラケットを持たないで立つって、新鮮です。

 

足を合わせることが出来れば、リターンは飛躍的に上達します。

3歩以上使ってバタバタ、している人はまず良いリターンは打てない。

タ、ターンという感じで合わせるリターン、磨いていきましょう。

キーワードは、1歩目の精度です。

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    ダブルスの試合で踏み込んだリターンの後は、必ずポジショニングをハッキリさせよう!

    ダブルスの試合、に限らず・・・ですが、踏み込んだリターン、必要ですよね…

  2. テニス メンタル

    リターン

    ボディへの速いサーブは、「脇を締めてラケット面を被せる」ことで返球出来る

    ボディへのサーブ、きっと最近増えています。こう感じるのは、男子…

  3. リターン

    相手がトスを上げた瞬間、はポジションチェンジのチャンス!

    アナタ自身が、リターンのときに。このチャンスタイムを使わない手…

  4. テニス ストローク

    リターン

    回り込みの攻撃的なリターンを、いかに試合で活かせるか

    テニスの試合、工夫してすぐに勝てる技術があるなら・・・それはリターン。…

  5. リターン

    リターンはボレー、で意識改革を

    試合に出続けていると、本当に色んなサーブを受けることになる。本…

  6. テニス ロブ

    リターン

    試合で対戦したときに、「深く鋭いサーブ」をしっかり返球できるリターンの技5つ

    試合でサーブが良い対戦相手、と当たる機会は絶対に増えてくる。そ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス テイクバック

    ストローク

    両手バックハンドストロークでは、「ボールをインパクトしたときのラケット面」をしっ…
  2. メンタル

    「このポイントは欲しい!」という場面で、私が考えていること
  3. テニス ボレー

    ストローク

    「踏み込む着地は、かかとから」安定したストロークを身に付ける!
  4. リターン

    相手のサーブを予測する、ことに貪欲になろう
  5. テニス 構え

    ストローク

    「コンパクトに振っているつもり・・・なんだよね」テニスのストロークで意識したいフ…
PAGE TOP