リターン

リターンは一歩目の精度がカギ

相手のサーブを、リターンする。

テニスはここから試合開始、試合の半分はリターンからスタートすることになります。

でも、このリターンが難しい。

今回はその難しさ、何が難しいのかを考えて一緒に対策を練っていきましょう。

着目したいのは、「歩数」です。

 

リターンは一歩目の精度がカギ

 


 

1.なぜ、リターンは難しいんだろう?

よく考えてみれば、なぜでしょう。

相手のサーブが、凄い?

私たち一般の試合では、ほとんどそう感じられるようなビッグサーバー、は少ないはず。

サーブは入るエリアが決まっているし、自分に向かってボールが飛んで来る。

難しいはずはない、と思いませんか?

確かに、ストロークよりはボールが速いというのはあります。

発想次第で、私はリターンはより簡単に出来る、と思いますよ。

 

2.使う歩数は、2歩だけ

ストロークのように、走って止まって打つ、と考えると難しい。

それにボールに力があるし、滑ったり弾んだり、ボールの変化が激しいですよね。

走って止まってタイミングを合わせよう、と思うと難しい。

使う歩数は、決めてしまいましょう。

リターンは、2歩で良い。

2歩で合わせる、その1歩目が大事。

この1歩目の精度、が鍵なんです。

 

3.1歩目は、ざっくり大きく合わせる

試合に勝ち進んでいけば、サーブのコントロールが良い相手が多い。

両コーナーを突かれて、2歩で合わせることにチャレンジしていかないとダメなんです。

1歩目、はしっかり大きく、合わせる。

私は右利きですが、フォア側だと思ったら大きく右足から前に出していく。

小さい修正は、2歩目で良い。

最初の1歩目をしっかり大きく、素早く反応する精度を鍛えること。

これが、何より大事です。

 



 

4.1歩目は大きく、2歩目は小さく

私がリターンしている時に、意識しているのはコレ。

1歩目はなるべく大きく、ハッキリと動く。

2歩目は微調整、でも前に踏み込みながら、その瞬間にリターンを打つ。

打点と2歩目、を合わせる感じですね。

2歩で合わせる意識ですけど、まずは1歩目、その精度に70%くらいの意識を使う感じで良いでしょう。

あくまで、私たちが狙うのは1歩目を大きく出して、サーブの球筋の後ろに入ること。

そこから2歩目で最終調整、を意識してみて下さい。

 

5.お勧めの練習法

サーブを打ってもらい、それをリターンする形だけ作る。

リターン側の選手は、ラケットを持たないでサーブを受けてみましょう。

ラケットを持たないので実際には打ち返さない、足だけ合わせる感じ、で練習します。

サーブを見て、足だけ合わせる。

これが出来ると、実際の試合では楽にリターン出来ます。

サーブ練習の打ちっ放し、の練習の時にリターン側に立つだけでも良い練習になりますよ。

ラケットを持たないで立つって、新鮮です。

 

足を合わせることが出来れば、リターンは飛躍的に上達します。

3歩以上使ってバタバタ、している人はまず良いリターンは打てない。

タ、ターンという感じで合わせるリターン、磨いていきましょう。

キーワードは、1歩目の精度です。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス ロブ

    リターン

    下がってリターンすれば、大きく打てるメリットもある

    リターンの基本は、前に踏み込むこと。でも、全仏オープンの試合を…

  2. リターン

    サーブが強力な相手、にダブルスの試合で対抗する戦術について

    サーブが強力な相手と、ダブルスで戦う。これって本当に厄介ですよ…

  3. テニス 構え

    リターン

    テニスの試合では、「リターン位置をはっきり前にする」ことで、高い打点から攻撃が出来ます!

    リターンからの攻撃パターンを作っておくと、試合で勝てる。これだ…

  4. テニス ストローク

    リターン

    「ショートアングルへのリターン」がしっかり打てると、ダブルスの試合では大活躍です

    ダブルスの試合では、リターンのプレッシャーが厳しい。シングルス…

  5. リターン

    相手がクイックサーブで、リターンに苦労するときには?

    相手がクイックサーブで、リターンがやり辛い。これ、結構多いと思…

  6. テニス ミス

    リターン

    高速サーブを前衛がセルフジャッジする、簡単なコツとは?

    相手のサーブがめちゃめちゃ速い。こういう時に、意識したいことっ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 環境

    ボレー

    ゆっくりしたロブのバックボレーカット、練習しておかないと
  2. テニス 準備

    ストローク

    テニスの試合でも練習でも必要な「ブロック」の技術を身に付けるポイント5つ
  3. その他

    「さぁ、走り込みを始めよう」テニスの試合で技術を活かす為にもベースとなる体力は絶…
  4. テニス ボレー

    戦術

    試合の中で、「○○は捨ててOK」という共通認識を持てると、ダブルスペアは強くなっ…
  5. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「自分の得意なパターンで攻撃していく」ために大切な4…
PAGE TOP