その他

出来ないのではなく、やっていないだけ

色々アドバイスされるけど、出来ないことばっかり。

毎回同じコーチから、同じことを言われて嫌になる・・・。

そんなみなさん、どこか勘違いしていませんか?

もしかしたら、それは出来ないのではなくやっていない。

それだけかも知れない、ですよ。

 

出来ないのではなく、やっていないだけ

 


 

1.やれば出来る、じゃなくて出来てしまう

そもそも、出来た、出来ない、の考え方は人それぞれ。

ほとんどの人の「出来る」という表現は、つまり「ポイントが取れる」ということ。

やってポイントが取れなかったら、それは出来なかったこと、になってしまう。

これって、どうなんでしょう。

私は、すごくもったいないことだと思いますよ。

ポイントが取れるか取れないかって、それは分からない。

そこを基準にしたら、どうなると思いますか?

私は何も出来ない人ばかり、になってしまうと思います。

 

2.実行=出来た、で良いはず

アナタ自身、出来ることはもっとあるはず。

もしかしたら、もう出来ているかも知れないんです。

「ポーチボレーが出来ない」という人は、先に動いてポーチを打つだけでも大成功。

これを考え過ぎて、ポイントが取れないと失敗、だからもう何も出来ない、という風になってしまう。

実行出来た、というだけで「出来た」で良いんです。

これを自分でハードルを上げてしまうと、試合に勝てなくなる。

そこに気付けるかどうか、です。

 

3.試合だと、失点も相手にダメージになる

練習と違うのは、ここです。

練習で失敗しても、さほど自分にも相手にも影響は無い。

試合で失敗、失点すると、どうなるのか。

相手にポイントに入る、のは自分へのダメージですが、それだけじゃない。

相手には「動かれた」というダメージが残る。

ダメージを与えることが出来る、という自信が付けば「出来る」という感覚も養えるんですけどね。

失点=失敗、出来なかった、という発想ばかりの人が多い。

どちらが試合相手として嫌か、は一目瞭然でしょう。

 



 

4.出来ない=やっていない、ということ

これを強く、意識しましょう。

自分にとって出来ないことは、やっていないこと。

やっていることは、出来ていること、出来ること。

これで良いじゃないですか。

失点か得点かは、あまり関係ありません。

出来ないことが多い人は、ただやってないことが多いだけ。

テニス選手としての殻を破るには、自分の発想を変えないとダメですよ。

 

5.お勧めの練習法

例えば、作戦をパートナーにゆだねてみる。

自分にどう動いて欲しいのか、を聞いてその指示通りに動いてみて下さい。

指示を出す方も、出来る出来ないは関係ない、やるかやらないか。

サーブからポーチ、チェンジ、を前衛にやってもらう。

こういうのを、仲間内の試合形式でまずはやってみましょう。

得点につながらなくても、「出来る、使える!」という感覚は養えるはずですよ。

 

出来ないこと、なんて本当は少ない。

自分はまだまだやっていないか、失点が怖くて動けていないだけ。

これは本当に、成長曲線に大きく影響して来ますから。

ぜひ、意識して自分を見つめなおしてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

関連記事

  1. テニス 構え

    その他

    「テニスの試合が上手い人」はココをチェックしている!対戦相手を観察するポイントとは?

    テニスの試合で、一番緊張するのは皆さんいつですか?私は試合の前…

  2. テニス 構え
  3. テニス 戦術
  4. その他

    「大谷選手の目標を実現させた方法=マンダラート」は、テニスにも超絶応用が可能です!

    自分自身を、成長させたい。このサイトを観ている方であれば、少な…

  5. テニス メンタル

    その他

    「テニススクール通いで試合に強くなる」為に必要な意識とは?

    読者の皆さんの中にも通っている方が多くいるであろう、テニススクール。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 練習

    テニススクール

    女性がテニススクールで男性のボールに対抗する為に、必要なこととは?
  2. ストローク

    フォームを固めると、テニスは上手くなるのだろうか?
  3. テニス トレーニング

    その他

    青山学院大学の箱根駅伝での強さを紐解けば、テニスに必要な要素も見えてくる!
  4. テニス ポジショニング

    シングルス

    シングルスで絶対絶命のピンチ!の場面では・・・どうする?
  5. テニス 練習

    戦術

    自分の多い失点パターンを、もう一度考えてみよう
PAGE TOP