ストローク

アウトミスならOK、でいこう!

試合で緊張して、ストロークが入らなくなる。

こういう時には、ハッキリさせるのも一つの手。

絶対ミスしてはダメ、じゃなくてやって良いミスを決めておく。

そうすると、試合でも結構楽ですよ。

 

アウトミスならOK、でいこう!

 


 

1.アウトミス、OK!

これでいきましょう。

アウトするミスはOK、気にしない。

アウトミスは気にしないでどんどん深く打っていく。

自分の中で、気持ちがスッキリしていれば、調子も戻って来るでしょう。

ネットミスさえしない、と決めておけばアウトで落ち込むことは無い。

実際に失点しても、本当に想定内、という感じでいきましょう。

 

2.アウトミスは、なぜOKなのか?

どれくらいアウトしたのか、も確認出来ます。

それに、シングルスの試合なら相手を走らせることも出来る。

ネットミスだと、これが出来ないんですよね。

アウトミスは、相手にダメージを残すことも出来るし、情報も得ることが出来る。

しっかりラケットを振って、回転をかける意識、が大事です。

アウトミスはOKにしておくだけで、すごく楽に振れていきますよ。

 

3.アウトミスからの修正方法は?

例えば、まず「アウトした分だけ、下がって打つ」というのがありますね。

同じ打ち方で、少し下がって打てばその分手前に入る。

30cmアウトしたなら、30cm後ろに下がってい打てば良い。

修正方法も、シンプルですよね。

これで多少入るようになれば、また試合も盛り返せる。

アウトミスは、修正しやすいんです。

逆に言えば、アウトするくらい深く打てないと、試合では効果的なストロークにならない。

アウトって、実は宝の山なんですよ。

 



 

4.アウトを怖がっていて、どうするの?

アウトとナイスショットは、紙一重。

これは、事実じゃないですか。

だから、アウトは悲観する必要無いんですよ。

本当、ナイスショットまであと少し、ですから。

もっと怖いのは、アウトを怖がってしまって安全策ばかりになってしまうこと。

これは、重症です。

結局強い相手には攻められて終わり、ですからね。

アウトを怖がっているようでは、良いテニスは出来ない。

これだけでは覚えておいて下さい。

 

5.お勧めの練習法

深いボールを打って、調整する。

あえて、ストローク同士のラリーでも、下がって打ってアウトもOK、ラリーを続けるような感じでラリーしてみましょう。

打っている本人はインかアウトか、が分かりますから、都度調整していく。

つなげるストロークラリーではなく、深いボールをどんどん打つ、そんなラリー練習していきましょう。

つい、インでつなげるような練習ばかり、になってしまいますからね。

下がってアウトもOK、というラリーは新鮮なはずです。

 

アウトを恐れない、そんな相手は嫌なはず。

しっかり打っていく、この意識が試合では大事。

アウトは調整出来る、だからOKなんだ、と自分で納得して打てるかどうか。

シングルスでもダブルスでも、この感覚は大事です。

落ち込んでいる時間はありません、発想を転換していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…

関連記事

  1. テニス ロブ

    ストローク

    シングルスの試合で、「サイドスライス回転が効いたドロップショット」は使える!

    シングルスの試合でドロップショットを使いたい・・・。だけど拾わ…

  2. テニス ボレー

    ストローク

    相手のネットプレイヤーが「ネットから離れた場所」にいるなら、ボールを足元に沈めて前に出よう

    相手のポジションを観察する癖を付けると、テニスでは勝機が見えてくる。…

  3. テニス 準備

    ストローク

    テニスの試合でも練習でも必要な「ブロック」の技術を身に付けるポイント5つ

    スマッシュや早いサーブを返球するときに、必ず必要なのが「ブロック」する…

  4. テニス 主将
  5. テニス 準備

    ストローク

    ストロークに必要な速い準備とは、「相手が打ったボールがネットを越える前」までが勝負です

    ストロークで問題を抱えている人の、ほとんどは構えが遅い。構え・…

  6. ストローク

    なぜ、ほとんどの人がストロークで「身体が開いてしまう」のかを解き明かす5つの理由

    「身体、開いてるよ!」と、ストロークのときに指摘される方。日本…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    「早い準備とはこういうこと」しっかり貯めの効いたストロークを試合で打つには・・・…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでスピン回転がかからない人が、やりがちなミス5つ
  3. Q&A

    Q&A「グリップの握りがしっくりしない気がします」
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスというスポーツの怖さを、もう一度確認しておきましょう
  5. テニス テニスノート

    Q&A

    読者のみなさんよりアンケートで頂いたお悩みに、私なりにお答えさせて頂きます Vo…
PAGE TOP