シングルス

シングルスの試合で、アウトミスを減らす簡単な方法

シングルスの試合での失点、どんなミスが多いでしょうか。

アウト、が結構多くないですか?

アウトミスは「惜しい」と思いがちですが、実は惜しくないケースも多い。

そう、考え方を少し変えればその惜しいがナイスショットになる。

私は、そう考えています。

 

シングルスの試合で、アウトミスを減らす簡単な方法

 


 

1.ボールのバウンドエリア、をイメージしよう

テニスコート、シングルスコートの実際の広さ。

このギリギリを狙うとアウトする可能性が高い。

私は、いつも試合で自分だけのライン、をコートに引いています。

シングルスコートの1メートル内側、にラインを設定する。

そして、この中にバウンドさせるイメージでラリーする。

実際に、かなりコートは狭いイメージなんですよね。

でも、このイメージですごく楽になっているんです。

 

2.多少ズレても良い、という気持ちが楽になる

1メートル内側、に設定していますから。

多少ズレても、実際のコートでは入っている。

この、「少しズレても良い」という感覚が、大事なんですよ。

実際の試合では、この小さいメンタルの余裕が、良いストロークになる。

私は、何度も厳しい試合をこの感覚で乗り切って来ました。

「自分が設定したエリアなら、多少アウトしても良いんだ」と思えるから、振り切れる。

大事ですよ、本当に小さいことなんですけど。

 

3.1メートル内側で、充分に勝負出来る

シングルスは、勝負出来ます。

実際に、シングルスの試合はほとんど、これくらい内側のエリアを使うケースが多い。

逆を突いたり、ネットプレーを入れれば、このエリアで充分に戦えます。

だからこそ、自信を持つことが大事。

1メートル内側で、自分の勝負エリアを設定する。

これだけで、シングルスの試合は勝てるはずですよ。

 



 

4.アウトミスを減らせば、試合は勝てる!

私は、シングルスの試合は勝てると思います。

もちろん、ネットミスや相手に決められるケースも多いでしょう。

ですが、拮抗したゲームやポイント、長いラリーでは、アウトミスで終わることが多い。

だからこそ、それを自分は減らしていく覚悟が大事。

設定一つで、テニスは変わる。

もしかしたら、一見安全圏での勝負に見えるかも知れませんが、それで大丈夫。

実際には、自分が設定したエリアではアウト、本来のシングルスコートではイン、というポイントも多いでしょう。

考えるだけで、少し楽になりませんか?

 

立っていても、1メートル内側のラインが見える。

打点に顔を残しても、しっかりイメージ出来るようにしておきましょう。

自分の気持ちを楽にする、そのコントロール力は具体策から。

こういう小さい自分なりのルール、を持っている人が「メンタルが強い人」じゃないですかね?

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. テニス 準備
  2. テニス リターン
  3. シングルス

    シングルスでネットに出るのが、怖い方に

    シングルスでも、ネットに出ましょう!と、言い続けて来ましたが、…

  4. テニス メンタル

    シングルス

    「ポワーンとした、つなぐリターン」を許しているから、勝てない

    シングルスの試合、勝てないしどう戦って良いのか分からない・・・という方…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合では、「シンプルにバックハンド側に打って、前に出る」だけで勝てるかも知れない4つの理…

    テニスの試合、私が最初に作戦と呼べるものとして確立させたのはこれでした…

  6. シングルス

    攻撃的なプレイヤーならあえて、「粘るイメージ」でシングルスの試合に入るのも悪くない作戦です

    アナタ自身、どんなプレーでシングルスの試合に入っているのか。意…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス スライス

    戦術

    テニスが上達する、ということは、狙った場所に繰り返し打てるようになるということ
  2. テニス ストローク

    リターン

    サーブの軌道とリターンの軌道、基本は同じ
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「相手に舐められないように・・・」と考えるより、逆のほうが良く…
  4. その他

    「甘ったれるな!トレーニングしろよ!」テニスのトーナメントを勝ち抜くには持久力は…
  5. テニス サーブ

    ストローク

    社会人からテニスを始めた方に目立つ、「手打ちなストローク」を直せば怪我が減り長く…
PAGE TOP