シングルス

シングルスの試合で、アウトミスを減らす簡単な方法

シングルスの試合での失点、どんなミスが多いでしょうか。

アウト、が結構多くないですか?

アウトミスは「惜しい」と思いがちですが、実は惜しくないケースも多い。

そう、考え方を少し変えればその惜しいがナイスショットになる。

私は、そう考えています。

 

シングルスの試合で、アウトミスを減らす簡単な方法

 


 

1.ボールのバウンドエリア、をイメージしよう

テニスコート、シングルスコートの実際の広さ。

このギリギリを狙うとアウトする可能性が高い。

私は、いつも試合で自分だけのライン、をコートに引いています。

シングルスコートの1メートル内側、にラインを設定する。

そして、この中にバウンドさせるイメージでラリーする。

実際に、かなりコートは狭いイメージなんですよね。

でも、このイメージですごく楽になっているんです。

 

2.多少ズレても良い、という気持ちが楽になる

1メートル内側、に設定していますから。

多少ズレても、実際のコートでは入っている。

この、「少しズレても良い」という感覚が、大事なんですよ。

実際の試合では、この小さいメンタルの余裕が、良いストロークになる。

私は、何度も厳しい試合をこの感覚で乗り切って来ました。

「自分が設定したエリアなら、多少アウトしても良いんだ」と思えるから、振り切れる。

大事ですよ、本当に小さいことなんですけど。

 

3.1メートル内側で、充分に勝負出来る

シングルスは、勝負出来ます。

実際に、シングルスの試合はほとんど、これくらい内側のエリアを使うケースが多い。

逆を突いたり、ネットプレーを入れれば、このエリアで充分に戦えます。

だからこそ、自信を持つことが大事。

1メートル内側で、自分の勝負エリアを設定する。

これだけで、シングルスの試合は勝てるはずですよ。

 



 

4.アウトミスを減らせば、試合は勝てる!

私は、シングルスの試合は勝てると思います。

もちろん、ネットミスや相手に決められるケースも多いでしょう。

ですが、拮抗したゲームやポイント、長いラリーでは、アウトミスで終わることが多い。

だからこそ、それを自分は減らしていく覚悟が大事。

設定一つで、テニスは変わる。

もしかしたら、一見安全圏での勝負に見えるかも知れませんが、それで大丈夫。

実際には、自分が設定したエリアではアウト、本来のシングルスコートではイン、というポイントも多いでしょう。

考えるだけで、少し楽になりませんか?

 

立っていても、1メートル内側のラインが見える。

打点に顔を残しても、しっかりイメージ出来るようにしておきましょう。

自分の気持ちを楽にする、そのコントロール力は具体策から。

こういう小さい自分なりのルール、を持っている人が「メンタルが強い人」じゃないですかね?

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. シングルス

    「試合で勝てる人は、実践している!」シングルスの試合で必要な基本準備5つ

    試合に慣れている人、トーナメントで勝ち進む人は、事前の準備に余念があり…

  2. テニス ポジショニング

    シングルス

    シングルスでのネットプレー、ファーストボレーはどんなイメージ?

    シングルスの試合でも、ネット二出ましょう!と、私は何度か言い続…

  3. テニス セルフジャッジ

    シングルス

    「相手のミスを引き出すポイント」と「攻撃していくポイント」を分けれてる?

    テニスの試合、試合運びが上手い選手はこの辺りが上手い。ちょとし…

  4. テニス ボレー

    シングルス

    強いシングルプレイヤーは、ポジショニングがすごく細かい

    シングルスの試合で、結果を出したい。と思って強い選手を色々観察…

  5. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で、浅いボールをしっかり決める為に必要な意識5つ

    シングルスの試合で、一番多い攻撃パターン。テニスでは、相手のボール…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「自分の得意なパターンで攻撃していく」ために大切な4つの準備

    シングルスの試合は、自由にプレー出来る分、想像力が求められます。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    他人からの挑戦を「楽しめる人か、引いてしまう人か」が勝負
  2. 練習メニュー

    サーブ側の前衛、の予測力を高める簡単な練習法
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    シングルスの試合では、毎回コートの真ん中に戻り過ぎても疲れるだけ
  4. テニス 人脈

    その他

    「テニスの人脈作り」よりも、「アナタとテニスがしたい」と言われるようになって下さ…
  5. テニス 疲れ

    その他

    テニスの試合中、「どうも他の選手より疲れるのが早い・・・」と感じる人は、ラケット…
PAGE TOP