サーブ

今すぐサーブの威力をアップさせる、打点の意識について

身長が低い女性の方でも、威力のあるサーブを打つ選手はいます。

しっかりと身体を使う意識、それからラケットの性能を活かせる打点で打つ意識、が大事でしょう。

今のアナタが、すぐにサーブの威力をアップさせる方法。

ちょっとした意識とコツで、サーブはすぐに良くなります。

 

今すぐサーブの威力をアップさせる、打点の意識について

 


 

1.ラケットの先端を使う意識で

打ってみましょう。

ラケットの先、先端の方を使ってボールを打つ。

これ、なかなか試合では出来ていないと思いますよ。

サーブが苦手な人のほとんどは、グリップに近い根元の部分にボールが当たっていることが多い。

打点も低くなるし、自分のトスに差し込まれているような感じ、になってるんですよね。

一度、自分のサーブを動画に撮って見てみると良いでしょう。

意外と窮屈な感じで、打点が低いと感じるはずです。

 

2.ラケットの先を使う意識で打つと・・・?

何が変わるでしょうか。

まず、しっかり打点を高く確保しよう、と思うようになるはず。

それに、しっかりと自分からトスを打ちにいけるようになるんですよね。

落ちて来るのを待たない、自分から打ちにいく。

トスに合わせるようなサーブの打ち方だと、ずっと不安定なままですし、試合の緊張感に堪えられない。

ラケットの先を使う意識で、実はちょうど良い。

実際には先端で打つようなつもり、で打っても真ん中くらいに当たるでしょう。

それでも良いんです。

ずっとラケットの根元で打っているより、断然伸びのあるようなサーブになるでしょう。

 

3.ラケットは先を使うから性能が活かされる

これも、意外と意識出来ていない人が多い気がします。

ラケットは、しっかり真ん中から少し先、の辺りでボールを捕らえると、性能が活かせる。

ガットの性能と重なって、良いボールが打てるんです。

ラケット自体の遠心力も使えるし、少しの力で楽にボールを飛ばすことが出来る。

特にサーブは、この力を使いたい。

ですから、ラケットの先でボールを打つ為には、どうすれば良いのか。

トスアップ、スウィングはどんな感じだと打てるのか、を真剣に考えてみましょう。

きっと、サーブの威力は目に見えて変わるでしょう。

 

4.最初は入らなくてOK!

当然、最初は入らない。

でも良いんです、とにかく今までの自分のサーブよりも「伸びがあるかどうか」を確認しましょう。

ラケットの先端を使って、打点を高くしてしっかり下半身を使って打つ。

大きくフォルトするつもり、で打って良い。

最初から入れようとすると、結局こじんまりしたサーブに終わってしまいますから。

まずはサーブの伸び、威力を優先してみる。

フラット気味で打って、そこから回転をかけるように練習していけば良い。

最初から入れよう、フォルトしなように打つこと、は成長を妨げるだけです。

 

力が無いジュニア、女性、シニアの方こそ、この打ち方を意識して欲しい。

ラケットの先端を使うようなサーブ、でしっかり相手を追い込んでいくこと。

もちろん試合では入れないといけない、のがサーブですが、最初からそれを考え過ぎないようにしましょう。

「自分のサーブは、こんなもの」と思っている方ほど、試して欲しいコツです!

 

↓まだ若干の空きが御座いますので、ご興味がある方はぜひ!

■第2回読者ミーティングを11月15日(木)に開催します!

今回のテーマは、試合に勝てる「リターン術」について です。

参加のお申込みは、コチラからお願いします。

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品

関連記事

  1. テニス ストローク

    サーブ

    「相手のリターンが自分のサーブより速い・・・」くらいで、心が折れては試合で勝てない!

    「これは、ヤバイかも知れない・・・」と、試合中に感じてしまう。…

  2. テニス メンタル

    サーブ

    セカンドサーブからのポイント獲得率は、50%で良い

    自分の試合を、しっかり客観視出来ている人。それは、こういう目標…

  3. テニス 客観視

    サーブ

    ネットの高さより、審判台の高さを狙うのがナイススピンサーブ

    スピンサーブの軌道の高さ。これは、きっとアナタ自身が思っている…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つ選手が弱気になったら、テニスの試合は絶対勝てない

    当たり前・・・とも言えるかも知れませんが、なかなか難しい問題。…

  5. テニス ボレー

    サーブ

    ダブルフォルトを連発するときには、「ネットをしない軌道」だけ意識して打っていこう

    試合が怖い、サーブが打ちたくない・・・。ダブルフォルトの恐怖は…

  6. サーブ

    どんなに速い強烈なサーブでも、「軌道は山なりだから安定して入る」ことを再確認しておこう

    速いサーブを安定して入れることが出来る人、はどんなことを意識しているの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 練習

    メンタル

    自分で決められる人は、確実にテニスも強くなる
  2. テニス ボレー

    フットワーク

    「流れるようなネットプレー」の裏には、テニスで必要な効率的な体重移動が不可欠です…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合では、「ストロークはラケットを振り切るから回転がかかる」ということを…
  4. テニス 準備

    その他

    テニスオタクな彼と付き合うと気付く(はず)、な10のメリット
  5. サーブ

    サーブを打った後に構えるのが遅い人は、「まず利き腕で無い手でラケットのスロートを…
PAGE TOP