テニス ダブルス

ダブルス

並行陣が上手くいかないペアに、ありがちな特徴5つ

ダブルスの試合で、並行陣を頑張っている・・・けど、なかなか上手くいかない。

こういうペアには、共通する特徴があります。

今回は、並行陣を普段使っている、慣れているみなさんのヒントにもなるチェックポイントをまとめてみました。

出来ているつもりが、実は怪しいところ。

結構見つかると思いますよ。

 

並行陣が上手くいかないペアに、ありがちな特徴5つ

 


 

1.サーブで無理し過ぎている

サーブ&ボレーからの並行陣、で前に出る。

でも、あっさり相手リターンに沈められて終わり、という方も多いと思います。

こういう人は、まずサーブで無理をし過ぎ。

良いリターンを打たせたくない、という気持ちが強いのか、速いサーブを打って自分の態勢が充分じゃない。

サーブにパワーを使い過ぎて、ファーストボレーが雑なんですよね。

もっと楽にサーブを打って、勝負はネットプレー、という形を意識してみましょう。

それだけで、かなり精度の高い並行陣になると思いますよ。

 

2.とにかくロブに弱い

とにかく上に強く無いと、並行陣は脆い。

ロブを上げられて、簡単に前衛が後衛に任せているようでは、並行陣としては戦えないでしょう。

ロブを使って来る相手なら、少し下がり目の並行陣で対抗する。

ロブを誘って、自分で仕留めるような意識が大事になります。

上に弱いことに対しては、徹底して危機感を持って練習しましょう。

 

3.深いボレーだけしか武器が無い

これも、辛いです。

並行陣、2人で前に出てひたすら深くボレー、だけだと決まらない。

相手もストロークが得意なペアが多いですからね、最近は。

深く打ったら、前を使うドロップボレーが打てないと。

常に相手の前を狙う、それはネットプレイヤーの基本です。

並行陣で勝ちたいなら、相手雁行陣からドロップボレーで得点するパターンをしっかり練習しましょう。

 

4.リターンゲームでは、なぜか雁行陣

私は、サービスゲームよりもリターンゲームの方がチャンスがあると思っています。

最初から前に入りやすいし、並行陣初心者の方でもポジショニングが楽に出来る。

でも、リターンゲームから前に出るようなペアが、まだまだ少ないような気がするのは私だけでしょうか。

試合の中で、半分はリターンゲーム。

ここでも並行陣にトライしていかないと、上達は遅いですよ。

 

5.出来ないのは、いつまでもペアや相手のせい

実は、何かが上手くいかないときに、大きな要因はこれです。

どこか、人のせいにしている。

「今のは、相手が上手かった」

「ペアのポジショニングが違うから、上手くいかない」

こういう事実、が確かにある時もあるでしょう。

でも、そればかりに要因を求めている人は、絶対に新しい技術なんて身に付かない。

ましてや、並行陣やネットプレーはテニスにおける最初のステップアップの壁、のようなものですから。

障害を目の前にした時に、どういうスタンスで臨むのか。

そこでアナタ自身のその後の成長、の度合いが決まってしまうでしょう。

 

並行陣が上手くいかない、だから試合で使わない。

それではずっと、練習でも上手くなりません。

試合で使ってどんどんボロを出して、恥をかいて練習していく。

何より、自分自身で悔しさを感じることが大事です。

そういう人は、必ず試合で使って勝てるようになるはず。

ぜひ、ダブルスで勝ちたいと考えているみなさんは、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  5. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…

関連記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    並行陣が難しいと感じる人は、ミニ雁行陣だと思えば良い

    どうしても、「並行陣」というのが難しいと感じる方へ。テニススク…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの後衛の選手、センターに戻り過ぎてない?

    ダブルスの試合、雁行陣の陣形で気になるパターン。特に、学生のみ…

  3. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合で相手の後衛がスライスの構えになったら、チェンジプレーで勝負に出よう

    これは、一つ私からの提案です。相手が雁行陣、後衛の選手がストロ…

  4. ダブルス

    並行陣の逆陣形、を理解すればダブルスに強くなる

    並行陣で、後衛がどんどん前に詰める形。男子ダブルスでは、これが…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で前衛にいるとき、「次、ストレートに来る!」というタイミングが読めたら・・・?

    ダブルスの試合で、雁行陣のクロスラリーからストレートへの展開。…

  6. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合、厳しいリターンこそストレートに展開していこう

    ダブルスの試合、上級者の方であればぜひ、意識して欲しいポイント。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    テニスにおいて、「移動中の相手を、襲う」という発想、ありますか?
  2. ストローク

    攻撃的なストロークは、前足を決めて先に体重移動を終えてインパクトしていこう!
  3. テニス ダブルス

    その他

    外部の練習に参加するときは、オーディションの気持ちで
  4. テニス スマッシュ

    練習メニュー

    身近に上手い人がいるなら、テニスは教わるよりも感じれるようになろう
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニス初心者の頃から身に付けたい、「身体を横向きに作って、相手方向を見る癖」につ…
PAGE TOP